4214 Movies

ブレイブハート Braveheart (1995)

  •  
  •  
  • 30
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

実力派アクションスター、メル・ギブソンが製作、監督、主演した意欲作。
イングランドの侵略に抵抗したスコットランド独立の英雄ウィリアム・ウォレスの誇りを懸けた戦いを描く、ソフィー・マルソーパトリック・マクグーハンブレンダン・グリーソンブライアン・コックス他共演によるロマンスとアクションを合わせ持った歴史劇の超大作。


ドラマ(歴史劇)


スタッフ キャスト ■
監督:メル・ギブソン
製作
アラン・ラッドjr.
ブルース・デイヴィ
メル・ギブソン
脚本:ランドール・ウォレス
撮影:ジョン・トール
編集:スティーヴン・ローゼンブラム
衣装デザイン:チャールズ・ノード

音楽:ジェームズ・ホーナー

出演
メル・ギブソンウィリアム・ウォレス
ソフィー・マルソーイザベラ
パトリック・マクグーハンエドワード1世
キャサリン・マッコーマック:ミューロン・マククラノー
ブレンダン・グリーソン:ハミッシュ・キャンベル
アンガス・マクファーデンロバート1世/ロバート・ブルース

ピーター・ハンリーエドワード王子
トミー・フラナガン:モリソン
デヴィッド・オハラ:スティーブン
アラン・アームストロング:モーネイ
イアン・バネン第6代アナンデイル卿ロバート・ドゥ・ブルース

ブライアン・コックス:アーガイル・ウォレス

アメリカ 映画
配給
20世紀FOX(世界)
パラマウント・ピクチャーズ(北米)
1995年製作 177分
公開
北米:1995年5月24日
日本:1995年10月14日
製作費 $53,000,000
北米興行収入 $75,609,950
世界 $210,409,950


アカデミー賞 ■
第68回アカデミー賞
・受賞
作品・監督・撮影・メイクアップ・音響編集賞
・ノミネート
脚本・編集・作曲・衣装デザイン・録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1280年、スコットランド
少年ウィリアム・ウォレスは、残虐で冷酷なイングランドエドワード1世(パトリック・マクグーハン)の侵略で、家族を失う。

その後ウォレスは、叔父のアーガイル・ウォレス(ブライアン・コックス)に引き取られる。

ロンドン
エドワード1世は、王位継承者のエドワード王子(ピーター・ハンリー)のために、敵国フランスの王女イザベラ(ソフィー・マルソー)を皇太子妃に迎える。

国王は、スコットランドの貴族を支配する目的で、領地内で結婚の決まった花嫁を領主が奪い取る、“初夜権”という悪法を制定する。

成長したウォレス(メル・ギブソン)は故郷に帰り、親友のハミッシュ・キャンベル(ブレンダン・グリーソン)と再会して、手荒い歓迎を受けながら友情を確かめ合う。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1280年、スコットランド
残虐で冷酷なイングランドエドワード1世の侵略により、家族を失ったウィリアム・ウォレスは、叔父の元で逞しく成長して故郷に戻る。
その後ウォレスは、幼馴染のミューロンと恋に落ち、愛し合うようになる。
その頃エドワード1世は、王位継承者のエドワード王子のために、敵国フランスの王女イザベラを皇太子妃として迎える。
国王は、スコットランドの貴族を支配する目的で、領地内の花嫁を、地主が奪い取るという悪法の“初夜権”制定する。
そのため、ウォレスとミューロンは、村人には秘密にして、二人だけの結婚式を挙げてしまう。
しかし、ミューロンはイングランドの兵士に襲われて、領主に殺されてしまう。
怒りを抑えきれないウォレスは、農民になろうとしていた気持ちを捨て、イングランド兵に襲い掛かり敵を倒し、救世主と呼ばれるようになる。
その後、ウォレスは、巨大な反乱軍を指揮するようになり、イングランドの脅威となる。
エドワード1世は、それを撃滅させるために、大軍をスコットランドに送り、ついに戦いは始まる・・・。
__________

第68回アカデミー賞では、作品、監督、撮影、メイクアップ、音響編集賞を受賞し、メル・ギブソンは、映画作家としても高い評価を受けることになる。
・ノミネート
脚本・編集・作曲・衣装デザイン・録音賞

イングランドだけでなく、自国の腐りきった貴族達から”自由”を勝ち取るために、多くの犠牲を払いながら勇敢に戦った、農民を中心にしたスコットランド国民達を力強く描いた見応えのある作品。

北米興行収入は約7600万ドルに留まるものの、全世界トータルでは、約2億1000万ドルのヒットとなった。

スコットランド独立の英雄で、ウィリアム・ウォレスを扱った作品であるものの、ドラマチックに描くために、事実とは違う内容も多くある。

例えば、後半の大きなテーマ、ウォレスイザベラのロマンス、さらにイザベラウォレスの子供を身篭っていたというのは、親子ほどの年齢差もあり、面識のないはずの二人なので、全く事実に反するドラマ用の脚色だ。

スコットランドや特にアイルランドで行われたロケは素晴らしい効果を上げている。
美しい野山がスクリーンに映える。

その雄大で見事な映像と共に、ジェームズ・ホーナーの流れるようなテーマ曲も素晴らしい。

また、公開当時から、1990年代後半にかけて巻き起こる、スコットランドイギリスからの独立という風潮に、少なからずも、影響を与えた作品とも言える。

メル・ギブソンは、英雄を熱演しているものの、その演技は、いつものアクション作品と、それほど代わり映えしない。
しかし、重厚なテーマの作品の監督と兼任ということを考えると、やはり高く評価したい。

約3時間の上映時間の中で、後半出番 が多くなるが、彼女の出演に期待してみていると、やや物足りない感じを受けるソフィー・マルソーだが、透き通るような美しさは、ドラマにアクセントを加えている。

残虐で卑劣なエドワード1世を好演するパトリック・マクグーハン、ラストで、亡くなったウォレスを天から迎えに来る妻役のキャサリン・マッコーマックウォレスの頼もしい右腕ブレンダン・グリーソンウォレスの意志を継ぐ国王ロバート1世アンガス・マクファーデン、その父親で、息子を国王にするためにウォレスを陥れるイアン・バネンウォレスと共に戦う戦士達のデヴィッド・オハラトミー・フラナガンエドワード王子のピーター・ハンリー、貴族アラン・アームストロング、これ以後、ハリウッドで活躍を始めるブライアン・コックスも、ウォレスの叔父役で出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020