4234 Movies

ヒート Heat (1995)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

監督マイケル・マンによる1989年にテレビ映画としてNBCで放映された”L.A. Takedown”を基に製作された作品。
犯罪事件捜査を進めるロサンゼルス市警の警部捕と犯罪者集団のリーダーとの駆け引きと戦いを描く、製作、監督、脚本マイケル・マン、主演アル・パチーノロバート・デ・ニーロヴァル・キルマージョン・ヴォイトトム・サイズモアダイアン・ヴェノーラアシュレイ・ジャッド他共演のクライム・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

アル・パチーノ / Al Pacino / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:マイケル・マン
製作
マイケル・マン

アート・リンソン
製作総指揮
アーノン・ミルチャン

ピーター・ジャン・ブルージ
脚本:マイケル・マン
撮影:ダンテ・スピノッティ
編集
ドヴ・ホウニグ

パスクァーレ・ブバ
ウィリアム・ゴールデンバーグ

トム・ロルフ
音楽:エリオット・ゴールデンサール

出演
ヴィンセント・ハナ:アル・パチーノ

ニール・マッコーリー:ロバート・デ・ニーロ
クリス・シヘリス:ヴァル・キルマー
ネイト:ジョン・ヴォイト
マイケル・チェリト:トム・サイズモア
ジャスティン・ハナ:ダイアン・ヴェノーラ
イーディ:エイミー・ブレネマン
シャーリーン・シヘリス:アシュレイ・ジャッド
ドラッカー:ミケルティ・ウィリアムソン
サミー・カサルス:ウェス・ステュディ
マイク・ボスコ:テッド・レヴィン
ドナルド・ブリーダン:デニス・ヘイスバート
ロジャー・ヴァン・ザント:ウィリアム・フィクナー
ローレン・グスタフソン:ナタリー・ポートマン
ケルソ:トム・ヌーナン
ウェイングロー:ケヴィン・ゲイジ
アラン・マルシアーノ:ハンク・アザリア
トレホ:ダニー・トレホ
ヒュー・ベニー:ヘンリー・ロリンズ
アルバート・トリーナ:リッキー・ハリス

リチャード・トリーナ:トーン・ロック
医師ボブ:ジェレミー・ピヴェン
ラルフ:ザンダー・バークレー

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1995年製作 170分
公開
北米:1995年12月15日
日本:1996年5月25日
製作費 $60,000,000
北米興行収入 $67,436,820
世界 $187,436,820


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロサンゼルス
犯罪者ニール・マッコーリー(ロバート・デ・ニーロ)は、病院から救急車を盗む。

マッコーリーの仲間であるクリス・シヘリス(ヴァル・キルマー)は、届いた爆発物を受け取る。

ロサンゼルス市警の殺人課警部補ヴィンセント・ハナ(アル・パチーノ)は、妻ジャスティンと精神的に不安定な彼女の連れ子ローレン・グスタフソン(ナタリー・ポートマン)と暮らしていた。

仕事を優先するハナとジャスティンの意見は噛み合わなかった。

マッコーリーの仲間マイケル・チェリト(トム・サイズモア)は、新たに加わったウェイングロー(ケヴィン・ゲイジ)を拾う。

犯行現場に向かうトレホ(ダニー・トレホ)はマッコーリーに連絡を入れ、クリスは大型トラックで行動を開始する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
犯罪者ニール・マッコーリーとクリスらは、無記名債を強奪して逃亡する。
事件を担当した市警・殺人課の警部補ヴィンセント・ハナは、犯人一味と思われるチョリトの情報を得て、彼に関係するマッコーリーらの存在を知る。
ハナは、部下らにマッコーリーらを監視させるものの、逆に手の内を読まれて捜査に梃子摺る。
そして大金が保管されている銀行を襲ったマッコーリーらと、それを知ったハナら警察との激しい戦いが始まる・・・。
__________

マイケル・マンが監督したテレビ映画”L.A. Takedown”のリメイク的な作品ではあるが、何といっても「ゴッドファーザーPARTII」(1974)以来となるアル・パチーノロバート・デ・ニーロの共演が話題となった作品。

共演とは言っても、時代を隔てた親子関係であった「ゴッドファーザーPARTII」(1974)では一度も顔を合わせる場面がなかった二人は、本作では同一場面には登場する。
しかし、正面から映す二人のショットがないというところに注目したい。

既にハリウッドを代表する演技派として活躍していた二人の隙の無い演技を、同一場面でありながら別々に演じているように見せるマイケル・マンの演出は見事だ。

そして、戦争やハード・アクション映画は別として、警察の少数チーム対数人の銀行強盗の戦いの凄まじさは、映画史上に残ると言っていい銃撃戦であり、その迫力は圧巻だ。

警察と犯人側、同僚や仲間達そしてその家族を含め、多くの登場人物それぞれの個性を生かした描写など、単なる犯罪映画に留まらない域に達する内容で、3時間弱の長尺も全く長さを感じない。

製作費6000万ドル、北米興行収入は約6700万ドル、全世界では約1億8700万ドルのヒットとなった。

役者としての全ての資質を備えたような、主演二人の演技はため息がでるほどであり、全く違う雰囲気のアル・パチーノロバート・デ・ニーロの才能を共演により再確認できる素晴らしい作品である。

主演二人以外の豪華スター競演も見逃せない。
ややはみ出し者的な犯罪者を好演するヴァル・キルマー、犯行を仕切るジョン・ヴォイト、犯罪者一味のトム・サイズモアダニー・トレホ、主人公(アル・パチーノ)との生活のすれ違いに苦悩する妻ダイアン・ヴェノーラ、情緒不安定なその娘ナタリー・ポートマン、マッコーリー(ロバート・デ・ニーロ)との関係を深めるグラフィックデザイナーのエイミー・ブレネマン、クリス(ヴァル・キルマー)の妻アシュレイ・ジャッド、その愛人ハンク・アザリア、刑事ミケルティ・ウィリアムソンウェス・ステュディテッド・レヴィン、犯罪集団に加わるデニス・ヘイスバート、裏銀行のボス、ウィリアム・フィクナー、その部下ヘンリー・ロリンズ、銀行襲撃を提案するトム・ヌーナン、犯罪集団でミスを犯し裏切るケヴィン・ゲイジ、故買屋の兄弟リッキー・ハリストーン・ロック、医師ジェレミー・ピヴェン、そしてテレビ映画でウィングローを演じたザンダー・バークレーダイアン・ヴェノーラの愛人役で登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020