4292 Movies

ドリームガールズ Dreamgirls (2006)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ダイアナ・ロスザ・シュープリームスをモデルにした、1981年に初演されたブロードウェイ・ミュージカルドリームガールズ”の映画化。
スターへの道の挫折と栄光を描く、監督ビル・コンドン、主演ジェイミー・フォックスビヨンセ・ノウルズエディ・マーフィダニー・グローヴァージェニファー・ハドソン他共演のミュージカル・ドラマ。


ドラマ(ミュージカル)


スタッフ キャスト ■
監督 ビル・コンドン
製作総指揮 パトリシア・ウィッシャー
製作
ローレンス・マーク

デヴィッド・ゲフィン
原案:トム・イーエンドリームガールズ”(ミュージカル)
脚本:ビル・コンドン
撮影:トビアス・スクリスラー

編集 ヴァージニア・カッツ
美術・装置
ジョン・マイアー

ナンシー・ヘイ
音楽 ヘンリー・クリーガー

出演
ジェイミー・フォックス:カーティス・テイラーJr.
ビヨンセ・ノウルズ:ディーナ・ジョーンズ
エディ・マーフィ:ジェームス“サンダー”アーリー
ダニー・グローヴァー:マーティー・マディソン
ジェニファー・ハドソン: エフィ・ホワイト
アニカ・ノニ・ローズ:ローレル・ロビンソン
キース・ロビンソン:C.C.ホワイト
シャロン・リール: ミシェル・モリス
ヒントン・バトル:ウェイン
ジョン・リスゴー:ジェリー・ハリス
ジョン・クラシンスキー:サム・ウォルシュ

アメリカ 映画
配給 ドリームワークス/パラマウント・ピクチャーズ
2006年製作 130分
公開
北米:2006年12月15日
日本:2007年12月17日
製作費 $70,000,000
北米興行収入 $103,063,210
世界 $154,852,980


アカデミー賞 ■
第79回アカデミー賞
・受賞
助演女優(ジェニファー・ハドソン)
音響編集賞
・ノミネート
助演男優(エディ・マーフィ)
美術・衣装デザイン・歌曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1962年デトロイト
あるライブハウスのオーディション会場で”ドリームメッツ”の3人、ディーナ・ジョーンズ(ビヨンセ・ノウルズ)、エフィ・ホワイト(ジェニファー・ハドソン)、ローレル・ロビンソン(アニカ・ノニ・ローズ)は、誰もが認めるパフォーマンスを披露するものの優勝は逃してしまう。

大スター、ジミー“サンダー”アーリー(エディ・マーフィ)は、女癖の悪さで失った、バックコーラスを探していた。

彼の音楽プロデューサー兼”キャデラック”のディーラー、カーティス・テイラーJr.(ジェイミー・フォックス)は、ドリームメッツの3人に目をつけ、ジミーのバックコーラスとして雇うことにする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1962年デトロイト
ライブハウスのオーディションなどを受けていた”ドリームメッツ”の3人ディーナ、エフィ、ローレルは、音楽プロデューサー兼”キャデラック”のディーラー、カーティス・テイラーJr.の目に留まり、大スターのジミー“サンダー”アーリーのバックコーラスとして雇われる。
カーティスは、作曲家のエフィの兄C.C.もジミーに紹介するが、マネージャーのマディソンは、彼に関心を示さない。
ジミーはC.C.の曲が気に入り、その後カーティスは、レインボー・レコードを設立して曲を売り出す。
しかし、その曲はメジャーにしようとする者達に奪われてしまう。
カーティスは、有力D.J.に曲を売り込むために、賄賂にする資金をかき集める。
その後、全米ナンバーワン・ヒット曲を出し、軌道に乗ったカーティスは、エフィと愛し合うようになる。
しかし、マディソンはカーティスと対立してジミーの元から去っていく。
そしてついに、3人は”ドリームズ”としてカーティスに売り出されることになる。
しかし、リード・シンガーがディーナに決まり、エフィは不満を抱気ながらステージに立ち、ドリームズは次々とヒットを飛ばし、大スターの道を歩み始める。
そんな時、リードもカーティスもディーナに取られた、エフィの不満は限界に達しステージを降りてしまう。
エフィの身勝手な行動は周囲に非難され、彼女は仲間や兄C.C.にも見捨てられてしまう・・・。
__________

スターへの道の挫折と栄光、恋愛と失恋、私生児の出産・・・。
いばらの道を歩んだエフィへの共感、そしてあくまでも美しいディーナ、その二人の嫌味のない友情と、時代を生きる二人のパワーに感動させられる。

画面に広がる音楽と、見栄えのする出演者達の圧倒的迫力を味わうなら、映画館で観ないとその価値はない作品。
劇場で観て本当に良かったと思える作品であり、テレビ画面では魅力が半減することを実感する。

意外にも、アメリカ以外ではあまり受けなかった作品で、国外では北米興行収入の約半分に終わった。

北米興行収入 $103,063,210
世界 $154,852,980

シカゴ」(2002)でアカデミー脚色賞にノミネートされた、監督ビル・コンドンの演出に応えた出演者の熱演と熱唱は見ものだ。

第79回アカデミー賞では、助演女優(ジェニファー・ハドソン)、音響編集賞を受賞した。
・ノミネート
助演男優(エディ・マーフィ)
美術・衣装デザイン・歌曲賞

ビジネスにのめり込み過ぎて、結局は家族や周囲から見放される非情な男を演じたジェイミー・フォックスが、ラストで娘の存在を知り、驚きと喜びの表情で、彼の心が救われるシーンは印象深く、ややぎこちないが歌うシーンも披露してくれる。

ヒロイン、ビヨンセは美しさと歌唱力以上に、演技力でも評価できる。

シリアスな演技に徹し、悲しい結末を迎えるエディ・マーフィは、素晴らしい歌声も披露し、芸達者振りを見せてくれる。

当初は嫌味なマネージャーに見えるが、ダニー・グローヴァーは、実は洞察力と人情味のある人物に描かれる、終盤の展開もなかなかいい。

なんと言っても、アカデミー賞を受賞したジェニファー・ハドソンの、体中のエネルギーをパワフルな歌声にする歌唱力は圧巻で、自尊心の高い勝気な女性を見事に演じている。

”ドリームズ”メンバーでジミー(E・マーフィ)の愛人役のアニカ・ノニ・ローズ、エフィ(J・ハドソン)の兄で作曲家キース・ロビンソン、映画プロデューサー役の二人ジョン・リスゴージョン・クラシンスキーがカメオ出演で登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020