4505 Movies

グリーンブック Green Book (2018)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

世界的なピアニスト”ドクター・ドン・シャーリー”と運転手兼ボディーガードとして雇われた”トニー・リップ”の友情を描く、製作、監督、脚本ピーター・ファレリー、主演ヴィゴ・モーテンセンマハーシャラ・アリリンダ・カーデリーニ他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト
監督:ピーター・ファレリー

製作
ジム・バーク
チャールズ・B・ウェスラー
ブライアン・ヘイズ・カリー
ピーター・ファレリー
ニック・ヴァレロンガ
製作総指揮
ジェフ・スコール
ジョナサン・キング
オクタヴィア・スペンサー
クワミ・パーカー
ジョン・スロス
スティーヴン・ファーネス
脚本
ニック・ヴァレロンガ
ブライアン・ヘイズ・カリー
ピーター・ファレリー
撮影:ショーン・ポーター
編集:パトリック・J・ドン・ヴィト
音楽:クリス・バワーズ

出演
フランク・アンソニー”トニー・リップ”ヴァレロンガヴィゴ・モーテンセン
ドクター・ドン・シャーリーマハーシャラ・アリ
ドロレス・ヴァレロンガ:リンダ・カーデリーニ
ジョニー・ヴェネレ:セバスティアン・マニスカルコ
オレグ・マラコヴィッチ:ディメター・マリノフ
ジョージ・ダイヤー:マイク・ハットン
ボビー・ライデル:フォン・ルイス
グラハム・キンデル:ブライアン・ステパニック
ジオ・ロスクード:ジョセフ・コーテス
アミット:イクバル・セバ
レコード会社重役:P・J・バーン
オージー:ニック・ヴァレロンガ

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2018年製作 130分
公開
北米:2018年11月16日
日本:2019年3月1日
製作費 $23,000,000
北米興行収入 $85,080,170
世界 $321,752,660


アカデミー賞
第91回アカデミー賞

・受賞
作品
助演男優(マハーシャラ・アリ
脚本賞
・ノミネート
主演男優(ヴィゴ・モーテンセン
編集


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1962年、ニューヨーク
コパカバーナ”の用心棒でイタリア系のフランク・アンソニー”トニー・リップ”ヴァレロンガヴィゴ・モーテンセン)は、ギャングのボス、ジオ・ロスクード(ジョセフ・コーテス)が預けた大切な帽子を持ち去る。

その後トニーは、店内で騒いだ男を追い出して叩きのめす。

帽子がなくなったロスクードは激怒し、店を灰にすると言って脅す。

改装のために店が閉店することになり、ロスクードの元に向かったトニーは帽子を渡し、奪った男は始末したと伝えて彼に気に入られる。

ブロンクス
帰宅したトニーは、眠っている子供たちの様子を見て、妻ドロレス(リンダ・カーデリーニ)のベッドに入る。

翌日、目覚めたトニーは、部屋に黒人の作業員がいることを知り、ドロレスが彼らに飲ませたドリンクのグラスを捨てる。

家族と食事をしたドロレスは、捨ててあったグラスを戻す。

翌日、ドロレスの兄ジョニー・ヴェネレ(セバスティアン・マニスカルコ)と共にダイナーに向かったトニーは、ホットドッグの大食いで賭けをする。

帰宅したトニーは、それを知ったドロレスに非難されるものの、賭けに勝ったことを知らせて、彼女に現金を渡す。

支配人からの電話を受けたトニーは、”ドクター”が運転手を探していると言われ、住所を聞いてその場に向かう。

そこが”カーネギー・ホール”だったために不思議に思うトニーは、上階に住むドクター・ドン・シャーリーマハーシャラ・アリ)と面接することになる。

ドンの使用人のアミット(イクバル・セバ)に迎えられたトニーは、書類に記入して順番を待つ。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1962年、ニューヨーク
コパカバーナ”の用心棒でイタリア系のフランク・アンソニー”トニー・リップ”ヴァレロンガは、店の改装中にある仕事を依頼される。
トニーは、世界的なピアニスト、ドクター・ドン・シャーリーの”ディープサウス”ツアーの運転手兼ボディーガードに雇われて旅立つ。
音楽の才能に加え、上品で教養があるドンと、無学で粗野なトニーの話は噛み合わない。
南部に向かうにつれて酷くなる差別を実感しながら、2人は旅を続けるのだが・・・。
__________

世界的なピアニスト”ドクター・ドン・シャーリー”とツアーの運転手兼ボディーガードとして雇われた”フランク・アンソニー”トニー・リップ”ヴァレロンガ”の友情を、事実に基づいて描くコメディ・ドラマ。

製作、脚本を兼ねたピーター・ファレリーの監督作品であり、オクタヴィア・スペンサーも製作に参加し、主人公トニー・リップの息子であるニック・ヴァレロンガが製作と脚本を担当し、主人公の知人であるギャング役も演じている。

第91回アカデミー賞では、作品、助演男優(マハーシャラ・アリ)、脚本賞を受賞し、主演男優(ヴィゴ・モーテンセン)、編集賞にノミネートされた。

北米興行収入は約8500万ドル、全世界では約3億2200万ドルのヒットとなった。

1960年代初頭に黒人が南部を旅をするという”無謀”な行動が描かれ、ニューヨークから南下するに従って激しさを増す差別意識を伝える演出が興味深い。

アカデミー作品賞も獲得し、おおむね好評価を受けた作品なのだが、主人公が”白人の救世主”として誇張され過ぎて描かれていることなどを問題にする声も多く上がり、家族と疎遠になり疎外された人物としてドン・シャーリーが描かれていることで、遺族からの抗議も受けた。

主人公のトニー・リップを演ずるヴィゴ・モーテンセンは、粗野で無学ではあるが、人間味あふれる愛すべきキャラクターを熱演し、天才ピアニストのドン・シャーリーを見事に演じ「ムーンライト」(2016)に続きオスカー(助演賞)を受賞したマハーシャラ・アリの好演も光る。

主人公の美しい妻を魅力的に演じ、ラストも飾る素敵な笑顔が印象に残るリンダ・カーデリーニ、その兄セバスティアン・マニスカルコドンとトリオを組むディメター・マリノフとマイク・ハットン、”コパカバーナ”の歌手フォン・ルイス、主人公らと揉めるカントリークラブの支配人ブライアン・ステパニック、主人公を気にするギャングのボス役ジョセフ・コーテスドンの使用人イクバル・セバ、レコード会社重役のP・J・バーン、そしてトニー・リップの息子ニック・ヴァレロンガが、主人公を仕事に誘うギャング役で登場する。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021