4907 Movies

銀色の月明かりの下で By the Light of the Silvery Moon (1953)

1951年に公開されたヒット作「ムーンライト・ベイ」の続編。
銀行家一家が巻き起こす騒動と婚約している男女に生じる問題を描く、監督デヴィッド・バトラー、主演ドリス・デイゴードン・マクレービリー・グレイレオン・エイムズローズマリー・デキャンプメアリー・ウィックス他共演のミュージカル・コメディ。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ドラマ(ミュージカル)

ドリス・デイ / Doris Day / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:デヴィッド・バトラー

製作:ウィリアム・ジェイコブス
原作:ブース・ターキントンPenrod
脚本
アーヴィング・エリンソン
ロバート・オブライエン
撮影:ウィルフリッド・M・クライン
編集:アイリーン・モラ
音楽
ガス・エドワーズ
マックス・スタイナー

出演
マージョリー・ウィンフィールド:ドリス・デイ
ウィリアム”ビル”シャーマン:ゴードン・マクレー
ウェズリー・ウィンフィールド:ビリー・グレイ
ジョージ・ワズワース・ウィンフィールド:レオン・エイムズ
アリス・ウィンフィールド:ローズマリー・デキャンプ
ステラ:メアリー・ウィックス
チェスター・フィンリー:ラッセル・アームズ
ルネ・ラルー:マリア・パーマー
ジョン・H・ハリス:ハワード・ウェンデル
ロナルド”ピーウィー”ハリス:ウォルター・フラナリー

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1953年製作 101分
公開
北米:1953年3月26日
日本:未公開
北米興行収入 $2,125,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
第一次世界大戦後、インディアナ州。
銀行の副頭取で町興し運動の責任者であるジョージ・ワズワース・ウィンフィールド(レオン・エイムズ)は、妻アリス(ローズマリー・デキャンプ)、野球から車いじりに熱中し始めた娘マージョリー(ドリス・デイ)、弟でやんちゃなイタズラっ子ウェズリー(ビリー・グレイ)、そして家政婦のステラ(メアリー・ウィックス)と共に平穏に暮らしていた。

マージョリーは、戦地から戻る隣人のウィリアム”ビル”シャーマン(ゴードン・マクレー)と婚約していた。

ウェズリーは、愛犬マックスと共に七面鳥のグレゴリーも可愛がっていた。

新聞でビルが帰郷することを知ったジョージは、彼がマージョリーと結婚する日を楽しみにいていた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
第一次世界大戦後、インディアナ州。
野球から車いじりに趣味が変わったマージョリー・ウィンフィールドは、銀行の副頭取の父ジョージ、母アリス、イタズラっ子の弟ウェズリー、家政婦のステラと共に平穏な日々を送っていた。
そんなマージョリーは、婚約者のビルが戦地から戻ったことを喜び、ようやく結婚できると思う。
ところが、生活の基盤を作ることを優先したビルは、結婚式を延期することをマージョリーに伝える。
マージョリーは一応納得し、ビルはジョージの銀行で働くことになり、2人が結婚できる日も近いと思われたが、家族の中で思わぬ問題が生じてしまう・・・。
__________

ブース・ターキントンの著書”Penrod”を基に製作され、1951年に公開されたヒット作「ムーンライト・ベイ」の続編。

監督はロイ・デル・ルースからデヴィッド・バトラーに代わり、第一次世界大戦後を舞台に、銀行家一家が巻き起こす騒動と、婚約している男女に生じる問題を描くミュージカル・コメディ。

前作を上回るトラブル続出の内容は実に愉快で、本作のタイトルにもなっている、ガス・エドワーズが作曲した”バイ・ザ・ライト・オブ・ザ・シルヴァリー・ムーン”他も効果的に挿入され、前作同様に評価も高くヒットした作品。

主人公家族の”危機”が描かれる中で、前作以上の活躍を見せる息子役のビリー・グレイの熱演が見どころの作品。
息子が想像力を発展させ過ぎたために起きるトラブルが解決し、すべてが丸く収まり、家族が幸せを実感する様子で終わるラストもいい。

主演のドリス・デイは、結婚の延期と父の”浮気”問題で頭を悩ませる主人公を魅力的に演じ、もちろん見事な歌声も披露してくれる。

戦地から戻るものの、生活の基盤を作るまで主人公と結婚する気になれず問題になるゴードン・マクレー、主人公の弟で、トラブルメーカーとして前作以上に大活躍するビリー・グレイ、その父親で、誤解され浮気問題に巻き込まれるレオン・エイムズ、その妻ローズマリー・デキャンプ、一家の家政婦を愉快に演ずるメアリー・ウィックス、主人公に惹かれるピアノ教師のラッセル・アームズ、主人公の父親との浮気を疑われるフランス人女優マリア・パーマー、銀行の頭取ハワード・ウェンデル、その息子ウォルター・フラナリーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022