That's Movie Talk!     4099 Movies

ザ・アウトロー Den of Thieves (2018)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

銀行強盗多発地帯ロサンゼルス郡保安局・重大犯罪班と強盗団との攻防を描く、製作、監督、原案、脚本クリスチャン・グーデガスト、主演ジェラルド・バトラーパブロ・シュレイバーオシェア・ジャクソンjr.カーティス”50セント”ジャクソン他共演の犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:クリスチャン・グーデガスト
製作
マーク・キャントン
タッカー・トゥーリー
ジェラルド・バトラー
アラン・シーゲル
製作総指揮
メドウ・ウィリアムズ
クリスチャン・グーデガスト
D・スコット・ランプキン
ジェイミー・マーシャル
グレン・D・フェイグ
ロバート・シモンズ
アダム・フォーゲルソン
オーレン・アヴィヴ
原案
クリスチャン・グーデガスト
ポール・シュアリング
脚本:クリスチャン・グーデガスト
撮影:テリー・ステイシー
編集:ジョエル・コックス
音楽:クリフ・マルティネス

出演
ニコラス”ビッグ・ニック”オブライエン:ジェラルド・バトラー
レイ・メリーメン:パブロ・シュレイバー
ドニー・ウィルソン:オシェア・ジャクソンjr.
レヴィ・エンソン・ルヴォー:カーティス”50セント”ジャクソン
ボー”ボスコ”オストロマン:エヴァン・ジョーンズ
マック:クーパー・アンドリュース
ベニー”ボラッチョ”メガロフ:モーリス・コンプト
トニー・Z・ザパタ:カイウィ・ライマン=マーズロー
デビー・オブライエン:ドーン・オリヴィエーリ
連邦準備銀行の警備員:ルイス・タン
ジャクソン:ジャーメイン・リヴァース
ガス・ヘンダーソン:モー・マクレー
マーフィー・コナーズ:ブライアン・ヴァン・ホルト
ホリー:メドウ・ウィリアムズ
バス:マックス・ホロウェイ
ウォルフガング:ジェイ・ドビンス
マロア:アリックス・ラプリ
ジギー・ツェルフーセン:エリック・ブレーデン
ボブ:ジョーダン・ブリッジス

アメリカ 映画
配給 STXfilms
2018年製作 140分
公開
北米:2018年1月19日
日本:2018年10月20日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $44,947,620
世界 $80,509,620


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1年に2400回、週に44回、1日に9回、48分ごとに銀行が襲われる街ロサンゼルス

ガーデナ、午前5時14分。
元”MARSOC”(海兵隊特殊作戦コマンド)のレイ・メリーメン(パブロ・シュレイバー)らは、ドーナツ店に寄った現金輸送車を襲う。

ホーソーン
監視役のマック(クーパー・アンドリュース)は、メリーメンに警察が来ることを知らせる。

1人と運転手を殺したメリーメンらは、駆け付けた警官と銃撃戦になり、仲間のマーカスが射殺される。

現金輸送車を奪い逃走したメリーメンは、警備員を殺したことで苛立ち、運転するドニー・ウィルソン(オシェア・ジャクソンjr.)から、ボー”ボスコ”オストロマン(エヴァン・ジョーンズ)が撃ったことを知る。

ウィルミントン
アジトに戻ったメリーメンは、マーカスが撃たれて死んだことをボスコから知らされる。

エンソン・ルヴォー(カーティス”50セント”ジャクソン)から、危険は承知だと言われたメリーメンは、保安局の重大犯罪班が動き出すことを警戒する。

現金輸送車が空であることを確認したメリーメンは、これで警官殺しになると皆に伝える。

翌朝、ロサンゼルス郡保安局・重大犯罪班のリーダー、ニコラス”ビッグ・ニック”オブライエン(ジェラルド・バトラー)は、現場に向かい仲間達と話す。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
銀行強盗多発地帯の郡保安局・重大犯罪班のリーダー、ニコラス”ビッグ・ニック”オブライエンは、ある銀行強盗に関係していたと思われる元”MARSOC”(海兵隊特殊作戦コマンド)の犯罪者メリーメンとその仲間を監視する。
メリーメンの手下のバーテンダー、ドニーを脅したニックは、情報を入手して捜査を始めるのだが・・・。
__________

銀行強盗多発地帯ロサンゼルスを管轄する郡保安局・重大犯罪班と強盗団との攻防を描く犯罪ドラマ。

ブルドッグ」(2003)と「エンド・オブ・キングダム」(2016)で脚本を担当したクリスチャン・グーデガストの監督デビュー作品(原案の兼ねる)である。
エンド・オブ・キングダム」に続きジェラルド・バトラーと組んだ作品。

悪党以上の存在とも言える保安局・重大犯罪班のリーダーと、元”MARSOC”(海兵隊特殊作戦コマンド)である犯罪者の対決がテーマとして描かれているのだが、思わぬ展開で締めくくられるクライマックスは注目だ。

ドラマの中でそのヒントは随所に挿入され、平凡な小悪党がすべてを仕切っていたという分かるラストに向けて、「ユージュアル・サスペクツ」(1995)と「ヒート」(1995)を合わせたような物語は、見応えがある内容に仕上がっている。

主演のジェラルド・バトラーは、私生活は乱れているものの、執念で犯人を追い詰めるロサンゼルス郡保安局・重大犯罪班のリーダーを熱演している。

主人公と対決する元”MARSOC”(海兵隊特殊作戦コマンド)である強盗集団のリーダー、パブロ・シュレイバー、彼の手下として描かれるものの、クライマックスで黒幕だと分かるオシェア・ジャクソンjr.、強盗集団の一員カーティス”50セント”ジャクソンエヴァン・ジョーンズクーパー・アンドリュース、主人公の部下モーリス・コンプトカイウィ・ライマン=マーズロー、主人公の妻ドーン・オリヴィエーリ、連邦準備銀行の警備員ルイス・タン、現金輸送車担当の警備員ジャーメイン・リヴァース、主人公の部下、モー・マクレーブライアン・ヴァン・ホルト、ドニー(オシェア・ジャクソンjr.)の仲間マックス・ホロウェイ、ルヴォー(カーティス”50セント”ジャクソン)の娘アリックス・ラプリ、ドニーが働くバーのオーナー、エリック・ブレーデンFBI捜査官のジョーダン・ブリッジスジェフ・ブリッジスの息子)などが共演している。


That's Movie Talk! © 2020 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up