4216 Movies

コロンビアーナ Colombiana (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

コロンビアの麻薬王に両親を殺された少女が殺し屋となり復讐を果たすまでを描く、リュック・ベッソン製作、脚本、主演ゾーイ・サルダナジョルディ・モリャクリフ・カーティス他共演、監督オリヴィエ・メガトンによるクライム・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:オリヴィエ・メガトン
製作
リュック・ベッソン

アリエル・ゼトゥン
脚本
リュック・ベッソン

ロバート・マーク・ケイメン
撮影:ロマン・ラクールバ
編集:カミーユ・ドゥラマーレ
音楽:ナサニエル・メカリー

出演
カトレア・レストレポ:ゾーイ・サルダナ

マルコ:ジョルディ・モリャ
ジェームズ・ロス:レニー・ジェームズ
カトレア・レストレポ(幼少期):アマンドラ・ステンバーグ
ダニー・デラネイ:マイケル・ヴァルタン
エミリオ・レストレポ:クリフ・カーティス
ドン・ルイス・サンドヴァル:ベトー・ベニテス
スティーヴ・リチャード:カラム・ブルー
ウォーレン連邦保安官:グレアム・マクタヴィッシュ

フランス/アメリカ 映画
配給
トライスター・ピクチャーズ

Stage 6 Films(世界)
EuropaCorp. Distribution
2011年製作 108分
公開
フランス:2011年7月27日
北米:2011年8月26日
日本:2012年9月1日
製作費 $40,000,000
北米興行収入 $36,665,850
世界 $60,965,850


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1992年、コロンビア
9歳のカトレア・レストレポ(アマンドラ・ステンバーグ)は、麻薬組織の幹部である父親に、自分達に何かあった場合、シカゴの叔父を訪ねるようにと言われ、メモリーとお守りだといって”カトレア”のペンダントを渡される。

両親はその場を去り、現れた組織のマルコ(ジョルディ・モリャ)は、麻薬王ドン・ルイス・サンドヴァル(ベトー・ベニテス)のものを返して欲しいことをカトレアに伝える。

カトレアは、テーブルの下に隠してあったナイフでマルコの手を刺して窓から脱出する。

その場を逃れたカトレアは、マルコらの追跡を振り切りアメリカ大使館に向かう。

父親から渡されたカードを見せたカトレアは大使館に案内され、飲み込んでいたメモリーを吐き出して職員に渡す。

それは組織の情報であり、それが、殺された父親から渡された”パスポート”だとカトレアは語る。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1992年、コロンビア
麻薬組織の幹部である父親そして母親を麻薬王ドン・ルイスに殺された9歳の少女カトレアは逃亡する。
アメリカ大使館に保護されマイアミに向かい、単独で叔父エミリオの住むシカゴに向かったカトレアは、殺し屋になることを決断する。
15年後、成長して殺し屋となったカトレアは、エミリオの指示により、プロの犯罪者を殺害していた。
カトレアは、コロンビアの花”カトレア”の絵を殺害した者に残し、復讐へのメッセージを伝えようとする。
FBI捜査官ロスが事件を捜査し始める中、CIAと関係するドン・ルイスは、カトレアが連続殺人犯であることに気づき、彼女を殺害するために、部下マルコをアメリカに派遣する・・・。
__________

リュック・ベッソンの映画会社”ヨーロッパ・コープ”が、監督のオリヴィエ・メガトンをはじめ、「96時間/リベンジ」(2012)のスタッフで製作した作品。

リュック・ベッソン自身の監督作「ニキータ」(1990)と「レオン」(1994)へのオマージュ的な作品であると誰もが思うだろう。

無駄を省いた軽快且つシャープな展開、娯楽性の高いアクションに加え、家族を失った者の悲しみや、孤独な戦いの末の虚しさなども描かれている。

線は細いが精神力の強さが感じられ、並外れた運動能力、人間離れした行動でターゲットを仕留める、セクシーでクールなゾーイ・サルダナの魅力が生かされた作品でもある。

コロンビアの麻薬組織の幹部ジョルディ・モリャ、主人公を追うFBI捜査官のレニー・ジェームズ、主人公の少女期アマンドラ・ステンバーグ、主人公の恋人マイケル・ヴァルタン、主人公の叔父を印象深く演ずるクリフ・カーティス、麻薬王ベトー・ベニテス、彼と関係するCIAカラム・ブルー連邦保安官グレアム・マクタヴィッシュなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020