4213 Movies

恐怖の岬 Cape Fear (1962)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1957年に発表された、ジョン・D・マクドナルドの小説”The Executioners”を基に製作された作品。
犯罪者に恨まれる弁護士一家に襲い掛かる恐怖と戦いを描く、監督J・リー・トンプソン、主演グレゴリー・ペックロバート・ミッチャムポリー・バーゲンマーティン・バルサムテリー・サヴァラス他共演によるサスペンス・スリラーの秀作。


スリラー/ホラー

グレゴリー・ペック / Gregory Peck / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:J・リー・トンプソン
製作:サイ・バートレット

原作:ジョン・D・マクドナルドThe Executioners
脚本:ジェームズ・R・ウェッブ
撮影:サミュエル・リーヴィット
編集:ジョージ・トマジーニ
音楽:バーナード・ハーマン

出演
グレゴリー・ペック:サム・ボーデン
ロバート・ミッチャム:マックス・ケイディ
ポリー・バーゲン:ペギー・ボーデン
ロリ・マーティン:ナンシー・ボーデン
マーティン・バルサム:マーク・ダットン警察署長
テリー・サヴァラス:チャールズ・シーヴァース
ジャック・クラスチェン:デイヴ・グラフトン弁護士
バーリー・チェイス:ダイアン・テイラー
エドワード・プラット:判事

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1962年製作 105分
公開
北米:1962年4月18日
日本:1962年11月


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ジョージア州。
裁判所で弁護士のサム・ボーデン(グレゴリー・ペック)を捜していたマックス・ケイディ(ロバート・ミッチャム)は、彼がいる法廷に向かう。

退廷したボーデンが乗った車のキーを抜いて話しかけたケイディは、8年前のボルティモアの話をする。

ケイディのことを思い出したボーデンは、要件は何だと訊き、会いに来ただけだと言われる。

キーを渡せと言ったボーデンは、まだ恨んでいるのかと尋ね、ケイディは、笑いながら時間がかかりそうだと答える。

ボーデンが無視して走り去ろうとしたため、ケイディは、妻と娘のことを話しながら彼を牽制する。
・・・全てを見る


解説 評価 感想
ジョン・D・マクドナルドの原作”The Executioners”は、増刷分からタイトルが「Cape Fear/恐怖の岬」となった。

1991年に「ケープ・フィアー」がリメイクとして公開された。

*(簡略ストー リー)
弁護士サム・ボーデンの前に、彼の証言により服役したため恨みを持つマックス・ケイディが現れる。
ケイディは、ボーデンや彼の家族を牽制し、平穏だった一家の生活は一変してしまう。
ボーデンは、警察署長ダットンの協力を得てケイディを追い詰めようとするものの、犯罪を犯さない彼に手出しが出来ない。
逆にケイディは、弁護士グラフトンを雇い警察とボーデンに対し訴えを起こそうとする。
そこでボーデンは、ケイディを監視させるために私立探偵シーヴァースを雇う。
その後ボーデンは、ケイディがダイアンという女性に乱暴した現場に駆けつけるが、彼の復讐を恐れた彼女は証言を拒み、町を去ってしまう。
この件を金で解決しようとするボーデンだったが、ケイディはそれを拒む。
仕方なくボーデンは、男達を雇いケイディを痛めつけようとする。
そんなことでは屈しないケイディは、逆にボーデンの弁護士資格を剥奪する要求を出す。
そして、行き場のなくなったボーデンは、妻子をおとりにして、自らの手でケイディを始末する決心をするのだが・・・。
__________

本作の主演グレゴリー・ペックロバート・ミッチャムは、リメイクの「ケープ・フィアー」(1991)にもゲスト出演している。

前年の「ナバロンの要塞」(1961)に続き、グレゴリー・ペックとコンビを組んだJ・リー・トンプソンの、アクション作品を得意とする彼らしい、逞しい(肉体的、精神的)男同士の戦いを前面に出した演出は、異色サスペンス・スリラーとして十分に楽しめる仕上がりになっている。

ヒッチコック作品でお馴染みのバーナード・ハーマンによる、恐怖を煽る主題曲は出色だ。
冒頭からイントロなしでいきなり流れるこの曲は、一度、聴いたら忘れられないほどインパクトがある。
もちろん、リメイク作でも効果抜群で使われている。

豪華な顔ぶれの中で、悪に敢然と立ち向かうグレゴリー・ペックは、リメイクのニック・ノルティのように弱音を吐かないところがいい。

また、狂気の復讐鬼を演じたロバート・ミッチャムの熱演が光る。
この時代ロバート・ミッチャムは、「眼下の敵」(1957)や「史上最大の作戦」(1962)などで、好感度抜群の役柄をこなしていたことを考えると、本作で新境地を開拓したとも言える。
その凄まじい迫力ある演技は見ものだ。

若き日と言っても40歳の、スキンヘッドでないテリー・サヴァラスの、隙がなく知的な雰囲気漂う私立探偵役も印象に残る。

恐怖に怯えるものの、逞しさも見せる主人公の妻ポリー・バーゲンと娘のロリ・マーティン、警察署長のマーティン・バルサム、ケイディに雇われるやり手の弁護士ジャック・クラスチェン、ケイディに暴行される女性役のバーリー・チェイス、判事のエドワード・プラットなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020