4504 Movies

エンド・オブ・ステイツ Angel Has Fallen (2019)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

エンド・オブ・ホワイトハウス」(2013)、「エンド・オブ・キングダム」(2016)に続くシリーズ第3作。
大統領暗殺計画に巻き込まれ容疑者となったシークレットサービスの戦いを描く、監督、脚本リック・ローマン・ウォー、製作、主演ジェラルド・バトラーモーガン・フリーマンジェイダ・ピンケット=スミスランス・レディックティム・ブレイク・ネルソンパイパー・ペラーボニック・ノルティダニー・ヒューストン他共演のアクション。


アクション/アドベンチャー

モーガン・フリーマン / Morgan Freeman 作品一覧
モーガン・フリーマン / Morgan Freeman / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:リック・ローマン・ウォー
製作
ジェラルド・バトラー
アラン・シーゲル
マット・オトゥール
ジョン・トンプソン
レス・ウェルドン
ヤリフ・ラーナー
製作総指揮
アヴィ・ラーナー
トレヴァー・ショート
ハイディ・ジョー・マーケル
デヴィッド・ベルナルディ
ジェフリー・グリーンスタイン
ジョナサン・ヤンガー
クリスタ・キャンベル
ラティ・グロブマン
マーク・ギル
原作(キャラクター)
クレイトン・ローゼンバーガー
カトリン・ベネディクト
原案
クレイトン・ローゼンバーガー
カトリン・ベネディクト
脚本
ロバート・マーク・ケイメン
マット・クック
リック・ローマン・ウォー
撮影:ジュールズ・オロフリン
編集:ゲイブリエル・フレミング
音楽:デヴィッド・バックリー

出演
マイク・バニング:ジェラルド・バトラー
アラン・トランブル大統領:モーガン・フリーマン
ヘレン・トンプソンFBI捜査官:ジェイダ・ピンケット=スミス
デヴィッド・ジェントリー:ランス・レディック
マーティン・カービー副大統領:ティム・ブレイク・ネルソン
リア・バニング:パイパー・ペラーボ
クレイ・バニング:ニック・ノルティ
ウェイド・ジェニングス:ダニー・ヒューストン
トラヴィス・コール:フレデリック・シュミット
ラミレスFBI捜査官:ジョセフ・ミルソン
マーフィ:オリ・プフェファー
ジェームズ・ハスケルCIA長官:マーク・アーノルド
サム・ウィルコックス首席補佐官:マイケル・ランデス
軍人:クリス・ブラウニング
リン・バンニング:ジェシカ・コブリー
ブルーノ:ロッキ・ウィリアムス
ピーターソンFBI捜査官:サピア・エイズレイ
シーバーツ医師:スチュアート・マクエイリー

アメリカ 映画
配給 Lionsgate
2019年製作121 分
公開
北米:2019年8月23日
日本:2019年11月15日
製作費 $40,000,000
北米興行収入 $69,030,440
世界 $146,661,980


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
バージニア州。
シークレットサービスのマイク・バニング(ジェラルド・バトラー)は、アメリカ陸軍第75レンジャー連隊”時代の同僚で元指揮官であり、現在は民間軍事会社”サリエント・グローバル”のCEOウェイド・ジェニングス(ダニー・ヒューストン)が所有するの軍事施設で訓練を受ける。

その際バニングは、階段から突き落としたブルーノ(ロッキ・ウィリアムス)に言いがかりをつけられる。

バニングは、本気でやらねば実戦で死ぬとブルーのに伝える。

ジェニングスは、自分たちは仲間だと言ってブルーノを落ち着かせる。

退任するシークレットサービス長官デヴィッド・ジェントリー(ランス・レディック)の後任の話があるバニングは、訓練をサリエントに委託してくれればを助かると言うジェングスに、ジェントリーに話してみると伝える。

ジェニングスを家族との食事に誘ったバニングは車に向かい、片頭痛や不眠症に悩まされていることを考えながら鎮痛薬を飲む。

ワシントンD.C.
帰宅したバニングは妻リア(パイパー・ペラーボ)がいたベッドに向かい、幼い娘リン(ジェシカ・コブリー)についてや今後の仕事のことなどを話す。

翌日、神経内科医の診察を受けたバニングは、無理をしない生活を心がけるようにと言われ、仕事のことを考えながら苦悩する。

ホワイトハウス
記者会見を行うアラン・トランブル大統領(モーガン・フリーマン)は、ロシアの軍事活動への対抗策として、民間軍事会社への外注を増やす件を訊かれるものの、会見を打ち切ってしまう。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「エンド・オブ・ホワイトハウス」(2013)
・「エンド・オブ・キングダム」(2016)
・「エンド・オブ・ステイツ」(2019)

*(簡略ストーリー)
トランブル大統領直属のシークレットサービスであるマイク・バニングは、片頭痛と不眠症に悩み鎮痛剤を服用し、辞職も考え長官指名を断ることを考えていた。
休暇を楽しむ大統領が無数のドローン攻撃を受け、警備隊員が全員殺された惨劇の中で、バニングだけが生き残り大統領を救う。
意識を失った大統領とバニングは病院に搬送され、捜査を担当するFBI捜査官のトンプソンは、状況証拠からバニングを犯人だと断定する。
意識が戻ったバニングは犯行を否定して移送中に逃亡し、犯人が友人である民間軍事会社サリエント・グローバルの経営者ジェニングスだと知り、陰謀に立ち向かおうとするのだが・・・。
__________

ブラッド・スローン」(2017)などで知られるリック・ローマン・ウォーが脚本を兼ねて監督した作品で、製作を担当するジェラルド・バトラーが主演した人気シリーズの第3作。

大統領暗殺未遂計画に巻き込まれ容疑者となったシークレットサービスの戦いを描くアクション。

この手の作品にリアリズムを求めるのは無理があり、荒唐無稽な内容でもよしとするか否かで評価は変わる。
その点では3作とも一貫しているので、製作者側はそれを承知で作っているのだろう。

製作費(4000万ドル)が抑えられている割には、派手なアクションもまずまず見応えがある。

身体的な理由で職を辞する考えもある、苦悩する主人公を演ずるジェラルド・バトラーの熱演(苦悩の表情が実にいい)と、随所で彼らしい深い演技を見せてくれる大統領役のモーガン・フリーマンを画面で観られるだけでファンは満足だろう。

北米興行収入は約6900万ドル、全世界では約1億4700万ドルのヒットとなった。

事件を担当するFBI捜査官のジェイダ・ピンケット=スミスシークレットサービス長官ランス・レディック、事件の黒幕だった副大統領のティム・ブレイク・ネルソン、前2作のラダ・ミッチェルがスケジュールの都合で降板したため、本作で主人公の妻を演ずるパイパー・ペラーボベトナム戦争の退役軍人である主人公の父親として重要な役を演ずるニック・ノルティ、主人公の友人であり陰謀に関与する民間軍事会社の経営者ダニー・ヒューストン、その部下フレデリック・シュミット、ロッキ・ウィリアムス、FBI捜査官のジョセフ・ミルソンとサピア・エイズレイ、シークレットサービスオリ・プフェファーCIA長官のマーク・アーノルド大統領首席補佐官マイケル・ランデス、軍人のクリス・ブラウニング、主人公の娘ジェシカ・コブリー、大統領の主治医スチュアート・マクエイリーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021