4216 Movies

エンド・オブ・ホワイトハウス Olympus Has Fallen (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

アジア系テロリスト集団にホワイトハウスが制圧され大統領らは人質となりながら、元直属のシークレットサービスが単独でそれに立ち向かう姿を描く、監督アントワーン・フークア、製作、主演 ジェラルド・バトラーアーロン・エッカートモーガン・フリーマンアンジェラ・バセット他共演のアクション。


アクション/アドベンチャー

モーガン・フリーマン / Morgan Freeman 作品一覧
モーガン・フリーマン / Morgan Freeman / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:アントワーン・フークア
製作
ジェラルド・バトラー

エド・カゼル三世
アラン・シーゲル
マーク・ギル
製作総指揮
ボアズ・デヴィッドソン

マーク・ギル
ハイディ・ジョー・マーケル
ピーター・シュレッセル
トレヴァー・ショート
脚本
クレイトン・ローテンベルガー

カトリン・ベネディクト
撮影:コンラッド・W・ホール
編集:ジョン・ルフーア
音楽:トレヴァー・モリス

出演
マイク・バニング:ジェラルド・バトラー

ベンジャミン・アッシャー大統領:アーロン・エッカート
アラン・トランブル下院議長:モーガン・フリーマン
リン・ジェイコブス長官:アンジェラ・バセット
カン・イェンサク:リック・ユーン
デイヴ・フォーブス:ディラン・マクダーモット
コナー・アッシャー:フィンリー・ジェイコブセン
ルース・マクミラン国防長官:メリッサ・レオ
リア・バニング:ラダ・ミッチェル
エドワード・クレッグ陸軍参謀総長:ロバート・フォスター
ローマ捜査官:コール・ハウザー
マーガレット・アッシャー大統領夫人:アシュレイ・ジャッド

アメリカ 映画
配給 フィルム・ディストリクト

2013年製作 119分
公開
北米:2013年3月22日
日本:2013年6月8日
製作費 $70,000,000
北米興行収入 $98,895,420
世界 $161,025,600


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
キャンプ・デーヴィッド”。
アメリカ陸軍レンジャー部隊特殊部隊群に所属していたシークレット・サービスのマイク・バニング(ジェラルド・バトラー)は、パーティーに向かうベンジャミン・アッシャー大統領(アーロン・エッカート)、夫人マーガレット(アシュレイ・ジャッド)や息子コナー(フィンリー・ジェイコブセン)と共にパーティーに向かう。

吹雪の中、事故を起こした大統領専用車は橋から落ちそうになり、マーガレットは負傷して意識を失う。

アッシャーとマーガレットを助けようとしたバニングだったが、彼は大統領の命を優先して救い出す。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

参考:
・「エンド・オブ・ホワイトハウス」(2013)
・「エンド・オブ・キングダム」(2016)

*(簡略ストー リー)
事故に遭ったアッシャー大統領の夫人を助けられなかった元シークレットサービスのマイク・バニングは、その件を引きずりながら財務省のデスクワークとなり苦悩する日々を送る。
韓国首相の代表団のホワイトハウス訪問を受けた大統領だったが、ワシントンD.C.は、未確認機の攻撃を受けて緊急事態となる。
大統領は”PEOC”(大統領危機管理センター)に避難するものの、外部ではアジア系の武装集団の攻撃が始まる。
それに気づいたバニングはホワイトハウスに近づき、被害を受けた内部に入る。
その頃、韓国代表団に加わっていたテロリストのリーダー、カンは、大統領らを人質に取る。
ペンタゴンでは、下院議長トランブルが大統領代理に指名され、朝鮮半島統一を目指すカンから第7艦隊の撤退などを迫られる。
大統領他が殺される状況となり、トランブルらは、内部に侵入したバニングに頼るしかなかった・・・。
__________

本作を荒唐無稽だと決めつけてしまえば、全く見方が違ってしまう内容であるため、細かいことはあまり考えずに、B級作品のような邦題も無視して鑑賞することをお勧めする。

とは言うものの、韓国政府内にテロリストがいるとは思わなかった・・・とか、あまりにも簡単に制圧されるホワイトハウス内部の警備体制などは滑稽でもある。

周囲の様子からホワイトハウスのセットなどはなかなか良い出来で、アントワーン・フークアらしいダイナミックな演出もアクションとして楽しめば見応えはある。

豪華キャストも注目であり、北米興行収入は1億ドル弱、全世界では約1億6100万ドルのまずまずのヒットとなった。

アメリカを救うヒーローはアメリカ人に演じて欲しかったのだが、主人公を演ずるジェラルド・バトラーは、大統領夫人を救えなかったことで心を痛める男をスーパーマン並の活躍で熱演する。

大統領のアーロン・エッカート、その代理となる下院議長モーガン・フリーマンシークレット・サービス長官アンジェラ・バセット、テロリストのリーダー、リック・ユーン、元警護官ディラン・マクダーモット、大統領の息子役フィンリー・ジェイコブセン、国防長官役のメリッサ・レオ、主人公の妻ラダ・ミッチェル陸軍参謀総長ロバート・フォスター、警護官コール・ハウザー、大統領夫人のアシュレイ・ジャッドなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020