4240 Movies

ユージュアル・サスペクツ The Usual Suspects (1995)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

謎の麻薬取引事件捜索を始めた関税局捜査官が、その現場で生き残った容疑者の関係を探りながら解決を模索するする姿を描く、製作、監督ブライアン・シンガー、主演ガブリエル・バーンケヴィン・スペイシーチャズ・パルミンテリスティーヴン・ボールドウィンケヴィン・ポラックベニチオ・デル・トロピート・ポスルスウェイト共演によるサスペンスの傑作。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ケヴィン・スペイシー / Kevin Spacey / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ブライアン・シンガー
製作総指揮:ハンス・ブロックマン他
製作
マイケル・マクドネル

ブライアン・シンガー
脚本:クリストファー・マッカリー
撮影:ニュートン・トーマス・サイジェル
編集:ジョン・オットマン
音楽:ジョン・オットマン

出演
ディーン・キートン:ガブリエル・バーン

ロジャー”ヴァーバル”キント:ケヴィン・スペイシー
デヴィット・クイヤン:チャズ・パルミンテリ
マイケル・マクマナス:スティーヴン・ボールドウィン
トッド・ホックニー:ケヴィン・ポラック
フレッド・フェンスター:ベニチオ・デル・トロ
イーディ・フィネラン:スージー・エイミス
コバヤシ:ピート・ポスルスウェイト
ジャック・ベア:ジャンカルロ・エスポジート
ジェフリー・レイビン巡査部長:ダン・ヘダヤ
レッドフット:ピーター・グリーン

アメリカ 映画
配給
Gramercy Pictures(北米)
MGM(世界)
1995年製作 106分
公開
北米:1995年8月16日
日本:1996年4月13日
製作費 $6,000,000
北米興行収入 $23,272,310


アカデミー賞 ■
第68回アカデミー賞
・受賞
助演男優(ケヴィン・スペイシー)
脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
カリフォルニアサン・ペドロ
港に停泊中の船で、重傷を負った元汚職警官ディーン・キートン(ガブリエル・バーン)は、何者かに射殺される。

その後、港で船が爆発し、麻薬取引が絡む事件で多数の死者を出し、9100万ドル分の麻薬が消える。

事件で2人が生き残り1人は火傷で重傷を負い、関税局特別捜査官のデヴィット・クイヤン(チャズ・パルミンテリ)は、生き残った男、ロジャー”ヴァーバル”キント(ケヴィン・スペイシー)を尋問する。
__________

ニューヨーク、6週間前。
クイヤンは、ニューヨーク市警と協力して、 大量の銃を積んだトラック強奪に関与したと思われる5人を連行する。

キートンは、現在は刑事弁護士の恋人イーディ・フィネラン(スージー・エイミス)と組み、ひ弱な障害者ヴァーバルは策略家、忍び込みのプロ、マイケル・マクマナス(スティーヴン・ボールドウィン)と彼とチームを組むフレッド・ フェンスター(ベニチオ・デル・トロ)、爆破爆薬のプロ、トッド・ホックニー(ケヴィン・ポラック)の5人は、関税局と警察にでっち上げの罪で連行されたが、曲者の彼らの口を割るのは容易ではなかった。
__________
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
麻薬取引現場での、謎の爆破大量殺傷事件の捜査を始めた関税局捜査官クイヤンは、6週間前に銃強奪関与で連行した、5人の容疑者の内の一人で、今回の事件の、無傷の生存者ヴァーバルの尋問を始める。
もう一人の重傷を負った男は、”カイザー・ソゼ”という闇の大物の恐怖に怯えていた。
やがて、鍵を握る”カイザー・ソゼ”と5人のつながりが、ヴァーバルの話で次第に明らかになっていく。
その後、完全解明といかぬままに、事件捜査は一旦その終焉を迎えてしまう。
しかし、クイヤンは、その裏に隠されていた、衝撃の事実に気づく・・・。
__________

弱冠29歳のブライアン・シンガーを、一躍有名にしたサスペンス映画の秀作。

主人公達が殺害された後に、一人の生存者が事件を回想していく展開で、不可解な事件を順序立てて”解説”し、全ての謎が解けるラストのどんでん返しで観客の度肝を抜くという、綿密な脚本は秀逸だ。

複雑な構成でありながら、謎解きという感覚でなく、各シーンが解説書のような分かり易さで展開するという、20代後半のブライアン・シンガークリストファー・マッカリー(脚本)の才能には驚くばかりだ。

第68アカデミー賞では、その脚本は脚本賞を、ケヴィン・スペイシーが助演男優賞を受賞した。

”カイザー・ソゼ”という謎の男の存在がポイントの本作で、黒幕としての正体が明らかになった犯人が、今後どのように”存在を謎にする”のか、大いに興味を持たせるラストは圧巻だ。

ケヴィン・スペイシーは、冒頭からラストまで満遍なく登場し、障害を持つひ弱な容疑者を、繊細な演技で演じているが、誰が主演か言い難い配役の中で一際存在感を示し、アカデミー賞では、主演賞候補でも納得できたほどだ。

堅気に成りきれない元汚職警官のガブリエル・バーン、事件捜査に執念を燃やすものの、謎の黒幕”カイザー・ソゼ”に翻弄される、関税局特別捜査官チャズ・パルミンテリ、血の気が多い悪党スティーヴン・ボールドウィン、爆薬のプロ、ケヴィン・ポラック、怖気づいて暗殺されるベニチオ・デル・トロ、キートン(G・バーン)の恋人で利用されて殺される刑事弁護士役スージー・エイミス、”カイザー・ソゼ”の右腕ピート・ポスルスウェイト、市警の巡査部長ダン・ヘダヤFBI捜査官ジャンカルロ・エスポジート、宝石の密売人ピーター・グリーンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020