4553 Movies

スイング・ホテル Holiday Inn (1942)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

ショービジネスの世界から引退し田舎でホテル経営を始めた歌手と元パートナーが巻き起こす騒動と恋の行方を描く、原案、音楽アーヴィング・バーリン、製作、監督マーク・サンドリッチ、主演ビング・クロスビーフレッド・アステアマージョリー・レイノルズヴァージニア・デールウォルター・エイブル他共演のミュージカル・コメディ。


ミュージカル

クリスマスにお勧めの映画


スタッフ キャスト
監督:マーク・サンドリッチ

製作:マーク・サンドリッチ
原案:アーヴィング・バーリン
脚本:クロード・ビニヨン
撮影:デヴィッド・エイベル
編集:エルズワース・ホーグランド
音楽
アーヴィング・バーリン
ロバート・エメット・ドーラン

出演
ジム・ハーディ:ビング・クロスビー
テッド・ハノーバー:フレッド・アステア
リンダ・メイソン:マージョリー・レイノルズ
ライラ・ディクソン:ヴァージニア・デール
ダニー・リード:ウォルター・エイブル
メイミー:ルイーズ・ビーヴァーズ
ガス:アーヴィング・ベーコン

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1942年製作 100分
公開
北米:1942年8月4日
日本:1947年6月18日
製作費 $3,200,000
北米興行収入 $8,175,000


アカデミー賞
第15回アカデミー賞

・受賞
歌曲賞(ホワイト・クリスマス
・ノミネート
原案・ミュージカル音楽賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
クリスマス・イヴ、ニューヨーク
人気歌手のジム・ハーディ(ビング・クロスビー)とダンサーのテッド・ハノーバー(フレッド・アステア)は、ライラ・ディクソン(ヴァージニア・デール)と共にショービジネスの世界で活躍していた。

引退してライラと結婚し、コネチカットの農場で暮らす準備をしていたジムは、彼女がテッドと恋したことに気づかない。

それをジムに伝えることができないライラは、ショーの後で自分が話すと言うテッドと共にステージに上がる。

三人でショーを終えたジムは楽屋に戻り、テッドから話があると言われる。

そこに、ライラと共にマネージャーのダニー・リード(ウォルター・エイブル)が現れ、次の仕事の契約のことをテッドに伝える。

恋仲になったテッドとライラから、このままショーを続けるつもりだと言われたジムは、働き詰めの生活とはおさらばすると二人に伝えて、コネチカットのミッドヴィルに向かう。

ミッドヴィル。
農場生活を始めたジムは田舎暮らしにも慣れ、ある計画を思いついき、テッドに連絡して会うことになる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
人気歌手のジム・ハーディはパートナーであるダンサーのテッド・ハノーバーと別れ、同じくステージに立っていた恋人ライラと結婚してコネチカットの農場で暮らすことを考えていた。
ところが、テッドとライラが恋仲であることを知ったジムはショックを受け、独りで田舎暮らしを始める。
農場を祭日だけ営業する”ホリデイ・イン”と名付けたホテルに改装して、ショーを行うことを考えたジムは、それをテッドとマネージャーのダニーに話す。
その後、ダニーの紹介でホリデイ・インに向かった歌手志望のリンダは、歌い踊れることをジムにアピールして雇ってもらい、彼と共にオープンの日を迎える。
富豪と駆け落ちしたライラに捨てられたテッドは、失意のままホリデイ・インに向かい、酔った勢いでリンダと踊ってしまい、彼女を新しいパートナーにしようと考える。
リンダに惹かれていたジムは、またも自分の恋人を奪おうとするテッドに対抗しようと考えるのだが・・・。
__________

アーヴィング・バーリンの原案により製作され、歴史的な名曲となった”ホワイト・クリスマス”が初めて歌われた作品と知られる作品。

ビング・クロスビーの主演作「ホワイト・クリスマス」(1954)は、本作の部分的なリメイクと言える作品。

名作ミュージカルを多く手掛けたマーク・サンドリッチが製作を兼ねて監督し、大スター、ビング・クロスビーフレッド・アステアの共演が話題になったミュージカル・コメディの名作。

第15回アカデミー賞では、”ホワイト・クリスマス”が歌曲賞を受賞し、原案・ミュージカル音楽賞にノミネートされた。

飄々とした雰囲気で人々の心を惹きつける愛すべきスター、ビング・クロスビーの素晴らしい歌声と共に持ち味は生かされ、エレガントではあるものの、本作ではプレイボーイに扮して騒動を巻き起こすフレッド・アステアのパフォーマンスも見事だ。

ユーモア溢れる雰囲気で進行する内容なのだが、”独立記念日”のショーのシーンで、突然、戦意高揚的な映像が流れることに注目したい。

これは、撮影中に日本海軍による”真珠湾攻撃”があったために、特別に挿入された映像だと言われている。

そのため、ヨーロッパ諸国の要請にも拘わらず参戦に消極的だったルーズベルト大統領の映像まで登場して、日本への宣戦布告の正当性を訴えているようにも思える。

主人公との恋も芽生え、成功のチャンスを掴んでも彼を見捨てないマージョリー・レイノルズ、彼女とは対照的に男を乗り換える歌手兼ダンサーのヴァージニア・デール、主人公らのマネージャーを愉快に演ずるウォルター・エイブル、主人公のメイド、ルイーズ・ビーヴァーズ、ホリデイ・インに雇われる運転手アーヴィング・ベーコンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021