4216 Movies

愛がこわれるとき Sleeping with the Enemy (1991)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

暴力的な夫から逃れ、名前を変えて新たな人生を始めた女性に襲いかかる恐怖を描く、主演ジュリア・ロバーツパトリック・バーギン他共演、監督ジョセフ・ルーベンによるサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:ジョセフ・ルーベン
脚本:ロナルド・バス
製作:レナード・ゴールドバーグ
撮影:ジョン・リンドリー
編集:ジョージ・ボワーズ
音楽:ジェリー・ゴールドスミス

出演
ローラ・ウィリアムズ・バーニー/サラ・ウォーターズ:ジュリア・ロバーツ

マーティン・バーニー:パトリック・バーギン
ベン・ウッドワード:ケヴィン・アンダーソン
クロエ・ウィリアムズ:エリザベス・ローレンス
ジョン・フライシュマン:カイル・セコー
ライズナー医師:クローデット・ネヴィンズ
ガーバー:ハーレイ・ヴェントン

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1991年製作 97分
公開
北米:1991年2月8日
日本:1991年4月19日
製作費 $19,000,000
北米興行収入 $101,599,010
世界 $174,999,010


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ケープコッド
海岸を見下ろす別荘で休暇を楽しむローラ・ウィリアムズ・バーニー(ジュリア・ロバーツ)は、夫マーティン(パトリック・バーギン)と、一見、幸せそうな生活をしていた。

ボストンで経営コンサルタントをするマーティンは、優秀ではあるが”強迫性パーソナリティ障害”であるため、ローラは常に気を使っていた。

ある日マーティンは、神経科医であるジョン・フライシュマン(カイル・セコー)がヨットで海岸に現れたのを知り挨拶する。

ジョンからローラのことなどを聞かれたマーティンは、彼女が泳げないために船には乗らないと話すものの、セーリングに誘われる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ローラ・ウィリアムズ・バーニーの夫マーティンは、有能な経営コンサルタントではあったが、”強迫性パーソナリティ障害”であり潔癖症で暴力的だった。
怯えるローラは、ヨットでのセーリング中、嵐ので事故死ししてしまう。
しかし、泳げなかったはずのローラは水泳を習い、マーティンから逃れるチャンスを待っていたのだった。
サラと名前を変えて、アイオワの田舎町に移り住んだローラは、隣人の大学講師ベンに好意を示される。
しかし、男性に酷い仕打ちを受けていたローラは、ベンの愛を受け入れられない。
その頃マーティンは、ローラが水泳を習っていたことを知り、彼女が生きていることを確信する・・・。
__________

前年の「プリティ・ウーマン」(1990)でブレイクしたジュリア・ロバーツが、それとは全く違う役に挑戦して話題となった作品。

夫の暴力から逃れる妻の物語自体に新鮮味があるわけではないが、若くて美しく魅力的なジュリア・ロバーツが、画面に登場しているだけでファンは満足という、何でも受け入れてしまった時代の作品。

事故を偽装するものの、簡単に見破られる生きている証拠を残してしまうところなど、違った脚本で工夫を凝らして欲しかった気もする。

作品の評価よりも、とにかくジュリア・ロバーツの人気先行という感じは否めないが、北米興行収入は1億ドルを突破して、全世界でも約1億7500万ドルのヒットとなった。

ドラマにマッチした、ジェリー・ゴールドスミスの音楽が何とも印象的だ。

異常者にしか見えない、主人公の夫パトリック・バーギン、主人公の支えとなる大学講師ケヴィン・アンダーソン、主人公の母親エリザベス・ローレ、セーリングをするカイル・セコー、老人ホームの医師クローデット・ネヴィンズなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020