4213 Movies

フリーランサー Freelancers (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

警察内部の腐敗に身を置きながら、その現実と向き合う警官の苦悩と闘いを描く、主演カーティス“50 Cent”ジャクソンフォレスト・ウィッテカーロバート・デ・ニーロ他共演、監督ジェシー・テレロによるドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:ジェシー・テレロ
製作
ランドール・エメット

カーティス“50 Cent”ジャクソン
脚本:L・フィリップ・カシアス

撮影:イゴール・マルティノヴィッチ
編集:カーク・モッリ
音楽:レグB

出演
ジョナス”マロ”マルドナド:カーティス“50 Cent”ジャクソン

デニス・ラルー:フォレスト・ウィッテカー
ジョー・サルコーネ:ロバート・デ・ニーロ
A.D.ヴァルバム:マルコム・グッドウィン
ルーカス:ライアン・オナン
シン:アナベル・アコスタ
ジョーイ:ボー・ギャレット
ロバート・ジュード:マイケル・マグレイディ
ビリー・モリソン:マット・ジェラルド
テレンス・バーク:ロバート・ウィスダム
ガブリエル・バエズ:ペドロ・アルメンダリスJr.
サリー:ヴィニー・ジョーンズ
リディア・ベッキオ:ダナ・デラニー
アンジー:ジェフ・チェイス

アメリカ 映画
配給 ライオンズゲート

2012年製作 96分
公開
北米:2012年8月10日
日本:2013年1月12日
製作費 $20,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
元ストリートギャングのジョナス”マロ”マルドナド(カーティス“50 Cent”ジャクソン)は、更生して市警の警官となる。

亡くなった父親の相棒で警部のジョー・サルコーネ(ロバート・デ・ニーロ)に声をかけられたジョナスは、あるバーに呼び出される。

サルコーネは、裏金を分配する警察内部の腐敗した実情を率直に語り、ジョナスをその仲間に誘う。

右腕のデニス・ラルー(フォレスト・ウィッテカー)を教育係にすると言うサルコーネと、ジョナスは酒を酌み交わす。

ジョナスは、好きな女を選べとサルコーネに言われて、バーテンダーのジョーイ(ボー・ギャレット)を口説く。

翌日からラルーと組んだジョナスは、ドラッグや銃の取引に同行する。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
元ストリートギャングのジョナス”マロ”マルドナドは、市警の警官となる。
警部サルコーネに呼ばれたジョナスは、腐敗した警察内部の実情を知らされ、それを仕切る自分の仲間になるよう強要される。
ジョナスは教育係のラルーと組まされて、犯罪者のような彼と行動を共にする。
やがて、その世界に引きずり込まれたジョナスだったが、警官であった亡くなった父親も汚職に関与していたことと、死の秘密を知る。
サルコーネがそれに関わり、彼を操る大物バエズの存在を知ったジョナスは、DEA(麻薬取締局)と組んで腐敗の一掃を考えるのだが・・・。
__________

あらゆる局面で題材となるほど、大きな社会問題化している警察の腐敗を鋭く追及する内容、豪華スターの競演は注目だ。

きれい事だけを映し出さない内容はまずまずだが、見慣れた展開は緊迫感もないまま進行し、超一級のスターが出演する必要もなかったのではとも思う。

劇場公開はされたと言えないような状況の作品で、殆どの国がDVDプレミアとなった。

熱演ではある主人公カーティス“50 Cent”ジャクソンと、凄みのある貫禄で流石に存在感を発揮する悪徳警官フォレスト・ウィッテカーロバート・デ・ニーロの出演だけで、ファンは満足といったところだろうか。

個人的には、公開前年に他界した、ジョン・フォード作品などでも活躍したペドロ・アルメンダリスの息子ペドロ・アルメンダリスJr.が、裏社会のボスを演じていたことが興味深い。

主人公の同僚警官マルコム・グッドウィンとライアン・オナン、主人公の恋人アナベル・アコスタ、主人公と愛し合うボー・ギャレットDEA捜査官のマイケル・マグレイディ、警官のマット・ジェラルドロバート・ウィスダム、悪党役のヴィニー・ジョーンズジェフ・チェイス、検事補の妻ダナ・デラニーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020