4240 Movies

クロコダイル・ダンディー2 ‘Crocodile’ Dundee II (1988)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

オーストラリア映画として、世界中で大ヒットした「クロコダイル・ダンディー」(1986)の続編。
オーストラリア出身の野生人が、麻薬組織壊滅のために奮闘する姿を描く、脚本、主演ポール・ホーガンリンダ・コズラウスキージョン・メイロン他共演、製作、監督ジョン・コーネルによるコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■
監督:ジョン・コーネル
製作
ジェーン・スコット

ジョン・コーネル
脚本
ポール・ホーガン

ブレット・ホーガン
撮影:ラッセル・ボイド

編集:デビッド・スティーヴン
音楽:ピーター・ベスト

出演
マイケル・J“クロコダイル”ダンディー:ポール・ホーガン

スー・チャールトン:リンダ・コズラウスキー
ウォルター・ライリー:ジョン・メイロン
ルイス・リコ:ヘクター・アーバリー
ミゲル:ファン・フェルナンデス

リロイ・ブラウン:チャールズ・S・ダットン
ブラニガン:ケネズ・ウォルシュ
DEA捜査官:スティーヴン・ルート
ボブ・タナー:デニス・ボウトシカリス
ホセ:ルイス・ガスマン

オーストラリア 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1988年製作 111分
公開
オーストラリア:1988年5月20日
北米:1988年5月25日
日本:1988年8月
製作費 AUD 15,800,000
北米興行収入 $109,305,000
世界 $239,700,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
オーストラリア出身のマイケル(ミック)・J“クロコダイル”ダンディー(ポール・ホーガン)は、故郷を懐かしく想いながらも、愛する恋人である大手新聞社社主令嬢のスー・チャールトン(リンダ・コズラウスキー)と同棲し、気ままな毎日を送っていたていた。

暮らしに困っているわけではなかったが、ミックは男としてのプライドもあり、仕事を探そうとする。

ミックはバーで、悪党なのだが気のいい知人のリロイ(チャールズ・S・ダットン)に声をかけられ、”文房具” の運び屋の仕事を受けるかを検討することになる。

南米コロンビア
その頃、スーの元夫ボブ・タナー(デニス・ボウトシカリス)は、DEA(麻薬取締局)のために麻薬組織のボス、ルイス・リコ(ヘクター・アーバリー)を追い続けていた。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「クロコダイル・ダンディー」(1986)
・「クロコダイル・ダンディー2」(1988)
・「クロコダイル・ダンディー in L.A.」(2001)

*(簡略ストー リー)

ニューヨーク
オーストラリア出身の”野生人”マイケル(ミック)・J“クロコダイル”ダンディーは、恋人の大手新聞社社主令嬢で記者のスーと気ままな生活を送っていた。
そんなミックは仕事を探そうとして、知人リロイに声をかけられ”運び屋”を始めようかと思ったりもする。
その頃、スーの元夫ボブがDEA(麻薬取締局)に協力し、コロンビアで麻薬組織のボス、リコを追っていた。
ボブは、リコが殺人を犯す現場の写真を撮り、それをスーに送り保護を求めるが、彼はリコの手下ミゲルに殺されてしまう。
リコは写真の存在を知り、ニューヨークに向かいスーを誘拐し、ボブからの郵便物を受け取ったミックに、それを渡すよう脅迫する。
ミックは、リロイの協力でスーを救い出すものの、リコは二人を執拗に追う。
そこでミックは、彼が考える最も安全な場所である、故郷のオーストラリアに向かう。
ミックとスーは、親友のウォルターらとの再会を喜ぶだったが、リコは二人の居場所を突き止めて現地に向かう。
そしてミックは、自分の”庭”で、リコら悪党を迎え撃とうとする・・・。
__________

愛すべきナンセンス男、”ミック・ダンディー”の再登場に大きな期待がかかり、前作とは逆転する、大都会ニューヨークから、ホーム・グラウンドの故郷オーストラリアで悪党を迎え撃つというストーリーも受け、北米興行収入は約1億1000万ドル、全世界では約2億4000万ドルと、再び大ヒットとなった痛快作。

:前作
北米興行収入 $174,803,506
世界 $328,203,506

前作は、アドベンチャー・タッチからニューヨークに向かった後、主人公二人のロマンスを描いた作品だった。
本作は、麻薬組織に命を狙われる主人公二人が、ミックの故郷で彼らを手玉に取り倒すという、犯罪コメディ・アクションとなっている。

庶民はもとより、悪人や血の気の多い若者達、そして子供達にも好かれる主人公の、人間味溢れるキャラクターは、本作でも十分に生かされている。

前作の”感動”のラストに比べ、終盤はやや呆気ない展開ではあるが、主人公が、故郷であるオーストラリアに向かい、友人と再会するあたりからはワクワクしてしまう。

独特の言動などが、実に魅力的な主人公を演ずるポール・ホーガンは、何も語らなくても人を引き付ける魅力がある。
2年後に、彼と実生活で結婚することになる共演のリンダ・コズラウスキーの眼差しは、演技とは思えない、彼に惚れ込んでいる様子が伝わってくる。

残念なのは、前作では前半、本作では後半に、相変わらずとぼけた雰囲気で、主人公の友人を好演するジョン・メイロンが翌年55歳の若さで他界し、本作は彼の遺作となったことだ。

麻薬組織のボス、ヘクター・アーバリー、その手下ファン・フェルナンデス、主人公に協力する街の小悪党チャールズ・S・ダットンDEAの捜査官ケネズ・ウォルシュ、部下スティーヴン・ルート、ヒロインの元夫デニス・ボウトシカリス、麻薬組織の一員でルイス・ガスマンも出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020