4186 Movies

恋の手ほどき Gigi (1958)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1944年に発表された、シドニー=ガブリエル・コレットの小説”Gigi”を基に製作された作品。
祖母と大叔母に社交界の花形になるよう育てられていた少女と大富豪の御曹司の恋を描く、製作アーサー・フリード、監督ヴィンセント・ミネリ、主演レスリー・キャロンモーリス・シュヴァリエルイ・ジュールダンハーミオン・ジンゴールドイザベル・ジーンズエヴァ・ガボール他共演による、アカデミー作品賞以下9部門を受賞したMGMミュージカル。


ミュージカル


スタッフ キャスト ■
監督:ヴィンセント・ミネリ
製作:アーサー・フリード
原作:シドニー=ガブリエル・コレットGigi
脚本:アラン・ジェイ・ラーナー

撮影:ジョセフ・ルッテンバーグ
編集:アドリアン・フェイザン
美術・装置
ウィリアム・A・ホーリング

E・プレストン・エイムズ
ヘンリー・グレイス
F・キーホー・グリーソン
衣装デザイン:セシル・ビートン
音楽
アンドレ・プレヴィン

作曲:フレデリック・ロウ
作詞:アラン・ジェイ・ラーナー

出演
ジルベール”ジジ”:レスリー・キャロン

オノレ・ラシュイユ:モーリス・シュヴァリエ
ガストン・ラシュイユ:ルイ・ジュールダン
マダム”マミタ”アルヴァレス:ハーミオン・ジンゴールド
アリシア:イザベル・ジーンズ
リアン:エヴァ・ガボール
サンドミール:ジャック・ベルジュラック
マヌエル:ジョン・アボット

アメリカ 映画
配給 MGM

1958年製作 115分
公開
北米:1958年5月15日
日本:1959年6月13日
製作費 $3,319,355
北米興行収入 $13,208,730


アカデミー賞 ■
第31回アカデミー賞
・受賞
作品・監督・脚色・撮影(カラー)・ミュージカル映画音楽・歌曲・美術(白黒/カラー)・衣装デザイン(白黒/カラー)・編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
20世紀初頭、パリ
社交の場でもあるブローニュの森で老紳士オノレ・ラシュイユ(モーリス・シュヴァリエ)は、ご婦人方との交友で人生を楽しんでいることについてや、少女ジルベール”ジジ”(レスリー・キャロン)nokoおを語り始める。

祖母マダム”マミータ”アルヴァレス(ハーミオン・ジンゴールド)に育てられていたジジは学校から帰宅し、大叔母アリシア(イザベル・ジーンズ)の元で行儀作法を習う日だということに気づく。

マミータは、ジジを行く行くは社交界の花形にしようと考えていた。

砂糖会社を経営する富豪の御曹司で、オノレの甥ガストン(ルイ・ジュールダン)は、マダム・アルヴァレスの家が憩いの場と考えていた。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
20世紀初頭、パリ
祖母マダム・アルヴァレスに育てられている少女ジジは、社交界の花形になるために、大叔母アリシアから礼儀作法を習っていた。
独身主義で女性との交友で人生を楽しむ老紳士オノレ・ラシュイユは、大富豪の御曹子である甥のガストンに、若い女性と付き合うよう助言する。
何に対しても興味を示さないガストンは、マダム・アルヴァレスの家が唯一の憩いの場所だった。
そんなガストンは、無邪気な少女ジジと過ごすことが楽しみだったのだが・・・。
__________

MGMの黄金期を支えたアーサー・フリードヴィンセント・ミネリが、フランスイギリス両国の若手、ベテランを起用して製作したミュージカル大作。

第31回アカデミー賞では、アーサー・フリードヴィンセント・ミネリがそれぞれ作品、監督賞を受賞し、ノミネート9部門全てを受賞する快挙を成し遂げた。
・受賞
作品・監督・脚色・撮影(カラー)・ミュージカル映画音楽・歌曲・美術(白黒/カラー)・衣装デザイン(白黒/カラー)・編集賞

1991年、アメリカ議会図書館国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

ミュージカル全盛の時代も終わりに近づくことを考えると、その集大成的な作品でもあるのだが、派手なパフォーマンスもなく、ミュージカル・ファンにはやや物足りない内容で、穏やかで情緒的な作風が特徴だ。

20世紀初頭のパリの雰囲気は、その見事な衣装やセットで再現され、美しい現地ロケも効果的に使われている。

音楽は「マイ・フェア・レディ」(1964)他でも組む、アンドレ・プレヴィン、作曲フレデリック・ロウ、作詞アラン・ジェイ・ラーナー

アーサー・フリードヴィンセント・ミネリのミュージカルの金字塔「巴里のアメリカ人」(1951)でもヒロインを演じたレスリー・キャロンは当時20代半ばで、少女から大人になる過程の女性を好演し、ダンスなどがほとんど見られないのは残念だが、愛らしい笑顔が印象的だ。

世界を魅了できるエンタティナーとして観る者を引き付ける、本作を支える役柄を演じるモーリス・シュヴァリエの名演は光る。

ヒロインの魅力に気づく大富豪の御曹司を嫌みなく演ずるルイ・ジュールダン、ヒロインの祖母ハーミオン・ジンゴールド、その姉役で彼女より6歳年上とは思えない美しさのイザベル・ジーンズ、富豪御曹司の女友達エヴァ・ガボール、彼女と親密になるジャック・ベルジュラック、執事のジョン・アボットなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020