4509 Movies

地球最後の男 オメガマン The Omega Man (1971)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1954年に発表された、”激突!”や”ヘルハウス”(両作とも映画化)でも知られるリチャード・マシスンの小説”I Am Legend”を基にした2度目の映画化。
細菌戦争で唯一人感染せずに生き残った科学者が、感染して文明を破壊しようとする集団に戦いを挑む姿を描く、主演チャールトン・ヘストンアンソニー・ザーブ他共演、監督ボリス・セーガルによる近未来を舞台にしたSFアクション。


SF


スタッフ キャスト ■
監督:ボリス・セーガル
製作:ウォルター・セルツァー
原作:リチャード・マシスンI Am Legend
脚本
ジョン・ウィリアム・コリントン
ジョイス・H・コリントン

撮影:ラッセル・メティ
編集:ウィリアム・H・ジーグラー

音楽:ロン・グレーナー

出演
チャールトン・ヘストン:ロバート・ネビル
アンソニー・ザーブ:マサイアス
ロザリンド・キャッシュ:リサ
ポール・コスロ:ダッチ
リンカーン・ギルバトリック:ザカリー
エリック・ラヌービル:リッチー
ブライアン・トチ:トミー

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1971年製作 98分
公開
北米:1971年8月1日
日本:1971年12月11日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1977年、ロサンゼルス
中国ソ連との細菌戦争で滅びかけた人類の中で、唯一人、自ら開発した抗体ワクチンを注射して正常な状態で生き残っていたロバート・ネビル(チャールトン・ヘストン)は、覚悟を決めて、たった一人の生活を楽しもうと心がける。

細菌に感染した人々は、日光にあたることができなくなり、夜になると”ザ・ファミリー”という暴徒と化していた。

彼らは、全ての生物に火を放ち清めようとして、生き残ったネビルの存在を警戒していた。

”ザ・ファミリー”のリーダー、マサイアス(アンソニー・ザーブ)は、地元テレビ局の人気アナウンサーだったが、細菌感染により、凶悪犯に変貌してしまっていた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「地球最後の男」(1964年)
・「アイ・アム・レジェンド」(2007)

*(簡略ストー リー)
1977年、ロサンゼルス
人類は、中国ソ連との細菌戦争で滅びかけて、自ら開発した抗体ワクチンで、唯一人、正常な状態で生き残っていたロバート・ネビルは、覚悟を決めて、たった一人の生活を楽しもうとしていた。
細菌に感染した人々は、日光にあたることができなくなり、”ザ・ファミリー”に暴徒化していた。
そのリーダー、マサイアスは、ネビルの存在を警戒し、彼は怯むことなく戦いを挑んでいた。
ある日、ネビルは、”ザ・ファミリー”に捕らえられてしまい、マサイアスに処刑されそうになる。
しかし、生存者のリサらがネビルを助け、隠れ家に向かう。
そこには、リサと元医大生のダッチや子供達が暮らし、感染の症状はまだ出ていなかった。
しかし、リサの弟リッチーが感染して苦しんでいたため、ネビルは自分の血液から血清ができることを知り、それを作り彼を救おうとするのだが・・・。
__________

ウィル・スミス主演「アイ・アム・レジェンド」(2007)は、舞台をニューヨークに移した設定で、彼の人気もあり大ヒットした。

1970年代初頭の時代背景を考えると、何でもありの現代に作られた3作目と比べて、今観るとかなり新鮮で、当時は、大きなインパクトがあった作品とも言える。

人の姿や車などの動きもなく、主人公しかいない、ロサンゼルス市内の街並みのロケなどは見もので、スタジオ内での撮影を含めた、荒廃した街の雰囲気を見事に映し出している。

優秀な科学者でありながら、勇敢に戦う主人公の描き方はいかにもアメリカ的で、まるで西部劇を見ているようだ。

史劇からSF、そしてパニック映画と、その時代に合った逞しいヒーローを演じ続けきたチャールトン・ヘストンの孤独に戦う姿は、2年後の同じSF作品「ソイレント・グリーン」(1973)に通じるところがある。

テレビの人気キャスターから、細菌感染により暴徒集団の”教祖”のような存在に変貌してしまうアンソニー・ザーブ、主人公と愛し合い、感染しながらも彼を思うロザリンド・キャッシュ、彼女の協力者で、血清を託されるポール・コスロなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021