4452 Movies

ジミー、野を駆ける伝説 Jimmy’s Hall (2014)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

アイルランド内戦で国を追われながら祖国に戻った活動家のジミー・グラルトンが、人々のために再び立ち上がる姿を描く、監督ケン・ローチ、主演バリー・ウォードフランシス・マギーシモーヌ・カービー他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ケン・ローチ
製作:レベッカ・オブライエン
製作総指揮
パスカル・コシュトゥー
グレゴワール・ソーラ
ヴァンサン・マラヴァル
アンドリュー・ロウ
エド・ギニー
脚本:ポール・ラヴァティ
撮影:ロビー・ライアン
編集:ジョナサン・モリス
音楽:ジョージ・フェントン

出演
ジミー・グラルトンバリー・ウォード
モシー:フランシス・マギー
アリス:アイリーン・ヘンリー
ウーナ・マルヴォイ:シモーヌ・カービー
シェリダン神父:ジム・ノートン
マリー・オキーフ:アシュリン・フランシオーシ
デニス・オキーフ:ブライアン・F・オバーン
ショーン・マグワイア:カール・ギアリー
シーマス神父:アンドリュー・スコット
ステラ:ステラ・マクガール
モリー:ソーチャ・フォックス
デジー:マーティン・ルーシー
トミー・ギルロイ:マイケル・マーフィ
フィン:シェーン・オブライエン
テス:デニース・ガフ
ジャーナリスト:ショーン・T・オーマリー
ドハティ:コナー・マクダーモットロー
ルアリ:シーマス・ヒューズ
フィンタン・マルヴォイ:マイケル・シェリダン
オキーフ夫人:レベッカ・オマラ
モシーの妻:ダイアン・パークス
護衛:シェーン・カレン

イギリス 映画
配給 Entertainment One
2014年製作 106分
公開
イギリス:2014年5月30日
北米:2015年7月3日
日本:2015年1月17日
北米興行収入 $560,590
世界 $3,166,590


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1932年、アイルランドリートリム州
内戦終結から10年をアメリカで暮らしていた共産主義者の活動家ジミー・グラルトンバリー・ウォード)は祖国に戻り、友人モシー(フランシス・マギー)の馬車で家に向かう。

途中、独立運動の指導者”パトリック・ピアース”と”ジェームズ・コノリー”の名を取った、老朽化した集会場”ピアース=コノリー・ホール”を見つめながら、かつてを思い出すジミーは懐かしく思う。

母アリス(アイリーン・ヘンリー)や知人に歓迎されたジミーは、元恋人のウーナ・マルヴォイ(シモーヌ・カービー)にアメリカ土産を渡し、子供達や夫フィンタン(マイケル・シェリダン)のことを話す。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1932年、アイルランドリートリム州
内戦終結から10年をアメリカで暮らしていた共産主義者の活動家ジミー・グラルトンは、祖国に戻り母アリスや知人らに歓迎される。
農夫として静かに暮らすことを決めたジミーは、かつて皆が利用した集会場であるホールの再開を若者達から要望される。
老朽化したホールは危険だと言って躊躇するジミーだったが、かつての思い出と情熱が甦り再開を決意する。
人々の協力でホールを再開したジミーは、その後、カトリック教会のシェリダン神父からの圧力などを受け、反対派との対立が激化していく・・・。
__________

アイルランド内戦で国を追われた、共産主義者の活動家ジミー・グラルトンの祖国への帰還と人々と触れ合い、そして、再び巻き起こる支配者階級との対立を描くドラマ。

労働者階級の人々を描く作品を製作し続ける、ケン・ローチらしい社会性のあるドラマであり、主義主張を超えた、勇気や良識ある者に対する敬意などを追及した深いドラマに仕上がっている。

第67回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作であり、ケン・ローチパルムドールにノミネートされた。

主人公のジミー・グラルトンは、地元教区の神父と意見が対立するのだが、主人公は、神父が信念を貫こうとすることを尊敬し、神父も、主人公の勇気と良識に対し敬意を表する姿なども確りと描かれる、ヒューマニズムと力強さを感じさせるケン・ローチの演出手腕が見所の作品。

戦いに疲弊しつつ祖国に戻るものの、人々の情熱に触れて再び立ち上がる、実在の活動家ジミー・グラルトンを熱演するバリー・ウォード、彼の友人フランシス・マギー、思慮深い主人公の母親アイリーン・ヘンリー、主人公の元恋人で彼を支えるシモーヌ・カービー、主人公と意見の相違はあるものの、互いを尊敬し合う神父を好演するジム・ノートン、主人公を慕う少女アシュリン・フランシオーシ、その父親で主人公を敵視するブライアン・F・オバーン、主人公と共に活動するカール・ギアリー、教会や対立派の行動を批判する神父アンドリュー・スコットなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021