4234 Movies

グッドモーニング, ベトナム Good Morning, Vietnam (1987)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

実在のDJエイドリアン・クロナウアーの、サイゴンでの活躍を描く、監督バリー・レビンソン、主演ロビン・ウィリアムズの熱演が光る、フォレスト・ウィテカーブルーノ・カービーJ・T・ウォルシュノーブル・ウイリンハム共演のヒューマン・ドラマ。


ドラマ(ヒューマン)


スタッフ キャスト ■
監督:バリー・レビンソン
製作
マーク・ジョンソン

ラリー・ブレズナー
脚本:ミッチ・マーコウィッツ
撮影:ピーター・ソーヴァ
編集:ステュー・リンダー
音楽:アレックス・ノース

出演
エイドリアン・クロナウアー上等兵:ロビン・ウィリアムズ

エドワード・ガーリック上等兵:フォレスト・ウィテカー
トゥアン/ファン・ドク・トー:ドゥング・タン・トラン
トリン:チンタラー・スカパット
スティーヴン・ホーク少尉:ブルーノ・カービー
ディッカーソン上級曹長:J・T・ウォルシュ
テイラー准将:ノーブル・ウイリンハム
リー・ドライウィッツ:ロバート・ウール
エイバーソルド:リチャード・エドソン
エディ・カーク:フロイド・ヴィヴィーノ
ジミー・ワー:クー・バ・ヌグエン

アメリカ映画
配給 タッチストーン・ピクチャーズ

1987年製作 118分
公開
北米:1987年12月23日
日本:1988年10月15日
製作費 $13,000,000
北米興行収入 $123,922,400


アカデミー賞 ■
第60回アカデミー賞
・ノミネート
主演男優賞(ロビン・ウィリアムズ)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1965年、サイゴン
アメリカ陸軍のエドワード・ガーリック上等兵(フォレスト・ウィテカー)は、テイラー准将(ノーブル・ウイリンハム)がラジオ局のAFRSに呼び寄せた、空軍の人気ディスクジョッキー、 エイドリアン・クロナウアー(ロビン・ウィリアムズ)をに迎えに行く。

クロナウアを、基地の飛行場で迎えたガーリックは、その瞬間から彼を気に入ってしまう。

早速、局に向かったクロナウアーは、テイラー将軍の歓迎を受け、直属の上官スティーヴン・ ホーク少尉(ブルーノ・カービー)と責任者ディッカーソン曹長(J・T・ウォルシュ)に挨拶する。

元々、人気DJが必要か否かで、テイラー将軍に意見していたディッカーソンは、クロナウアーの服装や態度をいきなり非難し、それを正すよう強い口調で警告する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
サイゴンの軍ラジオ局AFRSに呼び寄せられた人気DJエイドリアン・クロナウアーは、奇抜な語り口とロックを多用した放送で、兵士達の心を掴み人気者になる。
しかし、上官ホークや局の責任者ディッカーソンは、兵士としての品位を欠くクロナウアーの言動が気に入らない。
司令官テイラー准将は、クロナウアーの、兵士達の心を癒す放送を擁護し、局担当兵士ガーリックやドライウィッツも彼を支持する。
そんな時、クロナウアーは街で見かけた現地人の女性トリンに一目惚れし、その兄トゥアンと親しくなっていく。
しかし、クロナウアーを追い払おうとする、ディッカーソンやホークの圧力は次第に激しくなる・・・。
__________

バー爆発テロの場面などはあるものの、ベトナム戦争を舞台にした作品にしては、戦争の生々しい戦いを描写したシーンはほとんど見られない作品。

戦争の無意味さ、人種差別、アメリカの一方的介入を、バリー・レビンソンは、現地の人々と親交を深める主人公の目を通して、それらを真正面から描こうとしている。

型破りなだけでない人間味のある主人公や、抑圧されながらも、健気に生きる現地の人々の生活や心情を細かな描写で表現する、数々のシーンは感動を呼ぶ。

興行成績は、北米で約1億2400万ドルのヒットとなった。

第60回アカデミー賞では、主演男優賞(ロビン・ウィリアムズ)にノミネートされた。

ロビン・ウィリアムズは、誰にも真似できないであろう才能を存分に発揮している。

そのマシンガントークは、セリフかアドリブなのか全く区別がつかないほどであり、驚異的なパフォーマンスを見せる。

主人公に惚れ込む、やや間の抜けた一等兵役のフォレスト・ウィテカーも、演技派として成長する、その実力の片鱗を見せてくれる。

クロナウアーを厄介払いしようとする、三枚目風のブルーノ・カービーと、憎らしいことこの上ないJ・T・ウォルシュの、両上官の熱演も”敵役”として印象深い演技を見せいる。

現地の若者兄妹役、ドゥング・タン・トランチンタラー・スカパットや英語学校の人々の、飾り気のない演技も実に爽やかだ。

また、クロナウアーを擁護し続ける司令官ノーブル・ウイリンハムの、痛快な演技も光る。

DJのロバート・ウールフロイド・ヴィヴィーノ、局員兵リチャード・エドソン、バーのオーナーのクー・バ・ヌグエンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020