4214 Movies

デッドマン・ウォーキング Dead Man Walking (1995)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

死刑廃止論者で実際に死刑囚の精神アドバイザーを務めた修道女ヘレン・プレジャンの体験を基に、1993年に発表されたノン・フィクション著書の映画化。
製作、監督、脚本ティム・ロビンススーザン・サランドンショーン・ペン共演のドラマ。


ドラマ

ショーン・ペン / Sean Penn / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ティム・ロビンス
製作総指揮
ティム・ビーヴァン

エリック・フェルナー
製作
ジョン・キリク

ティム・ロビンス
ラッド・シモンズ
原作:ヘレン・プレジャン

脚本:ティム・ロビンス
撮影:ロジャー・ディーキンス
編集:リサ・ゼノ・チャージン
音楽:デヴィッド・ロビンス
主題歌:ブルース・スプリングスティーン

出演
シスター・ヘレン・プレジャンスーザン・サランドン

マシュー・ポンスレット:ショーン・ペン
ヒルトン・バーバー:ロバート・プロスキー
アール・デラクロワ:レイモンド・J・バリー
クライド・パーシー:R・リー・アーメイ
メアリー・ベス・パーシー:セリア・ウェストン
シスター・コリーン:マーゴ・マーティンデイル
ヘレンの母親:ロイス・スミス
ファーリー神父:スコット・ウィルソン
ルシル・ポンスレット:ロバータ・マックスウェル
クレイグ・ポンスレット:ジャック・ブラック
州警察官:クランシー・ブラウン

アメリカ 映画
配給 Gramercy Pictures

1995年製作 123分
公開
北米:1995年12月29日
日本:1996年8月3日
製作費 $11,000,000
北米興行収入 $39,025,000


アカデミー賞 ■
第68回アカデミー賞
・受賞
主演女優賞(スーザン・サランドン)
・ノミネート
監督
主演男優(ショーン・ペン)
歌曲賞“Dead Man Walking”
ブルース・スプリングスティーン


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ルイジアナ州、ニューオリンズ、セント・トマス。
”希望の家”の修道女ヘレン・プレジャン(スーザン・サランドン)は、州立刑務所の死刑囚マシュー・ポンスレット(ショーン・ペン)から何度か手紙をもらっていた。

ヘレンはマシューに返事を書き、彼に会う決意をして刑務所に向かう。

マシューは、共犯者と二人で若いカップルを銃撃し、女性を強姦して殺害した罪で服役していた。

そのことを肝に銘ずるよう、教誨師ファーリー神父(スコット・ウィルソン)に助言されたヘレンは、緊張しながらマシューの待つ面会室に向かう。

ふてぶてしい態度のマシューに、当初ヘレンは威圧感を感じる。

マシューは、共犯者に犯行を強要されたとヘレンに伝え、6年間の服役中に法律を学び、特赦審問会か上訴審に申請書を提出する手助けと、弁護士を探すことをヘレンに依頼する。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
死刑囚マシュー・ポンスレットからの手紙を受けた修道女のヘレン・プレジャンは、女性としては異例の死刑囚の精神アドバイザーとなる。
マシューと面会したヘレンは、殺人の実行犯ではないことを主張する彼の、処刑阻止の努力をすることを約束する。
弁護士を探し、マシューの家庭環境などを調べ始めるヘレンだったが、周囲からは死刑囚に関わることを疑問視させる。
さらに、神父からは、死を迎える被告を悔い改めさせることが務めだと助言されるが、そんな時、マシューは自分に不利な発言などもしてしまう。
刑執行当日、上訴審も受け入れられず、許可された嘘発見器の結果も、正確に分析されないで終わる。
そして、心を開いたマシューは犯行の一部を認め、ヘレンは罪を認め悔い改めさせ、彼の死に安らぎを与えようとする・・・。
__________

死を前にする男と、迎える死の意味を教えようとする修道女の、心の葛藤と二人の絆を、社会的議論も高まる、死刑の是非の問題をテーマに、ティム・ロビンスが、細やかな人物描写と、死刑執行に至るまでの生々しい映像などを、ストレートに描いた問題作。

主役級として活躍し始めていたティム・ロビンスの、「ボブ★ロバーツ」(1992)に次ぐ監督作品。

ブルース・スプリングスティーンのエンディング主題歌も心に残る。

第68回アカデミー賞では、5度目の候補となったスーザン・サランドンが、遂に主演女優賞を獲得した。
・ノミネート
監督
主演男優(ショーン・ペン)
歌曲賞“Dead Man Walking”
ブルース・スプリングスティーン

実生活のパートナーであるティム・ロビンス監督作品で、念願のアカデミー主演賞を受賞したスーザン・サランドンは、聖職者としての使命を、真摯な態度で務め上げる信念の女性、原作者ヘレン・プレジャンを、出色の熱演で演じ切っている。

修道女ヘレンとの出会いから処刑されるまで、悪魔から神の子に変貌していく様を見事に演じたショーン・ペンの、迫真の演技も秀逸で、彼が演技派として大きく飛躍するきっかけになった作品でもある。

畑違いの、殺人事件の弁護ながら被告人のために尽力する弁護士ロバート・プロスキー、被害者の親で、主人公の修道女との触れ合いで憎しみが消えていくレイモンド・J・バリー、同じく被害者の親R・リー・アーメイと妻セリア・ウェストン、主人公を見守る同僚修道女のマーゴ・マーティンデイル、主人公の母親役ロイス・スミス教誨師の神父スコット・ウィルソン、凶悪犯にも拘らず、やはり母として我が子を守ろうとする、熱演が印象的なロバータ・マックスウェル、その息子でジャック・ブラック、州警察官役でクランシー・ブラウンも端役で出演している。

また、死刑に抗議する集団の中で、スーザン・サランドンの隣に立って祈りを捧げている人物として、原作者ヘレン・プレジャンが特別出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020