4238 Movies

グリーン・ベレー The Green Berets (1968)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1965年に発表された、ロビン・ムーアの著書”The Green Berets”を基に製作された作品。
ベトナム戦争で実戦配備される“グリーン・ベレー”(アメリカ陸軍特殊部隊群)の戦いを描く、監督、主演ジョン・ウェイン(共同監督レイ・ケロッグマーヴィン・ルロイ/クレジット無し)、共演デヴィッド・ジャンセンジム・ハットンアルド・レイブルース・キャボット他共演の戦争ドラマ。


ドラマ(戦争)

ジョン・ウェイン / John Wayne 作品一覧
ジョン・ウェイン / John Wayne/Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督
ジョン・ウェイン

レイ・ケロッグ
マーヴィン・ルロイ(クレジット無し)
製作:マイケル・ウェイン

原作:ロビン・ムーアThe Green Berets
脚本:ジェームズ・リー・バレット

撮影:ウィントン・C・ホック
編集:オソー・ラヴァリング
音楽:ミクロス・ローザ

出演
マイク・カービー大佐:ジョン・ウェイン

ジョージ・ベックワース:デヴィッド・ジャンセン
ピーターソン軍曹:ジム・ハットン
マルドゥーン曹長:アルド・レイ
”ドク”マギー軍曹:レイモンド・セント・ジャック
フランク・モーガン大佐:ブルース・キャボット
カイ大佐:ジャック・スー
ニム大尉:ジョージ・タケイ
ジェイミソン中尉:パトリック・ウェイン
アルバート・C・プロボ軍曹:ルーク・アスキュー
リン:アイリーン・ツー
マクダニエル大尉:エドワード・フォークナー
コールマン大尉:ジェイソン・エヴァース
コワルスキー軍曹:マイク・ヘンリー
ハムチャンク:クレイグ・ジュー

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ=セヴン・アーツ
1968年製作 141分
公開
北米:1968年7月4日
日本:1968年7月20日
製作費 $7,000,000
北米興行収入 $21,707,030


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ノースカロライナ州、”フォート・ブラッグ”。
新聞記者ジョージ・ベックワース(デヴィッド・ジャンセン)は、ベトナム戦争で実戦配備されている“グリーン・ベレー”(アメリカ陸軍特殊部隊群)及びアメリカの介入の必要性を考えながら、一般市民らと共に部隊の説明を受ける。

グリーン・ベレーの司令官マイク・カービー大佐(ジョン・ウェイン)は、デスクワークを交代したいことを上官に伝える。

その後カービーは、副官のマクダニエル大尉(エドワード・フォークナー)と共に説明会にむかう。

カービーの部下マルドゥーン曹長(アルド・レイ)と”ドク”マギー軍曹(レイモンド・セント・ジャック)が出席者の質問を受ける。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ノースカロライナ州、”フォート・ブラッグ”。
グリーン・ベレー”(アメリカ陸軍特殊部隊群)司令官マイク・カービー大佐は、デスクワークを嫌い戦地に向かうことを上官に要望する。
新聞記者ベックワースは、アメリカのベトナムへの介入を批判するが、カービーは現地を見ていない彼を相手にしない。
ダナンに部隊を率いて到着したカービーは、視察に現れたベックワースを伴い前進キャンプに向かい、周辺の偵察などを始めるのだが・・・。
__________

ジョン・ウェインの”バトジャック・プロダクション”と息子マイケル・ウェインの製作による、ベトナム戦争を本格的に扱った最初の作品と言えるため公開当時は大いに話題になった。

ベトナム戦争が激化する時代、ジョン・ウェインが自らメガホンを握った意欲作で、超タカ派で知られる彼の演出が注目された作品。

当時として考えるならばスケール感もあるし、アメリカ国内でのロケもまずまず成功しているとは言える。
とにかく、アメリカ軍全面協力による本物の迫力は見応えがある。

ジャンヌ・ダーク」(1948)、「黄色いリボン」(1949)「静かなる男」(1952)で3回アカデミー賞を受賞しているウィントン・C・ホックの撮影、ミクロス・ローザの勇ましいテーマ曲なども印象に残る。

戦争の肯定否定について賛否両論ある中、北米興行収入は約2200万ドルの大ヒットとなった。

既に「アラモ」(1960)などで監督を経験しているジョン・ウェインだが、彼が画面上にいないと観客を納得させられないためか、演出に集中できたのだろうかというほどのワンマン作品とも思える内容だ。

司令官である大佐が、自ら中隊の指揮を執り最前線で戦うスーパーマン的活躍もやや疑問で、上記のように演出が疎かになったことは確かだ。

他を圧倒する存在の60歳を過ぎたウェインが、大尉程度の役を演じるはずもなく、司令官として後方で指揮を執る役柄が許されるわけもなく難しいところだ。

ロケ地に足を運んだジョン・フォードが、ウェインの演出を黙ってみていられなかったというのも頷ける・・・。

また、精鋭部隊であるグリーン・ベレーの隊員の能力がそれほど特別に描写されていないことも気になり、ミリタリー・ファンにとってはやや物足りないと言ったところだろうか。

いつもうつむき加減なところが彼らしい、アメリカの介入に懐疑的な記者デヴィッド・ジャンセン、部隊員で調達屋のジム・ハットン(ティモシー・ハットンの父親)、頼もしい曹長アルド・レイ、医療行為をする軍医ではない軍曹レイモンド・セント・ジャック、現地司令官ブルース・キャボットベトナム共和国軍大佐ジャック・スー、偵察隊の大尉ジョージ・タケイ海軍建設部隊の大尉パトリック・ウェイン(ジョン・ウェインの次男)、主人公の副官エドワード・フォークナー、隊員ルーク・アスキュージェイソン・エヴァースマイク・ヘンリー、敵の将軍に近づく協力者の女性アイリーン・ツー、孤児の少年クレイグ・ジューなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020