4213 Movies

ブギーナイツ Boogie Nights (1997)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1970~80年代のポルノ映画業界に身を置く者達の生きざまを描く、製作、監督、脚本ポール・トーマス・アンダーソン、主演マーク・ウォルバーグバート・レイノルズジュリアン・ムーアウィリアム・H・メイシーヘザー・グレアムジョン・C・ライリードン・チードルフィリップ・シーモア・ホフマン他共演の群像劇。


ドラマ

ジュリアン・ムーア / Julianne Moore / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ポール・トーマス・アンダーソン
製作
ポール・トーマス・アンダーソン

ロイド・レヴィン
ジョン・S・ライオンズ
ジョアンヌ・セラー
製作総指揮:ローレンス・ゴードン
脚本:ポール・トーマス・アンダーソン
撮影:ロバート・エルスウィット
編集:ディラン・ティチェナー
音楽:マイケル・ペン

出演
エディ・アダムス/ダーク・ディグラー:マーク・ウォルバーグ

ジャック・ホーナー:バート・レイノルズ
マギー”アンバー・ウェイブス”:ジュリアン・ムーア
”リトル”ビル・トンプソン:ウィリアム・H・メイシー
ブランディ”ローラーガール”:ヘザー・グレアム
リード・ロスチャイルド:ジョン・C・ライリー
バック・スウォープ:ドン・チードル
スコティJ.:フィリップ・シーモア・ホフマン

モーリス・T・ロドリゲス:ルイス・ガスマン
トッド・パーカー:トーマス・ジェーン
ジェシー・セント・ヴィンセント:メローラ・ウォルターズ
フロイド・ゴンドーリ:フィリップ・ベイカー・ホール
ジェームズ大佐:ロバート・リッジリー
カート・ロングジョン:リッキー・ジェイ
ベッキー・バーネット:ニコール・アリ・パーカー
リトル・ビルの妻:ニナ・ハートレー
エディの母親:ジョアンナ・グリーソン
ジェローム:マイケル・ジェイス
ラハド・ジャクソン:アルフレッド・モリーナ
シェリル・リン:ローレル・ホロマン

アメリカ 映画
配給 ニュー・ライン・シネマ

1997年製作 155分
公開
北米:1997年10月10日
日本:1998年10月10日
製作費 $15,000,000
北米興行収入 $26,384,920
世界 $43,101,590


アカデミー賞 ■
第70回アカデミー賞
・ノミネート
助演男優(バート・レイノルズ)
助演女優(ジュリアン・ムーア)
脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1977年、ロサンゼルス郊外、サン・フェルナンド・ヴァレー
あるクラブの雑用係エディ・アダムス(マーク・ウォルバーグ)は、ポルノ映画監督ジャック・ホーナー(バート・レイノルズ)が店にいることに気づく。

モーリス・T・ロドリゲス(ルイス・ガスマン)のクラブの馴染み客のジャックは、女優マギー”アンバー・ウェイブス”(ジュリアン・ムーア)と席に着いたのだが、エディが気になり厨房に向かう。

エディの巨根に目をつけたジャックは、業界に誘おうと声をかける。

ジャックの助手であるビル・トンプソン(ウィリアム・H・メイシー)は帰宅し、妻(ニナ・ハートレー)が男と愛し合っている現場を見ても何も言えない。

トーランス
高校を退学した17歳のエディは、父親とアルコール依存症の母親(ジョアンナ・グリーソン)とで暮らしていた。

エディと同じクラブでバイトをする高校生のブランディ(ヘザー・グレアム)は、試験の最中、クラスメイトにからかわれて教室を出てしまう。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1977年、
ロサンゼルス郊外、サン・フェルナンド・ヴァレー
高校を退学した17歳のエディ・アダムスは、ポルノ映画監督のジャック・ホーナーにその巨根を気に入られて業界入りを誘われる。
家族に対し不満を抱くエディは、成功する夢を果たそうとポルノ・スターになることを決心する。
ジャックや女優のアンバー、高校生のブランディ、スタッフ仲間達と共に映画製作を始めたエディは、”ダーク・ディグラー”という芸名で活躍を始めて瞬く間にスターとなる。
ところが、富や名声を得たダークはドラッグに溺れ、新人の出現に苛立ち、ジャックと対立してその世界から離れてしまう。
その後、落ちぶれたダークは、俳優仲間のリードや友人トッドと共に、ドラッグを手に入れるためだけの惨めな生活を続ける・・・。
__________

前年の「ハード・エイト」(1996)で、長編デビューして高い評価を受けたポール・トーマス・アンダーソンが、二作目にして放った衝撃の問題作。

1970年代から80年代にかけた、映画でのポルノ産業の内幕もので、異質な雰囲気の世界の中でもプライドを持った者の心意気を描きながら、例外なく訪れる、考えの浅い未熟な若者の堕落する姿を切実に描く作品。

脚本も担当する、まだ20代のポール・トーマス・アンダーソンの、計り知れない才能と感性には驚きで、彼の演出は各方面で絶賛された。

独特の世界観というよりも、業界内で様々な役目をこなす者達が、それぞれの考えを抱きながら行動する姿を端的に描く、歯切れのいい演出も見どころであり、犯罪が絡む終盤から一気に和やかなムードで終わるラストが実に爽快だ。

第70回アカデミー賞では、助演男優賞(バート・レイノルズ)、助演女優賞(ジュリアン・ムーア)、脚本賞にノミネートされた。

彼にとっても大きな飛躍となる、主人公を熱演するマーク・ウォルバーグ、とにかくいい味を出している、復活と言っていい好演が光る監督バート・レイノルズ、こちらも切ない演技が見事な女優役ジュリアン・ムーア、助監督ウィリアム・H・メイシー、その妻ニナ・ハートレー、高校生の女優ヘザー・グレアム、主人公と意気投合する俳優ジョン・C・ライリー、同じく、ビジネスも始めるドン・チードル、その妻メローラ・ウォルターズ、ゲイのサウンド・ミキサー役フィリップ・シーモア・ホフマン、クラブのオーナー、ルイス・ガスマン、主人公とドラッグに溺れるトーマス・ジェーン、業界の大物フィリップ・ベイカー・ホール、映画製作の資金源ロバート・リッジリー、カメラマンのリッキー・ジェイ、女優役ニコール・アリ・パーカー、その結婚相手マイケル・ジェイス、ドラッグ・ディーラー役のアルフレッド・モリーナ、主人公の母親役ジョアンナ・グリーソン、主人公の女友達ローレル・ホロマンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020