4545 Movies

カンバセーションズ Conversations with Other Women (2005)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

10年ぶりに再会した元夫婦の互いの心と愛の探り合いを描く、監督、編集ハンス・カノーザ、主演アーロン・エッカートヘレナ・ボナム=カーターオリヴィア・ワイルド他共演の恋愛ドラマ。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト
監督:ハンス・カノーザ

製作
ラム・バーグマン
ビル・マッカッチェン
ケリー・バーデン
脚本:ガブリエル・ゼヴィン
撮影:スティーヴ・イェドリン
編集:ハンス・カノーザ
音楽
ジェフ・エデン・フェア
スター・パロディ

出演
男:アーロン・エッカート
女:ヘレナ・ボナム=カーター
女(若年期):ノラ・ザヘットナー
男(若年期):エリック・アイデム
ダン/花婿:ブライアン・ジェラティ
スージー/花嫁:ブリアンナ・ブラウン
ブライズメイド:オリヴィア・ワイルド
ビデオグラファー:トーマス・レノン
サラ:セリナ・ヴィンセント

アメリカ 映画
配給 Gordonstreet Pictures
2005年製作 84分
公開
北米:2006年8月11日
日本:2007年2月3日
製作費 $450,000
北米興行収入 $379,420
世界 $973,530


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
結婚式で再会した元夫婦の男女(アーロン・エッカート/ヘレナ・ボナム=カーター)は、他人のようなふりをして話をする。

シャンパンを渡しても拒む、ブライズメイドなのに女が再婚していることを知った男は、夫が心臓医でロンドンに住んでいると言われる。

結婚をしているか訊かれた男は、恋人はいるが今は独りだと答える。

恋人サラ(セリナ・ヴィンセント)は、ブロードウェイに出演しているプロのダンサーだと言う男は、女の夫の名がジェフリーだと知り、恋人の年齢を訊かれて、大学を卒業したばかりの22歳だと答える。
...全てを見る(結末あり)



解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
結婚式で10年ぶりに再会した元夫婦の男女は、他人のような接し方をしながら彼女の部屋に向かう。
別れた後にロンドンに向かい心臓医と結婚した女と、大学を卒業したばかりの容姿抜群のダンサーの恋人がいる男は、互いを探り合いながら愛し合う。
出会いなどを思い出し女に未練がある男は、何とか彼女との寄りを戻そうとするのだが・・・。
__________

宗教上の問題により、17歳まで映画館で映画を観たことがなかったというハンス・カノーザの長編第二作であり、ハーバード大学時代からの友人であり、彼の作品には欠かせないガブリエル・ゼヴィンが脚本を担当している。

 

10年ぶりに結婚式で再会した元夫婦によるほぼ二人芝居で、それぞれの思惑や過去のフラッシュバックなどを画面を分割して描写する凝った手法が斬新な作品。

クライマックス、別れた主人公の二人が、別々のタクシーに乗り、それぞ出が相手のことなどを考えながら運転手と話し、やがて同じ後部座席に座っている(同乗しているはずがない)ように思える場面で終わるラストで、二人の今後を観客に想像させようとする演出が面白い。

10年ぶりに再会した元妻と寄りを戻そうとして、彼女の心を探るアーロン・エッカート、彼を拒みはしないものの、夫との生活に不満がないために関係に迷うヘレナ・ボナム=カーター、その若年期エリック・アイデムとノラ・ザヘットナー、主人公の同僚弁護士であり花婿のブライアン・ジェラティ、主人公の妹であり花嫁のブリアンナ・ブラウン、ブライズメイドのオリヴィア・ワイルド、ビデオグラファーのトーマス・レノン、ダンサーである主人公の恋人セリナ・ヴィンセントなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021