4130 Movies

シークレット・アイズ Secret in Their Eyes (2015)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2009年に公開されたアルゼンチン映画”瞳の奥の秘密”のハリウッド版リメイク。
過去の殺人事件の再捜査を始めた元FBI捜査官と同僚と検事の過酷な現実と運命を描く、監督、脚本ビリー・レイ、主演キウェテル・イジョフォーニコール・キッドマンジュリア・ロバーツディーン・ノリスアルフレッド・モリーナマイケル・ケリー他共演の心理スリラー。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ニコール・キッドマン / Nicole Kidman 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:ビリー・レイ
製作
マーク・ジョンソン
マット・ジャクソン
製作総指揮
スチュアート・フォード
デボラ・ジプサー
ラッセル・レヴィン
イ・ジェウ
ロバート・シモンズ
マット・ベレンソン
ジェレマイア・サミュエルズ
フアン・ホセ・カンパネラ
原作
フアン・ホセ・カンパネラ瞳の奥の秘密
エドゥアルド・サチェリ”La pregunta de sus ojos”
脚本:ビリー・レイ
撮影:ダニー・モダー
編集:ジム・ペイジ
音楽:エミリオ・カウデレル

出演
レイモンド“レイ”カステン:キウェテル・イジョフォー
クレア・スローン:ニコール・キッドマン
ジェシカ“ジェス”コブ:ジュリア・ロバーツ
バンピー・ウィリス:ディーン・ノリス
マーティン・モラレス:アルフレッド・モリーナ
アンザー・マージン/クレイ・ベックウィズ:ジョー・コール
レジナルド“レジー”シーファート:マイケル・ケリー
キャロリン・コブ:ゾーイ・グラハム
キット:リンドン・スミス
ジェイコブズ巡査部長:マーク・ファミリエッティ
フィエロ:ドン・ハーヴェイ
エリス:ロス・パートリッジ

アメリカ 映画
配給 STX Entertainment
2015年製作 111分
公開
北米:2015年11月20日
日本:2016年6月10日
製作費 $19,500,000
北米興行収入 $20,180,160
世界 $34,855,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
FBI捜査官のレイモンド“レイ”カステン(キウェテル・イジョフォー)は、ある事件の犯人と思われる男を捜すために、毎晩、パソコンで犯罪者リストを調べていた。

レイは、犯人のアンザー・マージン(ジョー・コール)が、クレイ・ベックウィズと名を変えていることに気づく。

ロサンゼルス、検察局。
かつて諍いを起こしたことがあるレジナルド“レジー”シーファート(マイケル・ケリー)に声をかけたレイは、旧知の検事クレア・スローン(ニコール・キッドマン)のオフィスに向かい、初対面の時のことを思い出す。
__________

13年前、2002年。
ロサンゼルス地方検察局、対テロ対策合同捜査班。
親友でもある同僚のジェシカ“ジェス”コブ(ジュリア・ロバーツ)やバンピー・ウィリス(ディーン・ノリス)、そしてシーファートらと共に、”911”以後のテロに備えて警戒していたレイは、新任のクレアに挨拶する。
・・・全てを見る



解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
13年前に起きた殺人事件の犯人を見つけた元FBI捜査官のレイモンド“レイ”カステンは、ニューヨークから現地に向かい、事件に関わった検事のクレアと再会する。
友人である元同僚のジェスの娘キャロリンを殺した犯人マージンを見つけたことを彼女に伝えたレイは、クレアに協力を求める。
三人は、マージンがテロ対策班だった自分達の情報屋だったために、上層部からの圧力により思うように捜査ができなかった当時を思い出しながら、再び犯人を追い詰めようとするのだが・・・。
__________

第82回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞したアルゼンチン映画”瞳の奥の秘密”のハリウッド版リメイクであり、同作で脚本を担当したフアン・ホセ・カンパネラが製作総指揮を担当している。

13年前に起きた事件の犯人を追う、当時のテロ対策班のFBI捜査官と検事の執念の捜査が描かれた心理スリラー。

911”後のテロへの警戒態勢で緊迫する状況下のアメリカ国内で起きる殺人が、それに関わる捜査官の娘が殺害される事件というのは、映画とは言えいかにも出来過ぎた話だ。

テロ対策を優先し、事件をもみ消そうとする上層部の圧力に対抗するための”制裁”・・・、その手段が明らかになるクライマックスも盛り上がりに欠ける。

脚本家として知られるビリー・レイの脚本はまずまずなのだが、現在と13年前の描写が入り混じり、その区別がつけにくい演出に配慮が足りなかったことが残念。

豪華スター競演も注目の作品だったのだが評価は低く、興行的にも振るわなかった。

友人である同僚の娘の死を、我が身に起きたことのように考えて苦しみながら、犯人を追い詰めようとする元FBI捜査官のキウェテル・イジョフォー、彼と心通じ合いながら事件の解決に協力しようとするエリート検事ニコール・キッドマン、主人公の同僚であり娘を殺された悲しみに耐えるジュリア・ロバーツ、主人公に協力する同僚ディーン・ノリス、殺人事件の解決よりもテロ対策を優先させる検事アルフレッド・モリーナ、主人公とは相いれない仲である同僚のマイケル・ケリー、テロ対策班の情報屋であり犯人のジョー・コール、彼に殺される犠牲者でジェス(ジュリア・ロバーツ)の娘ゾーイ・グラハム、犯人と付き合うストリッパーのリンドン・スミス、警官のマーク・ファミリエッティドン・ハーヴェイ、クレア(ニコール・キッドマン)の夫ニコール・キッドマンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020