That's Movie Talk!     4099 Movies

夜も昼も Night and Day (1946)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

アメリカを代表する作曲家コール・ポーターの苦難の末の成功物語を描く、製作アーサー・シュワルツ、監督マイケル・カーティス、主演ケイリー・グラントアレクシス・スミスジェーン・ワイマンドロシー・マローンイヴ・アーデンモンティ・ウーリー他共演のミュージカル・ドラマ。


ドラマ(ミュージカル)

ケイリー・グラント / Cary Grant / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:マイケル・カーティス

製作:アーサー・シュワルツ
脚本
チャールズ・ホフマン
レオ・タウンゼント
ウィリアム・バワーズ
撮影
J・ペヴァレル・マーレイ
ウィリアム・V・スコール
編集:デイヴィッド・ワイズバート
音楽
レイ・ハインドーフ
マックス・スタイナー
ミルトン・エイガー
ジャック・イェレン
コール・ポーター

出演
コール・ポーターケイリー・グラント
リンダ・リー・ポーターアレクシス・スミス
ケイト・ポーター:セレナ・ロイル
オマー・コール:ヘンリー・スティーブンソン
ウーリー教授:モンティ・ウーリー
グレイシー・ハリス:ジェーン・ワイマン
ナンシー:ドロシー・マローン
ガブリエル:イヴ・アーデン
キャロル・ヒル:ジニー・シムズ
バート・マクレランド:ポール・カバナー
トミー:トム・ダンドレア
アナトール・ジロン:ヴィクター・フランセン
レオン・ダウリング:アラン・ヘイルSr.
本人:メアリー・マーティン
ウィロースキー:シグ・ルーマン
ウォード・ブラックバーン:ドナルド・ウッズ
シンガー:カルロス・ラミレス
ダンサー:エステル・スローン
ダンサー:ジョージ・ゾリッチ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1946年製作 128分
公開
北米:1946年7月2日
日本:1951年1月11日


アカデミー賞
第19回アカデミー賞

・ノミネート
ミュージカル音楽賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1914年、イェール大学
フットボールや演劇を好む法学部のウーリー教授(モンティ・ウーリー)は、フットボール・ソング・コンテストで、学生コール・ポーターケイリー・グラント)を紹介する。

学業よりも作曲に興味を持つコールは、友人で歌手のグレイシー・ハリス(ジェーン・ワイマン)が歌う劇場で演奏中に呼び出され、ステージに上がりマスコット犬と選手達と共に歌う。

その後、グレイシーと共に駅に向かったコールは、彼女にプレゼントを渡す。

医学生の親友ウォード・ブラックバーン(ドナルド・ウッズ)とウーリーと共に、クリスマス休暇のため故郷のインディアナに向かうコールは、グレイシーに別れを告げる。

自宅屋敷に戻ったコールは、母ケイト(セレナ・ロイル)に迎えられ、祖父オマー・コール(ヘンリー・スティーブンソン)と共に乗馬に出かける。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1914年。
イェール大学の法学生コール・ポーターは、興味のある作曲家を目指し、弁護士になることを諦める。
自分の考えに賛同してくれる恩師ウーリー教授と共にショービジネスの世界に挑戦したコールだったが、その道は険しかった。
従妹のナンシーの友人リンダと親しくなり、彼女やウーリーの協力で何とかショーを発表したコールだったが、アメリカの第一次大戦参戦で夢を叶えることができず苦悩する・・・。
__________

アメリカを代表する作曲家コール・ポーターの苦難の人生を描くミュージカル・ドラマ。

資産家の家庭に生まれ名門イェール大学の法学生だったコール・ポーターが、音楽の世界で生きることを決心し、苦労の末に多くの人々に支えられながら成功するまでを、妻リンダ・リーとのロマンスと共に描く作品。

ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディ」(1942)でアカデミー監督賞にノミネートされ、「カサブランカ」(1942)で同賞を受賞し、「ミルドレッド・ピアース」(1945)などを発表していた、マイケル・カーティスの演出による伝記ドラマは、コール・ポーターの楽曲がふんだんに挿入されたミュージカルとして大いに楽しめる内容に仕上がっている。

第19回アカデミー賞では、ミュージカル音楽賞にノミネートされた。

事実に基づいた物語ではあるが、コール・ポーターの作品が登場する年代や、妻リンダとの結婚時期など、かなり脚色されている。

テクニカラーの鮮やかな映像と共に、主人公をとりまく女性やコーラスガールに至るまで、女優陣の美しさが印象に残る。

主演のケイリー・グラントは、苦労しながらショービジネスの世界で成功するコール・ポーターを、彼の魅力を十分に活かして好演している。

主人公を支えながら妻となるものの、仕事一筋の彼の考えについて行けず苦悩するリンダ・リー・ポーターアレクシス・スミス、主人公の母親セレナ・ロイル、孫である主人公を可愛がるヘンリー・スティーブンソン、主人公の協力者である恩師役で、実際にコール・ポーターの友人だったモンティ・ウーリー、主人公の友人である歌手ジェーン・ワイマン、主人公の従姉ドロシー・マローンリンダの友人である歌手のイヴ・アーデン、主人公のショーの主役ジニー・シムズリンダの上官である軍医ポール・カバナー、主人公のショーの舞台監督トム・ダンドレア、プロデューサーのヴィクター・フランセン、同じくアラン・ヘイルSr.コール・ポーターのショーの実際の出演者であり本人役のメアリー・マーティン、主人公の友人ドナルド・ウッズ、”Begin the Beguine”を歌うカルロス・ラミレス、ダンサーのジョージ・ゾリッチ、他シグ・ルーマンなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2020 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up