4213 Movies

エリザベス:ゴールデン・エイジ Elizabeth:The Golden Age (2007)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1998年公開「エリザベス」の続編。
女王即位以来続く国内の混乱、国外からの圧力に立ち向かいながらも“ゴールデン・エイジ”(黄金時代)を築き、当時は弱小国のイングランドの国家としての威信を守るために戦ったエリザベス1世の生き様を描く、監督シェカール・カプール、主演ケイト・ブランシェットジェフリー・ラッシュクライヴ・オーウェンサマンサ・モートンアビー・コーニッシュ他共演の歴史ドラマ。


ドラマ(歴史劇)


スタッフ キャスト ■
監督:シェカール・カプール
製作総指揮
マイケル・ハースト

デブラ・ヘイワード
ライザ・チェイシン
製作
ティム・ビーヴァン

エリック・フェルナー
ジョナサン・カヴェン・ディッシュ
脚本
ウイリアム・ニコルソン

マイケル・ハースト
撮影:レミ・アデファラシン
編集:ジル・ビルコック
衣装デザイン:アレクサンドラ・バーン
音楽
クレイグ・アームストロング

A.R.・ラーマン

出演
ケイト・ブランシェットエリザベス1世

ジェフリー・ラッシュフランシス・ウォルシンガム
クライヴ・オーウェンウォルター・ローリー
サマンサ・モートンメアリー・スチュワート
アビー・コーニッシュエリザベス・スロックモートン
トム・ホランダーエイミアス・ポーレット
リス・エヴァンス:ロバート・レストン
ジョルディ・モリャフェリペ2世

アダム・ゴドリー::ウィリアム・ウォルシンガム
ローレンス・フォックスクリストファー・ハットン

エディ・レッドメインアンソニー・バビントン
デヴィッド・スレルフォールジョン・ディー博士

イギリス 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2007年製作 114分
公開
イギリス:2007年11月2日
北米:2007年10月12日
日本:2008年2月16日
製作費 $55,000,000
北米興行収入 $16,264,480
世界 $74,237,560


アカデミー賞 ■
第80回アカデミー賞
・受賞
衣装デザイン賞
・ノミネート
主演女優賞(ケイト・ブランシェット)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1585年。
世界最強国スペイン国王フェリペ2世(ジョルディ・モリャ)は、カトリック原理主義者としてヨーロッパ全土を”聖戦”に巻き込んでいたが、プロテスタントの女王エリザベスの支配する国イングランドだけはそれに抵抗した。
____________

弱冠25歳でイングランド女王に即位したエリザベス1世(ケイト・ブランシェット)は、父王ヘンリー8世の遺志を継ぎ、プロテスタントの女王としてイングランドを統治していたが、国内にはカトリック信者も多く、多くの問題を抱えていた。

エリザベス失脚を狙う者も多い中、イングランドヨーロッパの強国からの脅威も警戒していた。

中でもカトリック原理主義者のスペイン国王フェリペ2世は、度々エリザベスに圧力をかけた。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

参考:「エリザベス」(1998)

*(簡略ストー リー)
世界最強国スペイン国王フェリペ2世は、カトリック原理主義者として、プロテスタント派のイングランド女王エリザベス1世に圧力をかける。
”ヴァージン・クイーン”としての誓いをたてていたエリザベスの前に、新世界から戻った航海士のウォルター・ローリーが現れる。
エリザベスは自由人ローリーに魅了されていくのだが、フェリペカトリック派であるスコットランド女王メアリー・スチュワートを巻き込み、エリザベス暗殺計画を実行する。
それは失敗に終わり、従妹メアリーを已む無く処刑したエリザベスだったが、その暗殺計画がフェリペの考えていたイングランド攻撃のための策略だったことが分かる。
そしてフェリペは、1万の兵と無敵艦隊イングランドに向かわせる命令を下すのだが・・・。
__________

前作「エリザベス」(1998)とほぼ同じスタッフ、主演のケイト・ブランシェットジェフリー・ラッシュは同じ役ではあるが、前作を観ていなくても問題なく楽しめる作品で続編と考える必要はない。

但し、本作を楽しむには、この時代の歴史的背景を理解する必要がある。

チューダー朝の終焉、単純にイングランドイギリスの違いなど、基本的なことを学ぶ良い機会かもしれないので予備知識を持って観ることをお勧めします。

第80回アカデミー賞では、衣装デザイン賞を受賞し、ケイト・ブランシェットが主演女優賞候補になった。

本作はエリザベス1世そのものを描く人間ドラマだが、フェリペ2世の命令により、広大な森林が伐採されて建造されるスペイン艦隊(無敵艦隊)がイングランドと相打つ”アルマダの海戦”の、迫力あるスペクタクル映像も見応え十分だ。

セットではない歴史的建造物での撮影などもドラマにリアリティを与えているが、女王の年齢設定他、歴史的事実をかなり脚色している部分もある。

前作「エリザベス」(1998)も監督したインド出身のシェカール・カプールの演出は、隣国同士の宗教が絡んだ女王暗殺計画など、一級のサスペンス・ドラマとして楽しませてくれる。

エリザベス意思の強さを見事に表現した、クレイグ・アームストロングA.R.・ラーマンの力強い音楽も印象に残る。

絢爛豪華な衣装や宮殿のセットなどが霞んでしまう程の存在感 を示す、ケイト・ブランシェットの力感溢れる演技は見ものだ。

残念ながら彼女のアカデミー賞受賞はならなかったが、30年前に、「グッバイガール」(1977)でのマーシャ・メイスンが見せた演技が”上手過ぎた”と言われ同賞受賞を逃した時のことを思い出す。

女王の側近フランシス・ウォルシンガムジェフリー・ラッシュ、航海士である寵臣ウォルター・ローリークライヴ・オーウェンも、女王ケイト・ブランシェットの引き立て役に徹し、その確かな演技がドラマに重厚感を与える。

スコットランド女王メアリー・スチュワートサマンサ・モートン、女王の心の拠り所の侍女で、エリザベス・スロックモートンアビー・コーニッシュフェリペ2世(ジョルディ・モリャ)の命を受け女王暗殺を画策するリス・エヴァンスメアリー・スチュワートの監視官のエイミアス・ポーレットトム・ホランダー、女王暗殺に加担するウォルシンガムの弟役のアダム・ゴドリー、大法官クリストファー・ハットンローレンス・フォックス、暗殺実行犯アンソニー・バビントンエディ・レッドメイン、占星術師ジョン・ディー博士デヴィッド・スレルフォールなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020