4214 Movies

ケーブルガイ The Cable Guy (1996)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ケーブル・テレビを申込んだ青年が、その設置工のケーブルガイに”友人”として付きまとわれる騒動を描く、監督、出演ベン・スティラー、主演ジム・キャリーマシュー・ブロデリックレスリー・マンジャック・ブラックオーウェン・ウィルソンジョージ・シーガル他共演の爆笑コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ベン・スティラー
製作総指揮
ブラッド・グレイ

バーリン・ブリスタイン
マーク・ガーヴィッツ
製作
アンドリュー・リクト
ジェフリー・ミュラー
ジャド・アパトー

脚本:ルー・ホルツJr.
撮影:ロバート・ブリンクマン

編集:スティーヴン・ワイズバーグ
音楽:ジョン・オットマン

出演
ケーブルガイ/アーニー”チップ”ダグラス/ラリー・テイト/リッキー・リカルド:ジム・キャリー

スティーヴン・M・コヴァック:マシュー・ブロデリック
ロビン・ハリス:レスリー・マン
リック・レガトス:ジャック・ブラック
コヴァック:ジョージ・シーガル
コヴァック夫人:ダイアン・ベイカー
サム/スタン・スウィート:ベン・スティラー
本人:エリック・ロバーツ
スティーヴンの上司:ハリー・オライリー
スティーヴンの秘書:エイミー・スティラー
ロビンのデート相手:オーウェン・ウィルソン
レストランのショーのホスト:アンディ・ディック
レストランのウェイトレス/メリンダ:ジャニーン・ガラファロー
警官:チャールズ・ネイピア

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1996年製作 96分
公開
北米:1996年6月14日
日本:1996年10月13日
製作費 $47,000,000
北米興行収入 $60,240,300
世界 $102,825,800


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
不動産会社勤務のスティーヴン・コヴァックス(マシュー・ブロデリック)は、同棲していた恋人ロビン・ハリス(レスリー・マン)と喧嘩をして独り暮らしを始める。

早速ケーブル・テレビに加入したスティーヴンだったが、ケーブルガイは現れず、テレビ局のカメラマンで親友のリック・レガトス(ジャック・ブラック)に電話をして愚痴をこぼす。

4時間待って痺れを切らしたスティーヴンは、シャワーを浴びようとするが、そんな時にケーブルガイ、アーニー”チップ”ダグラス(ジム・キャリー)が現れる。

風変わりなチップは仕事を始め、テレビは映すようになり、彼はスティーヴンのサインをもらって帰ろうとする。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
転居先でケーブル・テレビを申し込んだ青年スティーヴン・コヴァックは、現れた風変わりなケーブルガイのアーニー”チップ”ダグラスに誘われる。
スティーヴンは、同棲していたロビンと喧嘩をしたために転居したのだが、彼を友達にするためにチップは付きまとい始める。
人の好いスティーヴンは、仕方なくチップに付き合うのだが、彼の行動は次第にエスカレートしていく。
ロビンにも接近したチップは、彼女が他の相手とデートするのを妨害し、スティーヴンと寄りを戻させる。
しかし、そのために友達関係をスティーヴンに解消されたチップはショックを受け、彼に嫌がらせを始めるのだが・・・。
__________

本編でも双子の犯罪者としてテレビ映像だけで登場する、人気スターになる以前でもあるベン・スティラーの監督作品であり、飛ぶ鳥も落とす勢いのジム・キャリーが主演ということで、大いに話題になった。

ジム・キャリー主演ということで期待は大きかったのだが、観客にはそれほど受けずに、軒並み大ヒットを続けていた彼の作品にしては、興行的にやや寂しい結果に終わった。
とは言え、北米で約6000万ドル、全世界では1億ドルを超す結果を残し、これが並以下と判断されるところが彼の凄さでもある。

評判は良くなかったものの、ジム・キャリーは彼らしい個性を十分に発揮して熱演し大いに笑わせてくれる。

彼に翻弄される気のいい青年マシュー・ブロデリック、その恋人で、翌年、本作の製作者ジャド・アパトーと結婚するレスリー・マン、スティーヴン(M・ブロデリック)の友人ジャック・ブラック、スティーヴンの両親役のジョージ・シーガルダイアン・ベイカー、双子の犯罪者ベン・スティラー、それをモデルにした映画の主演予定のスターでエリック・ロバーツ本人、スティーヴンの上司ハリー・オライリー、秘書でB・スティラーの実の姉エイミー・スティラー、ロビン(L・マン)のデート相手でデビュー間もないオーウェン・ウィルソン、レストランのショーの進行役アンディ・ディック、ウエイトレス役のジャニーン・ガラファロー、警官のチャールズ・ネイピアなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020