4213 Movies

ハードエイト Hard Eight (1996)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

初老のギャンブラーと堕落しかける青年の密接な関係、そして明らかになる秘められた事実を描く、問題作を発表し続けることになるポール・トーマス・アンダーソン長編デビュー作(監督、脚本)、主演フィリップ・ベイカー・ホールジョン・C・ライリーグウィネス・パルトローサミュエル・L・ジャクソンフィリップ・シーモア・ホフマン他共演ドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:ポール・トーマス・アンダーソン

製作
ロバート・ジョーンズ

ジョン・ライオンズ
製作総指揮
フランソワ・デュプラ

キース・サンプルズ
脚本:ポール・トーマス・アンダーソン
撮影:ロバート・エルスウィット
編集:バーバラ・テュライヴァー
音楽
ジョン・ブライオン

マイケル・ペン

出演
シドニー・ブラウン:フィリップ・ベイカー・ホール

ジョン・フィネガン:ジョン・C・ライリー
クレメンタイン:グウィネス・パルトロー
ジミー:サミュエル・L・ジャクソン
ギャンブラー:フィリップ・シーモア・ホフマン
ジミーの恋人:メローラ・ウォルターズ
人質:F・ウィリアム・パーカー
客室係:ナサナエル・クーパー
ウエイトレス:ウィン・ホワイト

アメリカ 映画
配給 MGM

1996年製作 102分
公開
北米:1997年2月28日
日本:未公開
北米興行収入 $222,560


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
青年ジョン・フィネガン(ジョン・C・ライリー)は、レストランの前で気落ちしてしゃがみこんでいた。

そんなジョンの前に、60代の男性シドニー・ブラウン(フィリップ・ベイカー・ホール)が現れる。

ギャンブラーのシドニーは、ジョンにタバコを与えてコーヒーを奢り、彼の悩み事を聞き始める。

ジョンがギャンブルで負けたことを察したシドニーは、亡くなった母親の葬儀代6000ドルを稼ぐためにラスベガスに向かったものの、所持金を失ったことを知る。

呆れた話だと語るシドニーは、50ドルを貸してラスベガスでギャンブルを教えるとジョンに提案する。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
60代のギャンブラー、シドニー・ブラウンは、亡くなった母親の葬儀費用をギャンブルで稼ごうとして所持金を失った青年ジョンに声をかける。
ジョンの話を聞いたシドニーは、ラスベガスで彼にギャンブルを教えて小銭を稼がせる。
2年後、リノ
ギャンブラーになっていたジョンは、シドニーにカジノで働くジミーを紹介する。
ジョンの恋人クレメンタインが、売春をしていることを知ったシドニーは、彼女の話を聞き優しく接する。
その後、クレメンタインは再び客を取ってしまい、トラブルとなりシドニーが呼ばれる。
その場にいたジョンが男を人質にしていたため、シドニーは状況を確認して、警察沙汰になることを避けようとするのだが・・・。
__________

この後、問題作を次々と発表する、撮影当時、若干25歳のポール・トーマス・アンダーソンの、その才能を遺憾なく発揮した長編デビュー作。

初老のギャンブラーが示すある若者への友情、終盤で明らかになるその行為の秘密・・・そのドラマチックな展開は観る者を引き付ける。

ポール・トーマス・アンダーソンが、この後の数作の自作でコンビを組む、ベテラン、フィリップ・ベイカー・ホールを主役に起用しているところを注目したい。

企業のエグゼクティブや政府、警察の高官役など、名バイ・プレイヤーとして重要な存在である名優フィリップ・ベイカー・ホールのファンは多いはずだ。
個人的には、彼の出演作は必ずチェックするよう心掛けているほど、お気に入りのスターだ。

他、その後、ハリウッドを代表するスターとなる、脇を固める豪華キャストの競演も嬉しい。

自分に関わる主人公の秘密を知ることなく、彼に感謝する安堵の表情が実に印象的なジョン・C・ライリー、その恋人役グウィネス・パルトロー、主人公の秘密を知る男サミュエル・L・ジャクソン、その恋人メローラ・ウォルターズ、ギャンブラーのフィリップ・シーモア・ホフマン、人質F・ウィリアム・パーカーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020