4312 Movies

ガタカ Gattaca (1997)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

遺伝子操作で完璧な”適正者”を誕生させることが可能になった近未来を舞台に、不適正者として生まれた青年の苦悩と宇宙への憧れを描く、製作ダニー・デヴィート、監督、脚本アンドリュー・ニコル、主演イーサン・ホークユマ・サーマンジュード・ロウローレン・ディーンゴア・ヴィダルアラン・アーキン他共演のSF映画の秀作。


SF


スタッフ キャスト
監督:アンドリュー・ニコル

製作
ダニー・デヴィート
マイケル・シャンバーグ
ステイシー・シェア
脚本:アンドリュー・ニコル
撮影:スワヴォミール・イジャック
編集:リサ・ゼノ・チャーギン
美術・装置
ヤン・ロールフス
ナンシー・ナイ
音楽:マイケル・ナイマン

出演
ヴィンセント・アントン・フリーマン:イーサン・ホーク
アイリーン・カッシーニ:ユマ・サーマン
ジェローム・ユージーン・モロー:ジュード・ロウ
アントン・フリーマン:ローレン・ディーン
ジョセフ局長:ゴア・ヴィダル
ヒューゴ捜査官:アラン・アーキン
シーザー:アーネスト・ボーグナイン
レイマー医師:ザンダー・バークレー
遺伝学者:ブレア・アンダーウッド
ジャーマン:トニー・シャルーブ
マリー・フリーマン:ジェイン・ブルック
アントニオ・フリーマン:イライアス・コティーズ
ヴィンセント・アントン・フリーマン(幼少期):メイソン・ギャンブル
ヴィンセント・アントン・フリーマン(少年期):チャッド・クリスト
アントン・フリーマン(幼少期):ヴィンセント・ネルソン
アントン・フリーマン(少年期):ウィリアム・リー・スコット

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1997年製作 106分
公開
北米:1997年10月24日
日本:1998年5月2日
製作費 $36,000,000
北米興行収入 $12,339,630


アカデミー賞
第70回アカデミー賞

・ノミネート
美術賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
近未来。
宇宙飛行士になるために航空宇宙企業”ガタカ”に入社したエリーとで、”ジェローム・ユージーン・モロー”に扮するヴィンセント・アントン・フリーマン(イーサン・ホーク)は、局長ジョセフ(ゴア・ヴィダル)から声をかけられ、打ち上げは予定通り行われると言われる。

薬物検査を受けたヴィンセントは、担当したレイマー医師(ザンダー・バークレー)から、土星に第6衛星”タイタン”に向かう心境を訊かれ、特別な思いはないと答える。
__________

遺伝子工学の進歩で胎児の状態で劣性遺伝子を排除することが出来るようになっていたが、両親アントニオ(イライアス・コティーズ)とマリー(ジェイン・ブルック)の間に遺伝子操作をされることなく誕生した男の子は、ヴィンセント・アントンと名付けられる。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
近未来。
遺伝子工学の進歩で胎児の状態で劣性遺伝子を排除することが出来るようになっていたが、遺伝子操作をされない状態で生れたヴィンセント・アントン・フリーマンは、寿命が30歳と判断されながら成長する。
宇宙飛行士に憧れるものの、不適正者であり心臓病でもあるヴィンセントは、それを諦めるよう家族から言われる。
適正者である弟アントンに劣っていた体力が、彼を勝ったことをきっかけに家を出たヴィンセントは、職を転々とする。
DNAブローカーのジャーマンから、事故で下半身が麻痺した優秀な水泳選手ジェロームを紹介されたヴィンセントは、彼に成りすまして、宇宙飛行士になるために航空宇宙企業”ガタカ”に入社する。
その後、エリートとして出世したヴィンセントは、宇宙に旅立つ日を目前にするのだが、自分を疑っていた上司の殺害事件に巻き込まれる・・・。
__________

遺伝子操作で完璧な”適正者”を誕生させることが可能になった近未来を舞台に、不適正者として生まれた運命を背負う青年の苦悩と宇宙への憧れを描くSF映画の秀作。

ニュージーランド人であるアンドリュー・ニコルの脚本を兼ねた監督デビュー作であり、ダニー・デヴィートが製作に加わっている。

遺伝子工学上の不適正者として、寿命も30歳と判断された悲しい運命を背負う青年の人生を描きつつ人間の尊厳も追及する、アンドリュー・ニコルの繊細で深みのある脚本と演出が見所の作品。

シンプル且つ清潔感のあるデザインによるセットや映像も秀逸で、第70回アカデミー賞では美術賞にノミネートされた。

機械的な未来感の描写がほとんどないにも拘らず、雰囲気だけでそれを伝える工夫などが見事であり、何台も登場するクラシックカーや古風な衣装を、その時代にマッチさせるセンスの良さには感心する。

本作の共演をきっかけにして、翌年、主演のイーサン・ホークユマ・サーマンは結婚する。

不適正者としての”ハンデ”を背負い苦悩しながら、夢を実現させようとする青年を好演するイーサン・ホーク、”人間離れ”した美しい表情が印象的な、主人公と愛し合う同僚のユマ・サーマン、主人公が成りすます適正者のジュード・ロウ、主人公の弟である捜査官のローレン・ディーン、ガタカの局長ゴア・ヴィダル、殺人事件を担当する捜査官のアラン・アーキン、もう少し主人公に絡む役柄であってほしかった、ガタカの清掃責任者を演ずる名優のアーネスト・ボーグナイン、主人公が不適正者と知りながら検査していた医師のザンダー・バークレー、遺伝学者のブレア・アンダーウッドDNAブローカーのトニー・シャルーブ、主人公の両親ジェイン・ブルックイライアス・コティーズ、主人公の幼少期メイソン・ギャンブル、少年期チャッド・クリスト、弟の幼少期ヴィンセント・ネルソン、少年期ウィリアム・リー・スコットなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020