4508 Movies

赤い風車 Moulin Rouge (1952)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

フランスの画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックの晩年を描く、製作、監督、脚本ジョン・ヒューストン、主演ホセ・ファーラーザ・ザ・ガボールコレット・マルシャンシュザンヌ・フロンピーター・カッシングクリストファー・リー他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ジョン・ヒューストン
製作
ジョン・ヒューストン
ジョン・ウルフ
原作:ピエール・ラミュール”ムーラン・ルージュ”
脚本
ジョン・ヒューストン
アンソニー・ヴェイラー
撮影:オズワルド・モリス
編集:ラルフ・ケンプレン
美術・装置
ポール・シェリフ
マルセル・ヴェルテス
衣裳デザイン:マルセル・ヴェルテス
音楽:ジョルジュ・オーリック

出演
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックホセ・ファーラー
アルフォンス・ド・トゥールーズ=ロートレック伯爵:ホセ・ファーラー
ジャンヌ・アヴリルザ・ザ・ガボール
アデル・ド・トゥールーズ=ロートレック伯爵夫人:クロード・ノリエ
マリー・シャルレ:コレット・マルシャン
ミリアム・ハイアム:シュザンヌ・フロン
アイシャ:ミュリエル・スミス
ラ・グーリュキャサリン・カス
ルーベ夫人:メアリー・クレア
ヴァランタン・ル・デゾセ:ウォルター・クリシャム
シャルル・ジドラーハロルド・カスケット
バルタザール・パトゥ巡査部長:ジョルジュ・ランヌ
モーリス・ジョワイヤン:リー・モンタギュー
ドニーズ・ド・フロンティアック:モーリン・スワンソン
アイシャのダンスパートナー:トゥッテ・レムコウ
サラ:ジル・ベネット
セルビア公ミラン4世セオドア・ビケル
マルセル・ド・ラ・ヴォアジエ:ピーター・カッシング
モイーズ・ド・カモンド伯爵:チャールズ・カーソン
ババール:ウォルター・クロス
ジョルジュ・スーラクリストファー・リー
ドドー:マイケル・バルフォア
ピカード:エリック・ポールマン

イギリス 映画
配給
ユナイテッド・アーティスツ
British Lion Films
1952年製作 119分
公開
イギリス:1953年3月13日
北米:1952年12月23日
日本:1953年5月13日
製作費 $1,500,000
北米興行収入 $11,810,000
世界 $13,333,890


アカデミー賞
第25回アカデミー賞

・受賞
美術・衣裳デザイン賞
・ノミネート
作品・監督
主演男優(ホセ・ファーラー
助演女優(コレット・マルシャン
編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1890年、パリモンマルトル
キャバレー”ムーラン・ルージュ”に夜ごと通う画家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックホセ・ファーラー)は、ダンサーのラ・グーリュキャサリン・カス)、アイシャ(ミュリエル・スミス)、ヴァランタン・ル・デゾセ(ウォルター・クリシャム)らの華やかな踊りを楽しみながら酒を飲み、テーブルクロスにスケッチしていた。

親友で画廊のオーナーのモーリス・ジョワイヤン(リー・モンタギュー)から、モイーズ・ド・カモンド伯爵(チャールズ・カーソン)が絵を気に入ったと言われたアンリだったが、それに興味を示さない。

あおるようにコニャックを飲み続けるアンリは、ライバル心をむき出しにするラ・グーリュとアイシャの争いを見て楽しむ。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想
1950年に発表された、ピエール・ラミュールの小説”ムーラン・ルージュ”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
1890年、パリモンマルトル
キャバレー”ムーラン・ルージュ”に夜ごと通う画家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックは、下半身が成長していない身体的な問題を抱え、差別を受けたストレスにより、酒に溺れる日々を送りつつ絵を描いていた。
あることをきっかけにして娼婦のマリーと暮らすことになったアンリは、不躾で粗暴ではあるものの、自分の心を開いてくれた彼女に惹かれる。
しかし、自分を見る人々の目が気になるマリーはアンリの元を去り、悲しむ彼は心を癒すために酒に頼るしかなかった。
自殺も考えたアンリは思い留まり、ムーラン・ルージュのためにポスターを描き絵に情熱を注を注ぐのだが・・・。
__________

身体的なハンデキャップを背負い、そのストレスから酒に溺れながら数々の名画を世に残し36歳の若さで世を去った、フランスの画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックの晩年を描いたドラマ。

ジョン・ヒューストンが製作、脚本を兼ねて監督し、名優のホセ・ファーラーザ・ザ・ガボールらが共演した。

身体障害者として差別を受けていたロートレックが、同じような境遇の貧しい娼婦やダンサーに共感しながら、恵まれた家柄を捨てて自分らしく生きようとした姿を情緒的に描く、ジョン・ヒューストンの演出手腕が光る作品。

第25回アカデミー賞では、作品賞以下7部門にノミネートされ、美術、衣裳デザイン賞を受賞した。
*ノミネート
作品・監督
主演男優(ホセ・ファーラー
助演女優(コレット・マルシャン
編集賞

冒頭で紹介される”ムーラン・ルージュ”内の様子などは、さながらミュージカル風でもあり、セットや衣装など、その時代の雰囲気を見事に映し出すカラーの美しい映像も素晴らしい。

伯爵家の跡取りとして生まれながら、不慮の事故などで下半身の成長が止まってしまい、悲しい人生を歩む者の自分らしさを追求する、主人公のロートレックを演ずるホセ・ファーラーの演技は絶賛された。
身長150cm余りだったロートレックを、それほど大柄ではない178cmのホセ・ファーラーが見事に演ずるのだが、機械的な特殊効果などない時代に、小柄な主人公を描写する様々な工夫なども注目したい。

ホセ・ファーラーロートレックの父親役も演じている。

ムーラン・ルージュのスター歌手ジャンヌ・アヴリルを演ずるザ・ザ・ガボールが歌う、ジョルジュ・オーリック作詞、作曲の”ムーラン・ルージュの歌”の美しいいメロディは心に残る。

そのシーンの歌の吹き替えは、ムーラン・ルージュのダンサー役として登場するミュリエル・スミスが担当している。

主人公の母親クロード・ノリエ、主人公が愛する娼婦を好演するコレット・マルシャン、主人公と親交を深めながら彼を愛する女性シュザンヌ・フロンムーラン・ルージュの花形ダンサー、ラ・グーリュキャサリン・カス、同じくダンサー、ヴァランタン・ル・デゾセのウォルター・クリシャム、トゥッテ・レムコウ、主人公の家の家政婦メアリー・クレア、主人公に協力する巡査部長ジョルジュ・ランヌ、主人公の友人リー・モンタギュー、主人公の幼馴染モーリン・スワンソン、主人公の絵を購入するセルビア公ミラン4世セオドア・ビケル、ミリアム(シュザンヌ・フロン)に好意を抱く紳士ピーター・カッシング、主人公の画家仲間ジョルジュ・スーラクリストファー・リー、他マイケル・バルフォアエリック・ポールマンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021