4237 Movies

コンラック先生 Conrack (1974)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1972年に発表された、パット・コンロイの自叙伝”The Water Is Wide”を基に製作された作品。
本土から離れた島の黒人学校に赴任した白人教師と子供達の親交を描く、製作、監督マーティン・リット、主演ジョン・ヴォイトポール・ウィンフィールドマッジ・シンクレアヒューム・クローニン他共演のヒューマン・ドラマ。


ドラマ(ヒューマン)


スタッフ キャスト ■
監督:マーティン・リット
製作
マーティン・リット

ハリエット・フランクJr.
原作:パット・コンロイThe Water Is Wide
脚本
アーヴィング・ラヴェッチ

ハリエット・フランクJr.
撮影:ジョン・A・アロンゾ
編集:フランク・ブラクト
音楽:ジョン・ウィリアムズ

出演
パット・コンロイ:ジョン・ヴォイト

マッド・ビリー:ポール・ウィンフィールド
スコット校長:マッジ・シンクレア
スケフィントン:ヒューム・クローニン
メアリー:ティナ・アンドリュース
クイックフェロー:アントニオ・ファーガス

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1974年製作 106分
公開
北米:1974年3月27日
日本:1975年4月19日
製作費 $2,370,000
北米興行収入 $2,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
サウスカロライナ州。
ビューフォートからボートでヤマクロウ島に向かった教師のパット・コンロイ(ジョン・ヴォイト)は、黒人小学校の教師に赴任するため島に到着する。

少女メアリー(ティナ・アンドリュース)はコンロイに気づくが、まともな挨拶もしない。

バラックのような小さな校舎に着いたコンロイは、校長のスコット(マッジ・シンクレア)に迎えられるものの、厳しく接することなど黒人の子供達への対応などで忠告される。

スコットの鳴らすベルで、遊んでいた生徒達は教室に入り、彼女からコンロイを紹介される。

コンロイは自分についてを語り始めるが、生徒達は彼のことを”コンラック”としか発音できない。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1969年、サウスカロライナ州、マクロウ島。
黒人小学校に赴任した白人教師パット・コンロイは、生徒達に厳しく接するスコット校長に迎えられる。
コンロイは、生徒達がまともに読み書きもできす、知識欲も希望もないことに驚く。
スコットは、白人を喜ばせることが黒人の使命だと信じ、それを基本に教育を進めていたが、コンロイは納得できず独自の授業を進める。
やがて、コンロイの自由な行動が教育委員会に伝わり、理事のスケフィントンが学校を視察する。
その後、スケフィントンの意見にも従わないコンロイは、生徒達と心を通わせ親交を深めるのだが・・・。
__________

ただ日々を送るだけの何の欲もない黒人の子供達と、進歩的な考えの自由人である白人教師の交流を単純に描いた作品でないところに注目したい。

ベトナム戦争が激化する時代、反戦運動なども盛んな当時の情勢の中で、左翼的なその活動をあからさまに批判する場面などもある。
また、保守層が自由主義を過剰に抑圧する姿勢なども描写したマーティン・リットの演出で、差別に対する自虐史観を含め社会問題を鋭く描く力作となっている。

若手の実力派としてその才能を評価されていたジョン・ヴォイトは、周囲とは異質な雰囲気ではあるが自らの信念を貫く、気骨のある青年を熱演する。

妻を失ったため精神を病んでいる島の住民で、主人公と親しくなるポール・ウィンフィールド、黒人は白人に従うという現実的な考えの基に厳しい教育を心がける校長マッジ・シンクレア、保守的な教育委員会理事長ヒューム・クローニン、主人公と親交を深める少女ティナ・アンドリュース、彼女と結婚しようとする住人アントニオ・ファーガスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020