4793 Movies

心の扉 House of Cards (1993)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

父を亡くし心を閉ざし沈黙する娘を理解しようとする母親の葛藤を描く、監督、脚本マイケル・レサック、主演キャスリーン・ターナートミー・リー・ジョーンズ他共演のドラマ。


ドラマ

トミー・リー・ジョーンズ / Tommy Lee Jones / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:マイケル・レサック

製作
デイル・ポロック
リアンヌ・ハルフォン
ウォルフガング・グラッテス
製作総指揮:ヴィットリオ・チェッキ・ゴーリ
原作
マイケル・レサック
ロバート・ジェイ・リッツ
脚本:マイケル・レサック
撮影:ヴィクター・ハマー
編集:ウォルター・マーチ
音楽:ジェームズ・ホーナー

出演
ルース・マシューズ:キャスリーン・ターナー
ジェイク・ビアランダー:トミー・リー・ジョーンズ
サリー・マシューズ:アーシャ・メニーナ
マイケル・マシューズ:シロー・ストロング
リリアン・フーバー:パーク・オーヴァーオール
アデール:エスター・ローレ
ストーカー:マイケル・ホース
グロリア・ミラー:ジャクリーン・カッセル
セクテネル:ホアキン・マルティネス

アメリカ 映画
配給 ミラマックス
1993年製作 109分
公開
北米:1993年6月25日
日本:1993年11月27日
北米興行収入 $322,870
世界 $322,870


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
建築家のルース・マシューズ(キャスリーン・ターナー)は、考古学者の夫アレックスと息子のマイケル(シロー・ストロング)、娘のサリー(マーシャ・メニーナ)と共に、マヤ遺跡付近で暮らしていた。

遺跡の修復作業中の事故でアレックスが死亡し、ルースは子供たちと共に帰国することになる。

ルースは、世話になったからマヤ人のセクテネル(ホアキン・マルティネス)からアレックスは生きていると言われ、マスクを渡される。

父がどこにいるかセクテネルに尋ねたサリーは、三日月を指差す彼から、月のゆりかごにいると言われて、どうやって行ったのだろうか考える。

セクテネルは、黙って静かにしていないと見えないものもあるとサリーに伝えて、旅立つ彼女らを見送る。

帰国したルースは家に戻り、友人のリリアン・フーバー(パーク・オーヴァーオール)から、すぐに暮らせるようにしてあると言われ、彼女に感謝する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
マヤ遺跡で考古学者の夫を事故で亡くした建築家のルース・マシューズは、息子のマイケルとサリーと共に帰国する。
家に戻ったと同時にサリーは話をしなくなり、心を閉ざしてしまう。
学校で木に登ったサリーが問題を起こし、精神科医ビアランダーに治療を勧められたルースは、それを拒み家族で解決しようとする。
そんな中、サリーはカードで塔を作り、それをメッセージと考えたルースは、彼女の心の中を探ろうとするのだが・・・。
__________

舞台やテレビ界で活躍していたマイケル・レサックが脚本を兼ねた長編映画監督デビュー作で、キャスリーン・ターナートミー・リー・ジョーンズの共演が注目された作品。

父を亡くし心を閉ざし沈黙する娘を理解しようとする母親の葛藤を描くドラマ。

マヤ遺跡からドラマは始まり、亡くなった父は月で生きていると地元のマヤ人に言われた少女の行動が、神秘的且つファンタジックに描かれている。

1980年代に一世を風靡したキャスリーン・ターナーが、自由な考えの持ち主でありながら、心を閉ざした娘を何とか理解しようとする母親を熱演している。

治療を望まず家族で解決しようとする主人公と対立する精神科医を演ずるトミー・リー・ジョーンズは、この年、2か月後に公開される「逃亡者」(1993)でアカデミー助演賞を受賞した。

ジェームズ・ホーナーのドラマチックな物語を盛り上げる音楽も印象に残る。

父の死後、心を閉ざす主人公の娘アーシャ・メニーナ、その兄シロー・ストロング、主人公の友人パーク・オーヴァーオール、精神科医の助手エスター・ローレ、建設作業員のマイケル・ホース、障害がある少年の母親ジャクリーン・カッセル、主人公の家族と行動を共にしたマヤ人ホアキン・マルティネスなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022