4256 Movies

カレンダー・ガールズ Calendar Girls (2003)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1999年、白血病治療の研究の寄付金を集めるために、ヌード・カレンダーのモデルとなった女性達の実話を基に製作された作品。
親友の夫が白血病で亡くなったために、彼の名前入りのソファーを病院に寄付しようと立ち上がった女性達が、ヌード・カレンダーのモデルになって奮闘する姿を描く、主演ヘレン・ミレンジュリー・ウォルターズキアラン・ハインズ他共演、監督ナイジェル・コールによる痛快ウーマンパワー・コメディ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■
監督:ナイジェル・コール
製作
ニック・バートン

スザンヌ・マッキー
脚本
ティム・ファース

ジュリエット・トウィディ
撮影:アシュレイ・ロウ
編集:マイケル・パーカー
音楽:パトリック・ドイル

出演
クリス・ハーパー:ヘレン・ミレン

アニー・クラーク:ジュリー・ウォルターズ
ルース・レイノルドソン:ペネロープ・ウィルトン
ジェシー:アネット・クロスビー
マリー:ジェラルヂン・ジェームズ
シーリア:シーリア・イムリー
コーラ:リンダ・バセット
ロッド・ハーパー:キアラン・ハインズ
ローレンス・サーティン:フィリップ・グレニスター
ジョン・クラーク:ジョン・アルダートン
エディ・レイノルドソン:ジョージ・コスティガン
ジェム・ハーパー:ジョン=ポール・マクレオド
本人:ジェイ・レノ

イギリス 映画
配給
タッチストーン・ピクチャーズ

ブエナビスタ
2003年製作 108分
公開
イギリス:2003年9月5日
北米:2003年12月19日
日本:2004年5月29日
製作費 $10,000,000
北米興行収入 $31,011,620
世界 $96,542,060


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
イングランドヨークシャー
田舎町ネイプリーでは、地元の”女性連盟”なる婦人会が毎月開かれていた。

そのメンバーで、親友同士のクリス・ハーパー(ヘレン・ミレン)とアニー・クラーク(ジュリー・ウォルターズ)は、集会の内容にいささか退屈していた。

そんな時、アニーの夫ジョン(ジョン・アルダートン)が、白血病だと分かり、アニーとクリスは、彼に普通に接しようと努める。

町の品評会で、市販のケーキを出展して賞を受賞してしまったクリスは、夫ロッド(キアラン・ハインズ)、アニーやジョンらと、その件で大いに盛り上がる。

その後、ジョンの容態は悪化し、彼は他界し、アニーはクリスらに支えられながら葬儀を済ませる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
イングランドヨークシャー
田舎町ネイプリーでは、女性連盟が月に一回開かれていたが、そのメンバーのクリス・ハーパーは、親友アニーと共に内容に退屈していた。
そんな時、アニーの夫ジョンが、白血病を患い他界してしまう。
やがて、連盟ではカレンダーを作る時期になり、クリスは、ジョンの名前衣入りのソファーを病院に贈るためにある案を考える。
カレンダーを売ってその資金を集めようと考えたクリスは、自分達がヌード・モデルとなるというインパクトのある計画を提案する。
アニーもそれに協力し、中老年女性のメンバーは、その準備を始める。
しかし、品位を欠く行動と判断した連盟支部長のマリーは、それに難色を示す。
それでも、その企画をやり遂げる覚悟のクリスらは、いよいよ撮影の日を迎えるのだが・・・。
__________

カレンダーは大反響を呼び、実際に30万部も売り上げたという驚きの事実を考えながら観ると、また楽しさも一層だ。

物語は、純然たるコメディとして始まるのだが、カレンダー計画が成功してマスコミ・ネタになり、ハリウッドにまで進出するあたりから、暴走気味のメンバー、そしてリーダーの、家族問題や友情も含めたヒューマン・ドラマ的に描かれている。

カレンダー・メンバーの、屈託のない明るさが何んとも微笑ましい描写で描かれ、差し詰め女性版「フル・モンティ」(1997)だと、誰もが思ったのではないだろうか。

固いイメージの婦人会連名で起きた出来事だというところには驚きだが、どぎついジョークが、日本人の想像を超える場合がある、イギリス人気質を考えると納得もできる。

興行収入は、全世界で1億ドルに迫るヒットとなった。

そのバイタリティで、メンバーを引っ張るリーダーを熱演するヘレン・ミレン、その親友として、彼女をうまくコントロールするジュリー・ウォルターズ、他、勇気あるカレンダーのメンバー、ペネロープ・ウィルトンアネット・クロスビーシーリア・イムリーリンダ・バセット、主人公を支える良き夫のキアラン・ハインズ、息子のジョン=ポール・マクレオド、婦人連盟支部長役のジェラルヂン・ジェームズ、アマチュア写真家役のフィリップ・グレニスター、アニー(J・ウォルターズ)の夫ジョン・アルダートン、ルース(P・ウィルトン)の夫ジョージ・コスティガン、そして、本人役でジェイ・レノも登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020