4237 Movies

フリーダム・ライターズ Freedom Writers (2007)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

実在の高校教師エリン・グルーウェルが、1999年に発表した”The Freedom Writers Diary”の映画化。
1992年のロス暴動以後、加熱する人種間の争いに巻き込まれる無気力な高校生達と、彼らを見限る学校側の対応に苦悩して闘う新任教師と生徒達の交流を描く、監督リチャード・ラグラヴェネーズ、主演ヒラリー・スワンクパトリック・デンプシースコット・グレンイメルダ・スタウントン他共演による実話を基にした社会派ドラマ。


ドラマ(社会派)


スタッフ キャスト ■
監督:リチャード・ラグラヴェネーズ
製作総指揮
ヒラリー・スワンク
トレイシー・ダーニング
ナン・モラレス
製作
ダニー・デヴィート
マイケル・シャンバーグ

ステイシー・シェア
原作:エリン・グルーウェルThe Freedom Writers Diary
脚本:リチャード・ラグラヴェネーズ
撮影:ジム・デノールト

編集:デヴィッド・モルティス
音楽
マーク・アイシャム
ウィル・アイ・アム

出演
エリン・グルーウェルヒラリー・スワンク
スコット・ケーシー:パトリック・デンプシー
スティーヴ・グルーウェル:スコット・グレン
マーガレット・キャンベル:イメルダ・スタウントン
アンドレ:マリオ
エバ:エイプリル・リー・エルナンデス

マーカス:ジェイソン・フィン
ベン:ハンター・パリッシュ
グロリア:クリスティン・ヘレラ

ジャマル:ディーンス・ワイアット
ティト:ガブリエル・チャバリア
ブランディ:ヴァネッタ・スミス
コーン博士:ロバート・ウィズダム
ミープ・ヒースパッツィー・キャロル

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
2007年製作 122分
公開
北米:2007年1月5日
日本:2007年7月21日
製作費 $21,000,000
北米興行収入 $36,581,630
世界 $43,090,740


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1992年4月に起きたロス暴動は、アメリカ社会における人種問題の複雑さを浮き彫りにした。

1994年。
ロングビーチでは、一歩外に出れば肌の色の違いで抗争が始まり戦場と化していた。

その人種の集合体とも言える、ウィルソン高校に国語の新任教師にエリン・グルーウェル(ヒラリー・スワンク)が赴任する。

教科主任マーガレット・キャンベル(イメルダ・スタウントン)は、”1年生”教師のエリンの今後を心配する。

しかし、エリンは、真珠のネックレスを外すことを勧めたキャンベルの忠告に耳を貸さず、希望に燃えて初登校する。

生徒が教室に集まり、自己紹介を始めたエリンだったが、生徒達は彼女を無視して騒ぎ出し、争い始めてしまう。

人種ごとに徒党を組み、縄張り荒らしが現れるとたちまち死闘が繰り広げられた。

その光景にショックを受けたエリンは、夫スコット(パトリック・デンプシー)に支えられ、教師の仕事に反対する父親スティーヴ(スコット・グレン)の気苦労を心配しながら教師を続ける覚悟を決める。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1994年。
ロサンゼルスロングビーチ
ロス暴動の影響も残る中、人種の集合体とも言えるウィルソン高校に、国語の新任教師にエリン・グルーウェルが赴任する。
教科主任の心配を余所に、エリンは希望に燃えるて初登校する。
しかし、生徒達はエリンを無視して、人種ごとに徒党を組み、縄張り争いを始める。
ショックを受けたエリンだったが、夫スコットに支えられつつ、教師を続けていく覚悟を決める。
その後も、エリンの努力も空しく、生徒達を統率できないでいたが、彼女は、教室内でゲームなどを始め、そして、全員に日記帳を配り、毎日思いついたことを書くよう提案するのだが・・・。
__________

落ちこぼれ集団の、お決まりの更生ドラマと思いきや、それは、中盤であっさりクリアされて、教師と生徒達が社会に影響を与えて、その存在価値を大きく証明する後半の展開など、「フィッシャー・キング」(1991)他で脚本を手がけた監督リチャード・ラグラヴェネーズの演出は、今までの学園物とは一味違い、新鮮味が感じられる作品。

アンネ・フランク一家ら隠れ家で匿った女性ミープ・ヒースと、主人公と生徒達が対面するシーンは感動的だ。

人種偏見により、毎日、生死を争う生活をしている子供達がいる社会事態が、日本人からすると考えられないことなのだが、アメリカ社会の抱える大きな問題であり、そして、これが実話だということに、ただただ驚くばかりだ。

主人公エリン・グルーウェルを演ずるヒラリー・スワンクは製作にも参加しているのだが、彼女自身、子供時代に貧しく不幸な生活をしていた。
それをバネにして何事にも意欲的に取り組む、バイタリティなど、実際の自分に照らし合わせた、彼女の意欲が窺える熱演は、大きな感動を与えてくれる。

あまりドラマに深入りしてこない、地味な役柄だった主人公の夫パトリック・デンプシー、娘を誇りに思う父親を物静かに演ずるスコット・グレン、教育方針が合わずに最後まで主人公と対立して徐々にヒステリックになる教科主任イメルダ・スタウントン他、生徒達の自然な演技もなかなかいい。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020