4234 Movies

ミルドレッド・ピアース Mildred Pierce (1945)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

1941年に発表された、ジェームズ・M・ケインの同名小説を基に製作された作品。
傲慢な性格に育ってしまった娘に人生を捧げながら事業を成功させた主人公が、苦悩の末に関る殺人事件を描いた、監督マイケル・カーティスジョーン・クロフォードジャック・カーソン共演によるフィルム・ノワールの傑作ドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:マイケル・カーティス
製作総指揮:ジャック・L・ワーナー
製作:ジェリー・ウォルド
原作:ジェームズ・M・ケイン
脚本
ラナルド・マクドゥガル

ウィリアム・フォークナー
撮影:アーネスト・ホーラー
編集:デヴィッド・ワイスバート
音楽:マックス・スタイナー

出演
ミルドレッド・ピアース・ベラゴン:ジョーン・クロフォード

ウォリー・フェイ:ジャック・カーソン
モンティ・ベラゴン:ザカリー・スコット
アイダ・コーウィン:イヴ・アーデン
ヴィーダ・ピアース・フォレスター:アン・ブライス
アルバート”バート”ピアース:ブルース・ベネット
マギー・ビーダーホフ:リー・パトリック
ピーターソン:モローニ・オルセン
ケイ・ピアース:ジョー・アン・マーロー
ロッティ:バタフライ・マックイーン

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1945年製作 110分
公開
北米:1945年9月24日
日本:未公開
製作費 $1,453,000


アカデミー賞 ■
第18回アカデミー賞
・受賞
主演女優賞(ジョーン・クロフォード)
・ノミネート
作品
助演女優
(イヴ・アーデン/アン・ブライス)
脚色・撮影賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロサンゼルス
ある夜、ビーチハウスでモンティ・ベラゴン(ザカリー・スコット)が銃撃され、”ミルドレット”と言い残して息絶える。

レストラン経営者のミルドレッド・ピアース・ベラゴン(ジョーン・クロフォード)は、放心状態のまま桟橋から海面を見つめていたが、警官に声をかけられ、その場を立ち去る。

不動産業者の知人ウォリー・フェイ(ジャック・カーソン)に呼び止められたミルドレッドは彼を誘う。

ビーチハウスに着いたミルドレッドは、時を見計らってその場を外し、家を出てウォリーを閉じ込めてしまう。

ウォリーは、異変に気づいた後モンティの死体を発見して、窓を割って外に出るのだが、駆けつけた警官に取り押さえられる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ある夜、ビーチハウスでベラゴンという男性が殺される。
レストラン経営者である、ミルドレッド・ピアース・ベラゴンは、知人のウォリーを、夫の死体があるビーチハウスに誘い、彼を犯人に仕立てあげようとする。
その後、帰宅したミルドレッドは警察に呼ばれ、ウォリーと元夫バートが、その場にいることを確認する。
ピーターソン刑事から、バートが犯人だと言われたミルドレッドは驚き、彼女は自分の歩んできた人生と、バートやウォリーについてを語り始める。
娘のヴィーダに、人生を捧げていたミルドレッドは、そのせいで彼女が傲慢な性格に育ってしまったことを知りつつも、バートに意見され、彼との別居を決意する。
職探しを始めたミルドレッドは、あるレストランでウエイトレスを始め、それが天職だと感じ、がむしゃらに働き、その後、自分の店を開くことを計画する。
不動産業者のウォリーに相談したミルドレッドは、富豪のベラゴンの物件に目を付け、彼と交渉してそれを手に入れる。
そして、オープンした店は、ミルドレッドの思惑通りに大繁盛し、彼女は財力を得て、ヴィーダに贅沢な生活をさせる。
同時にミルドレッドは、ベラゴンとの親交を深め、財産が奪われないよう、バートとの離婚も成立させる。
そして、ミルドレッドは着実に成功を手に入れていくのだが・・・。
__________

サスペンス・タッチで始まる、ショッキングな殺人シーン、明らかに成功している主人公の、謎めいた事件を語り始める苦悩の表情など、マイケル・カーティスの斬新な映像表現に圧倒され、観客は冒頭から、早くも画面に引き込まれていく。

第二次大戦終結直後の公開作品なのだが、その後も日本では劇場未公開に終わった。
今観ても刺激的な場面など、見応え十分な仕上がりに加え、個性豊かな出演者の演技も魅力である一級の作品と言える。

1996年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

第18回アカデミー賞では、主演女優賞(ジョーン・クロフォード)を受賞した。
・ノミネート
作品
助演女優
(イヴ・アーデン/アン・ブライス)
脚色・撮影賞

マックス・スタイナーのドラマチックな音楽も、作品を大いに盛り上げる。

既にキャリアを重ね、貫禄などと言う言葉では言い尽くせない、男性陣をも圧倒する存在感を示すジョーン・クロフォードは、傲慢な娘を最後まで守ろうとする、波乱の人生を歩む女性を見事に演じ切っている。

何度か突き放す場面はあるものの、見捨てられない娘に対する主人公の気持ちを、受け入れられるか否か・・・。
議論の的となる展開を、語り合うのも面白い。

彼らしい軽いノリの役柄ながら、人間味を兼ね備えた主人公の知人を好演するジャック・カーソン、富豪から凋落しつつある時期に主人公に出会う、殺人の被害者ザカリー・スコット、主人公に雇われる支配人として、彼女をサポートする印象深い役柄のイヴ・アーデン、結局は改心することない小悪魔的な主人公の娘アン・ブライス、最後まで妻と娘を見守るブルース・ベネット、その愛人リー・パトリック、刑事モローニ・オルセン、肺炎で亡くなる主人公の娘ジョー・アン・マーロー、メードのバタフライ・マックイーンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020