4311 Movies

エンド・オブ・キングダム London Has Fallen (2016)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2013年に公開された「エンド・オブ・ホワイトハウス」の続編。
イギリス首相の急死により葬儀に出席する主要国首脳を襲うテロリストに立ち向かう、アメリカ大統領とシークレットサービスの戦いを描く、監督ババク・ナジャフィ、製作、主演ジェラルド・バトラーアーロン・エッカートモーガン・フリーマンアンジェラ・バセット他共演のアクション。


アクション/アドベンチャー

モーガン・フリーマン / Morgan Freeman 作品一覧
モーガン・フリーマン / Morgan Freeman / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ババク・ナジャフィ

製作
マーク・ギル
ジョン・トンプソン
マット・オトゥール
レス・ウェルドン
ジェラルド・バトラー
アラン・シーゲル
製作総指揮
アヴィ・ラーナー
トレヴァー・ショート
ボアズ・デヴィッドソン
クリスティーン・オータル・クロウ
ハイディ・ジョー・マーケル
ジギー・カマサ
ガイ・アヴシャロム
原案
クレイトン・ローテンベルガー
カトリン・ベネディクト
脚本
クレイトン・ローテンベルガー
カトリン・ベネディクト
クリスチャン・グーデガスト
チャド・セント・ジョン
撮影:エド・ワイルド
編集
ポール・マーティン・スミス
マイケル・ドゥーシー
音楽:トレヴァー・モリス

出演
マイク・バニング特別捜査官:ジェラルド・バトラー
ベンジャミン・アッシャー大統領:アーロン・エッカート
アラン・トランブル副大統領:モーガン・フリーマン
リン・ジェイコブス長官:アンジェラ・バセット
統合参謀本部議長エドワード・グレッグ将軍:ロバート・フォスター
DC・メイソン次席補佐官:ジャッキー・アール・ヘイリー
ルース・マクミラン国防長官:メリッサ・レオ
レイ・モンロー国家安全保障局副長官:ショーン・オブライアン
リア・バニング:ラダ・ミッチェル
ジャクリーン・マーシャルMI6諜報員:シャーロット・ライリー
ドリス:デボラ・グラント
ジョン・ランカスターMI5防諜責任者:パトリック・ケネディ
ケビン・ハザード総監:コリン・サーモン
レイトン・クラークソン後任首相:ガイ・ウィリアムズ
アーミル・バルカウィ:アロン・アブトゥブール
カムラン・バルカウィ:ワリード・ズエイター
スルタン・マンスール:マハディ・ザハビ
ラザ・マンスール:アデル・バンシェリフ
ウィル・デイヴィスSAS中尉:ブライアン・ラーキン

アメリカ 映画
配給 フォーカス・フィーチャーズ
2016年製作 99分
公開
北米:2016年3月4日
日本:2016年5月28日
製作費 $60,000,000
北米興行収入 $62,489,820
世界 $205,754,450


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
パキスタンパンジャブ地方、ラホール北80キロ。
武器商人のアーミル・バルカウィ(アロン・アブトゥブール)は、フィリピンでテロを成功させた息子カムラン(ワリード・ズエイター)を歓迎する。

娘の結婚式を執り行うバルカウイを確認した、MI6の工作員からの連絡を受けたアメリカ空軍は、その場をドローンで攻撃する。

2年後、ワシントンD.C.
アメリカ大統領ベンジャミン・アッシャー(アーロン・エッカート)直属のシークレットサービスであるマイク・バニング(ジェラルド・バトラー)は、妻リア(ラダ・ミッチェル)の出産を機に辞職を考えていた。

ホワイトハウス
緊急電話を受けたアッシャーは、イギリスのウィルソン首相が急死したことを知らされる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「エンド・オブ・ホワイトハウス」(2013)
・「エンド・オブ・キングダム」(2016)

*(簡略ストー リー)
イギリス首相の急死を知らされたアメリカ大統領ベンジャミン・アッシャーは、主要国首脳と共に葬儀への列席を決める。
ロンドン、警戒態勢の中、厳重な警備が敷かれ、各国首脳が到着するのだが、葬儀を前に、計画されていたテロが実行される。
イギリスの後任首相とアメリカ大統領以外は死亡し、西側諸国に家族を殺された武器商人バルカウイが犯行声明を出す。
次の計画を進めたバルカウイは、ロンドンから脱出しようとするアッシャー大統領とバニングらの乗るヘリを撃墜する。
上司ジェイコブズは死亡するものの、無事だったバニングは大統領と共に街に戻り、ドローンで監視するホワイトハウスに合図を送り、MI6の助けを求めようとするのだが・・・。
__________

前作「エンド・オブ・ホワイトハウス」(2013)に続き、テロリストに襲われた大統領を守るシークレットサービスの戦いを描くハード・アクション。

急死したイギリス首相の葬儀に列席する主要国首脳が全滅しかけるという、とてつもない内容が話題になった作品。

ロンドン市内の警官などに扮したテロリストが、殆ど何の抵抗もなく、圧倒的な攻撃力で国家の機能を麻痺させて制圧してしまうという、前作に続き、荒唐無稽と言えばそれまでの内容なのだが、見せ場は多いために飽きずに観れる。

各国首脳の襲撃や、歴史的建造物の爆破場面などの迫力は凄まじく、特殊効果を駆使した映像は見事な仕上がりとなっている。

北米興行収入は前作を下回る約6300万ドルに終わったが、全世界では、前作を上回る2億ドルを突破するヒットとなった。
*前作
北米興行収入 $98,895,417
世界 $161,025,640

辞職を考えながらも、前作を凌ぐ活躍を見せる、大統領直属のシークレットサービスを熱演するジェラルド・バトラー、テロリストに捕らえられ公開処刑されそうになるアメリカ大統領のアーロン・エッカートホワイトハウスで指揮を執る、前作では下院議長だった副大統領のモーガン・フリーマン、ヘリコプター墜落により命を落とすシークレットサービス長官のアンジェラ・バセット統合参謀本部議長ロバート・フォスター、大統領次席補佐官のジャッキー・アール・ヘイリー国防長官メリッサ・レオ国家安全保障局副長官のショーン・オブライアン、主人公の妻ラダ・ミッチェル、その母親デボラ・グラントMI6諜報員のシャーロット・ライリーMI5防諜責任者のパトリック・ケネディロンドン警視庁/スコットランドヤード総監のコリン・サーモンイギリス後任首相のガイ・ウィリアムズ、テロの首謀者アロン・アブトゥブール、その息子であるテロリストのワリード・ズエイターマハディ・ザハビアデル・バンシェリフSAS指揮官のブライアン・ラーキンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020