4293 Movies

デス・プルーフ in グラインドハウス Death Proof (2007)

  •  
  •  
  • 10
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

クエンティン・タランティーノロバート・ロドリゲスによる2本立映画「グラインドハウス」(2007)のうちの「デス・プルーフ」を、再編集して一本の作品にしたエクスプロイテーション映画
愛車”ダッジ・チャレンジャー”を凶器にして女性を狙う元スタントマンの異常な行動を描く、製作、監督、脚本、撮影、出演クエンティン・タランティーノ、製作ロバート・ロドリゲス、主演カート・ラッセルゾーイ・ベルロザリオ・ドーソンメアリー・エリザベス・ウィンステッド他共演の犯罪アクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:クエンティン・タランティーノ
製作
クエンティン・タランティーノ

ロバート・ロドリゲス
エリザベス・アヴェラン
エリカ・スタインバーグ
製作総指揮
ハーヴェイ・ワインスタイン

ボブ・ワインスタイン
シャノン・マッキントッシュ
脚本:クエンティン・タランティーノ

撮影:クエンティン・タランティーノ
編集:サリー・メンケ
音楽:デヴィッド・アーノルド

出演
スタントマン/マイク・マッケイ:カート・ラッセル

ゾーイ・ベルゾーイ・ベル
アバナシー・ロス:ロザリオ・ドーソン
アーリーン/バタフライ:ヴァネッサ・フェルリト
ジャングル・ジュリア:シドニー・ターミア・ポワチエ
キム・マティス:トレイシー・トムズ
リー・モンゴメリー:メアリー・エリザベス・ウィンステッド
シャナ:ジョーダン・ラッド
パム:ローズ・マッゴーワン
ウォーレン:クエンティン・タランティーノ
ラナ・フランク:モニカ・スタッグス
マーシー:マーシー・ハリエル
ドヴ:イーライ・ロス
ネイト:オマー・ドゥーム
オマー:マイケル・バコール
パンキー・ブルーザー:マルタ・メンドーサ
ティム:ティム・マーフィー
ヴィーナス・エンヴィー:メリッサ・アーカロ
アール・マグロー/テキサス・レンジャー:マイケル・パークス

エドガー・マグロー/テキサス・レンジャー:ジェームズ・パークス
ダコタ・マグロー・ブロック:マーリー・シェルトン
ジャスパー:ジョナサン・ローラン
店員:ニッキー・カット

アメリカ 映画
配給 ディメンション・フィルムズ

2007年製作 114分
公開
北米:2007年7月21日
日本:2007年9月1日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
テキサス州、オースティン
ラジオの人気DJ、ジャングル・ジュリア(シドニー・ターミア・ポワチエ)は、自分の誕生日を祝うために、親友のシャナ(ジョーダン・ラッド)とアーリーン(ヴァネッサ・フェルリト)と共に街に向かう。

バー”グエロ”に着いたアーリーンは、自分達をつけて来たような車”ダッジ・チャレンジャー”(1970年型)に気づく。

その場にいた旧友のマーシー(マーシー・ハリエル)に声をかけたジュリアは、”バタフライ”と言う名でアーリーンのことをラジオで話したことを伝える。

”バタフライ”が何かをすると、意味不明なことをジュリアに言われたアーリーンは、マーシーが口説き役の男に扮して迫る芝居を見せられる。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

参考:
・「デス・プルーフ in グラインドハウス」(2007)
・「プラネット・テラー in グラインドハウス」(2007)

*(簡略ストー リー)
テキサス州、オースティン
ラジオの人気DJジュリアらを尾行する元スタントマンマイク・マッケイは、愛車”ダッジ・チャレンジャー”でバーを出た彼女らを追い、街道で正面衝突して殺害する。
車を凶器にして狙った女性に襲いかかり、快感を得ていたマイクは、大事故を起こすものの一命を取り留める。
14か月後、テネシー州、レバノン
回復したマイクは、メイクアップ・アーティストのアバナシーらに目をつける。
アバナシーらは、ニュージーランドから来たスタントウーマンのゾーイ・ベルを空港で出迎えるのだが、それをマイクが監視する。
バニシング・ポイント」と同じ白い”ダッジ・チャレンジャー”を走らせるのが夢だったゾーイは、 それを売りに出している男の家に向かう。
ダッジ・チャレンジャー”を試乗することになったゾーイらは、街道で危険なスタントを始めるのだが、マイクが容赦なく襲いかかる・・・。
__________

B級作品タッチで仕上げられた作風は、そのオマージュとして映像的に様々な工夫がされ、意図的に品質の悪さなどを再現しているところなどが面白い。

登場人物(主に女性達)が延々と語り合うシーンが何度かあるが、一見、意味がないように思えるのだが、その自然な会話や役者の演技に引き込まれるところなど、クエンティン・タランティーノ自身の見事な脚本を生かした映像センスを堪能できる作品。

物語は大きく二つに分かれ、前半は主人公の目的が思い通りに達成されて終わる。
車で女性を襲う主人公の狂気の行動を知った観客は、危険が迫る女性達の身を案ずるのだが、主人公を上回る迫力で対抗する、スタントウーマンらの凄まじい復讐劇は圧巻だ。

狂気の犯罪者を演ずるカート・ラッセルの個性が光る作品で押し通す内容と思いきや、後半で登場する、ユマ・サーマンのスタント・ダブルなどでも知られるゾーイ・ベルの、男勝りのスタント・シーンは見事としか言いようがない。

主人公に狙われるメイクアップ・アーティストのロザリオ・ドーソン、殺害されるヴァネッサ・フェルリト、その友人で人気DJのシドニー・ターミア・ポワチエジョーダン・ラッドアラン・ラッドの孫で、彼の息子の妻シェリル・ラッドの娘)、主人公に立ち向かうスタントウーマンのトレイシー・トムズ、新人女優のメアリー・エリザベス・ウィンステッド、主人公に車で送ってもらい殺される女性ローズ・マッゴーワン、正面衝突で殺されるモニカ・スタッグス、ジュリア(シドニー・ターミア・ポワチエ)の友人マーシー・ハリエル、バーの青年イーライ・ロスオマー・ドゥームマイケル・バコール、多くのクエンティン・タランティーノロバート・ロドリゲス作品で、テキサス・レンジャーの”アール・マグローとエドガー親子”を演ずる、実の親子のマイケル・パークスその息子ジェームズ・パークス、二人の家族である医師マーリー・シェルトン、白い”ダッジ・チャレンジャー”の持ち主ジョナサン・ローラン、ドラッグストアの店員ニッキー・カット、そしてクエンティン・タランティーノがバーのオーナーで出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020