4511 Movies

ダイアナ Diana (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2000年に発表された、ケイト・スネルの著書”Diana: Her Last Love”を基に製作された作品。
イギリス皇太子妃ダイアナの最後の恋を描く、監督オリヴァー・ヒルシュビーゲル、主演ナオミ・ワッツナヴィーン・アンドリュース他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル
製作
ロバート・バーンスタイン
ダグラス・レイ

製作総指揮
ティム・ハスラム
マーク・ウーリー
原作:ケイト・スネル”Diana: Her Last Love”
脚本:スティーヴン・ジェフリーズ

撮影:ライナー・クラウスマン
編集:ハンス・フンク
音楽
キーファス・シアンシア

デヴィッド・ホームズ

出演
ダイアナ(プリンセス・オブ・ウェールズ):ナオミ・ワッツ

ハスナット・カーンナヴィーン・アンドリュース
ポール・バレルダグラス・ホッジ
ウーナ・トッフォロ:ジェラルディン・ジェームズ
パトリック・ジェフソン:チャールズ・エドワーズ
ドディ・アルファイドキャス・アンヴァー
ソニア:ジュリエット・スティーヴンソン
クリスチャン・バーナード:マイケル・バーン
サムンダー:アート・マリック
コリン:ジョナサン・ケリガン
ナイード・カーン:ウーシャ・カーン
ウィリアム王子ローレンス・ベルチャー

ヘンリー王子:ハリー・ホランド

イギリス/フランス/スウェーデン/ベルギー 映画
配給 Entertainment One
2000年製作 113分
公開
イギリス:2013年9月20日
北米:2013年11月1日
日本:2013年10月18日
製作費 $15,000,000
北米興行収入 $335,360
世界 $21,766,270


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1997年8月31日、パリ
ホテル”リッツ”の前では多くのパパラッチが集まり、元イギリス皇太子妃ダイアナナオミ・ワッツ)を待ち構えていた。

化粧室の洗面台に携帯電話を置いたダイアナは、ドディ・アルファイドキャス・アンヴァー)のアパートに向かうために部屋を出る。

午前0時16分。
一旦立ち止まったダイアナは、そのままエレベーターに乗る。

2年前。
チャールズ皇太子と別居して3年が経とうとしていたダイアナは、心身ともに疲れ果てていた。

積極的に様々な活動を続けていたダイアナだったが、王子達には5週間に1度しか会えない辛い日々を送っていた。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
チャールズ皇太子と別居して3年、皇太子妃ダイアナは、積極的に様々な活動を行うものの、王子達に頻繁に会うこともできず辛い日々を送っていた。
そんなダイアナは、パキスタン人の心臓外科医ハスナット・カーンに出会い惹かれてしまう。
優秀な医師であるハスナットは、世界一有名な女性との交際で仕事に集中できないことを気にしながらも、彼女との親交を深めるのだが・・・。
__________

人気スターのナオミ・ワッツが、世界中で愛された元イギリス皇太子妃ダイアナを演ずるということで大いに話題になった作品。

この物語の全てが真実を伝えているかは定かでないため、個人的な意見として前置きするが。
世界で苦しむ人々のために活動を続け大きな影響を与えた人物として本作の主人公は、一般人からすると単なるわがままな女性にしか感じられず、オリヴァー・ヒルシュビーゲルの演出の意図もよく理解できない。

皇太子妃の重責、別居、その苦しい胸の内は分かるが、人間は皆、異なる苦難を克服しながら生きているのであって、主人公に同情する気になどなれない。

将来の王妃になる女性としてそれなりの覚悟を決めてイギリス皇太子妃になった人物にしては、その責任感のなさに愕然としてしまうほどだ。

誰もが知るダイアナ妃の恋を描く、それを演ずる実力派女優ナオミ・ワッツの主演にも拘らず、作品は各方面で酷評され、興行収入も特に北米では最悪に近い結果になった。

主演のナオミ・ワッツの演技も今一で、本人と見間違うほど似せる必要もないが、ダイアナ妃の雰囲気が感じられない、彼女にしては平凡な作品であり、彼女はラジー賞にノミネートされてしまった。

ダイアナ妃と愛し合うパキスタン人の心臓外科医ハスナット・カーンナヴィーン・アンドリュース、主人公の執事ポール・バレルダグラス・ホッジ、主人公の友人で鍼灸師のジェラルディン・ジェームズ、主人公の秘書チャールズ・エドワーズドディ・アルファイドキャス・アンヴァー、主人公の友人ジュリエット・スティーヴンソン、世界的な心臓外科医マイケル・バーンハスナット・カーンの親族アート・マリックなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021