4237 Movies

チャーリーとチョコレート工場 Charlie and the Chocolate Factory (2005)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1964年に発表された、ロアルド・ダール同名小説を基に製作された作品で、1971年公開のジーン・ワイルダー主演「夢のチョコレート工場」以来となる2度目の映画化。
謎のチョコレート工場主で選ばれた5人の子供達の不思議な体験を描く、ティム・バートンジョニー・デップ・コンビによる奇想天外なファンタジー・コメディ超大作。


ファンタジー

ティム・バートン / Tim Burton 作品一覧
ジョニー・デップ / Johnny Depp 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ティム・バートン
製作総指揮
パトリック・マコーミック
フェリシティー・ダール
マイケル・シーゲル
グレアム・パーク
ブルース・バーマン
製作
ブラッド・グレイ
リチャード・D・ザナック
原作:ロアルド・ダール
脚本:ジョン・オーガスト
撮影:フィリップ・ルースロ
編集:クリス・レベンゾン
衣装デザイン:ガブリエラ・パスクッチ
音楽:ダニー・エルフマン

出演
ウィリー・ウォンカ:ジョニー・デップ
チャーリー・バケット:フレディ・ハイモア
ジョー:デイビット・ケリー
バケット夫人:ヘレナ・ボナム=カーター
バケット:ノア・テイラー
ボーレガード夫人:ミッシー・パイル
ソルト:ジェームズ・フォックス
ティービー:アダム・ゴドリー
グループ夫人:フランツィスカ・トローグナー
ウンパ・ルンパ:ディープ・ロイ
ウィルバー・ウォンカ:クリストファー・リー
バイオレット・ボーレガード:アナソフィア・ロブ
ベルーカ・ソルト:ジュリア・ウィンター
マイク・ティービー:ジョーダン・フライ
オーガスタス・グループ:フィリップ・ウィーグラッツ
ジョージーナ:リズ・スミス
ジョゼフィーン:アイリーン・エッセル
ジョージ:ディビット・モリス
ナレーション:ジェフリー・ホールダー

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2005年製作 115分
公開
北米:2005年7月15日
日本:2005年9月10日
製作費 $150,000,000
北米興行収入 $206,456,430
世界 $474,968,760


アカデミー賞 ■
第78回アカデミー賞
・ノミネート
衣装デザイン賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ごく普通の少年チャーリー・バケット(フレディ・ハイモア)は、お金も地位もない上に、食べ物にも困るほど貧しい家族、両親(ノア・テイラー/ヘレナ・ボナム=カーター)と、父方の祖父母(デイビット・ケリー/アイリーン・エッセル)と、母方の祖父母(ディビット・モリス/リズ・スミス)とで仲良く暮らしていた。

チャーリーの住む町には、チョコレート作りの天才ウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)という人物がいて、15年前に世界最大の工場を作った。

しかし、ウォンカを妬む者がスパイを送り込み、レシピが盗まれてしまい、工場は永久に閉鎖されてしまう。

ある日ウォンカは、5人の子供を工場に招待し、その内の一人に特別賞を与えることを発表する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
少年チャーリー・バケットは、両親とその祖父母と共に貧しい生活を送っていた。
ある日、チャーリーの住む町の、閉鎖されていた、世界最大のチョコレート工場の経営者ウィリー・ウォンカは、5人の子供を工場に招待し、その内の一人に特別賞を与えることを発表する。
世界中の子供や人々は、ウォンカ・チョコに入った”ゴールデンチケット”を手に入れようとする。
食いしん坊少年や、わがままな富豪令嬢などがチケットを手に入れるが、チャーリーがそれを手に入れるのは、間違いなく不可能だった。
誕生日にしか買ってもらえないチョコレートや、チャーリーを気の毒に思った祖父が買ってあげたものの中にも、チケットは入っていなかった。
そんな時チャーリーは、道で拾ったお金で買ったチョコレートで、チケットを手に入れることができる。
家族のために、チケットを売ることまでを考えるチャーリーだったが、祖父に励まされて工場に向かう。
そしてチャーリーは、ウォンカに案内され、選ばれた子供達と共に、不思議な世界が広がる工場内で、思い通り、好きなことをすることを許されるのだが・・・。
__________

ティム・バートン独特の色彩感覚を使った映像美や、彼らしい奇抜なアイデア満載で、子供から大人まで楽しめる、第一級の娯楽作品。

オズの魔法使」(1939)を彷彿させる、お伽の国のような美しい工場内の映像が、対照的な外界のモノトーン調の映像を際立たせている。
この手法は、同じティム・バートンの「スウィーニー・トッド」(2007)などにも受け継がれて、「シザー・ハンズ」(1990)、または「スリーピー・ホロウ」(1999)にも通じるところがある。

2001年宇宙の旅」(1968)、「サイコ」(1960)などのパロディも登場する。

ドラマで登場する”ウォンカバー”は、ネスレから実際に販売され、スーパーなどで見かけた方も多いはずだ。

巨額の製作費(1億5000万ドル)をかけた大作で、北米で約2億ドル、全世界では約4億7500万ドルの興行収入を記録する大ヒットとなった。

第78回アカデミー賞では、衣装デザイン賞にノミネートされた。

ティム・バートン作品ではお馴染みの、ダニー・エルフマンの幻想的な音楽は、今回も効果をあげている。

事業では成功したものの、幼少期に父親から受けた虐待に近い躾により、”家族”の温かさを知らない、道化のような愉快なキャラクターを怪演するジョニー・デップは、実に奇妙で可笑しい。

撮影当時12歳には見えない、幼さが残るもう一人の主役フレディ・ハイモアの、家族思いの健気な少年役も印象に残る。

その孫を温かく見守る祖父デイビット・ケリー、貧しいながらも愛情あふれる両親ヘレナ・ボナム=カーターノア・テイラー、娘の言いなりになる実業家ジェームズ・フォックス、強烈なキャラクターのウンパ・ルンパ役のディープ・ロイ、厳格なウォンカの父親、クライマックスの息子との和解が涙を誘う、大ベテランのクリストファー・リー、賞取り少女アナソフィア・ロブ、わがまま娘ジュリア・ウィンター、生意気なゲーマーのジョーダン・フライ、そして食いしん坊のフィリップ・ウィーグラッツら、個性豊かな子供達の熱演もみものだ。

また、ナレーションは、「007/死ぬのは奴らだ」(1973)などのジェフリー・ホールダーが担当している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020