4238 Movies

バス停留所 Bus Stop (1956)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

ウィリアム・インジの二つの舞台劇、”People in the Wind ”と”Bus Stop”を、カンサス州のトンガノクシーの人々に会った際の彼の体験談を基に脚色して映画化された作品。
そのウィリアム・インジと前年「ピクニック」で組んだ、監督ジョシュア・ローガンの意欲作。
酒場の女と無鉄砲な田舎育ちの青年の恋を描く、主演のマリリン・モンローの演技が高く評価された、ドン・マレーアーサー・オコンネルベティ・フィールド共演の恋愛ドラマ。


ドラマ(ロマンス)

マリリン・モンロー / Marilyn Monro / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ジョシュア・ローガン
製作:バディ・アドラー
原作:ウィリアム・インジ
脚本:ジョージ・アクセルロッド
撮影:ミルトン・クラスナー

編集:ウィリアム・H・レイノルズ
音楽:アルフレッド・ニューマン

出演
マリリン・モンロー:シェリー
ドン・マレー:ボーデガード”ボー”デッカー
アーサー・オコンネル:ヴァージル・ブレッシング
ベティ・フィールド:グレース
ロバート・ブレイ:カール
アイリーン・ヘッカート:ヴェラ
ホープ・ラング:エルマ・ダックワース

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1956年製作 94分
公開
北米:1956年8月31日
日本:1956年11月21日


アカデミー賞 ■
第29回アカデミー賞
・ノミネート
助演男優賞(ドン・マレー)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
モンタナ
牧場で育ったボーデガード”ボー”デッカー(ドン・マレー)は、21歳になるまで、その土地から一歩も出たことがない田舎者だった。

ボーは、アリゾナフェニックスで行なわれるロデオ大会に参加するため、相棒のヴァージル・ブレッシング(アーサー・オコンネル)と、生まれて初めて旅に出ることになる。

ヴァージルに、そろそろ”女”を手に入れろと発破を掛けられながら、ボーは乗合バスに乗りフェニックスに向かう。

ボーは、自分だけの”エンジェル(天使)”を、野生馬をねじ伏せるように捕まえてみせると、ヴァージルに自信を示すのだが、現実を見て学べと助言される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ウィリアム・インジの二つの舞台劇、”People in the Wind ”と”Bus Stop”を、カンサス州のトンガノクシーの人々に会った時の、彼の体験談を基に脚色して映画化された作品。
そのウィリアム・インジと前年「ピクニック」で組んだ、監督ジョシュア・ローガンの意欲作。

* (簡略ストーリー)
モンタナの牧場からロデオ大会出場のため、生まれて初めて旅に出た、破天荒な青年ボーは、気のいい相棒のヴァージルとフェニックスへ向かう。
そろそろ女を見つけろと、ヴァージルに助言されたボーは、フェニックスの酒場で、歌手シェリーに一目惚れしてしまう。
礼儀知らずで一本気なボーは、シェリーの同意を得ずに結婚を決め、彼女をモンタナに連れて行こうとする。
しかし、女心などを気にせず、強引に事を進めるボーを見て、ヴァージルや周囲がストップをかける。
失意の内にシェリーを諦めたボーだったが、誠意を見せた彼の気持ちが、彼女にも伝わり始める・・・。
__________

世間知らずの田舎者の荒くれ男と節度のある相棒、酒場の売れない歌手に、気の強いレストランの女主人、正義感のあるバスの運転手や地味な女性など、多くの魅力ある登場人物を、見事に使い分けて個性を生かす、ジョシュア・ローガンの演出は、正に舞台出身監督らしい技量が窺える。

第29回アカデミー賞では、ドン・マレーが助演男優賞にノミネートされた。

テンポの良い、アルフレッド・ニューマンの音楽も軽快で心地よい。

演技に目覚め、アクターズスタジオで修行を積んだマリリン・モンローの熱演は出色だ。

既に精神の安定を欠き、トラブル続きの彼女だったが、本作の演技は批評家にも絶賛された。

演技はもとより、その愛くるしい表情は、信じ難い程の美しさだ。

デビュー作にしてアカデミー助演賞候補にもなり、とてつもない能天気な男を演じたドン・マレーの愛すべきキャラクターは、呆れ果てるほどでもあるが、実にアメリカ人らしく痛快だ。

朝食に、生肉のハンバーガー3個食べて、2Lはありそうな牛乳を一気飲みするシーンが特に印象的だ。

相棒アーサー・オコンネルも、息子のような相棒の行き過ぎを制御する役を好演している。

ドン・マレーの役が強烈過ぎる中で、一息つかせてくれるバス停留所の女主人ベティ・フィールドと地味なホープ・ラング、また良識ある頼もしいバスの運転手ロバート・ブレイもなかなかいい味を出している。

同じ年の「傷だらけの栄光」(1956)で、シリアスな演技を見せてくれた、アイリーン・ヘッカートが、モンローの同僚の役をユーモラスに演じているのも注目だ。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020