4214 Movies

ザ・ワーズ The Words (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

作家になる夢を叶えた青年・・・そして彼の秘密を知る老人・・・ある作家の著書の中で語られる運命の物語を描く、製作、主演ブラッドレイ・クーパーゾーイ・サルダナオリヴィア・ワイルドジェレミー・アイアンズデニス・クエイド他共演、監督、脚本ブライアン・クラグマン、リー・スターンサールによるドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督
ブライアン・クラグマン

リー・スターンサール
製作
マイケル・ベナローヤ

タティアナ・ケリー
ジム・ヤング
製作総指揮
ブラッドレイ・クーパー

カシアン・エルウィズ
ローラ・リスター
リサ・ウィルソン
脚本
ブライアン・クラグマン

リー・スターンサール
撮影:アントニオ・カルヴァッシュ
編集:レスリー・ジョーンズ
音楽:マーセロ・ザーヴォス

出演
ローリー・ヤンセン:ブラッドレイ・クーパー

ドーラ・ヤンセン:ゾーイ・サルダナ
ダニエラ:オリヴィア・ワイルド
老人:ジェレミー・アイアンズ
若者:ベン・バーンズ
クレイトン”クレイ”ハモンド:デニス・クエイド
ロリーの父親:J・K・シモンズ
ティモシー・エプスタイン:ロン・リフキン
リチャード・フォード:ジョン・ハナー
セリア:ノラ・アルネゼデール
カトラー:ジェリコ・イヴァネク
ネルソン・ワイリー:マイケル・マッキーン

アメリカ 映画
配給 CBS Films

2012年製作 102分
公開
北米:2012年9月7日
日本:2013年3月9日
製作費 $6,000,000
北米興行収入 $11,494,840
世界 $13,231,460


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
作家クレイトン”クレイ”ハモンド(デニス・クエイド)は、新作”ザ・ワーズ”の朗読会を開く。

ハモンドは朗読を始める・・・
__________

ニューヨーク
雨の中たたずむ老人(ジェレミー・アイアンズ)は、ローリー・ヤンセン(ブラッドレイ・クーパー)とドーラ(ゾーイ・サルダナ)夫妻がリムジンに乗るのを見つめる。

作家として成功を夢見ていたローリーは、思わぬことで願いが叶い戸惑っていた。

ベストセラー作家となったローリーは、”窓辺の涙”で文芸奨励賞を受賞する。

ローリーは富と名誉を手に入れたが、老人は、全てを覆す機会を待っていた。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
作家ハモンドは、新作”ザ・ワーズ”の朗読会を開き著書を読み始める・・・。
作家として成功することを夢見るローリー・ヤンセンは恋人ドーラと結婚して、ハネムーンでパリを訪れる。
ローリーは、骨董品店で古い鞄を見つけて購入して持ち帰る。
その後、作家を諦めかけたローリーは、鞄の中にあった古い原稿に気づき、その内容に驚く。
自分の望むもの全てが書かれていた原稿を書き写したローリーは、それを読んだドーラに促されて著書として出版する。
出版された著書”窓辺の涙”は大ベストセラーとなり、ローリーは富と名誉を手に入れる。
しかし、そんなローリーの前に、原稿の秘密を知る老人が現れる・・・。
__________

ある作家の著書の物語の中で語られる運命のドラマを、監督デビューとなるブライアン・クラグマンリー・スターンサールによる巧みな脚本と共にサスペンス・タッチで描くドラマ。

偶然の出来事と、運命に関わる決断の瞬間、悪意のなかった行動で苦しむ主人公・・・。
ドラマチックな一面とは対照的に、些細な仕草や表情で人生そのもの表現する描写など、繊細な演出が光る作品。

小作ではあるが、実力派スターが顔を揃える豪華キャスティンゴは注目であり、苦しむ主人公を演ずるブラッドレイ・クーパーの熱演と、物語のキーマンの老人役ジェレミー・アイアンズの、圧倒的存在感は観る者を魅了する。

主人公を支える妻ゾーイ・サルダナ、作家のデニス・クエイドに接近する女性オリヴィア・ワイルド、物語の若者ベン・バーンズ、その妻ノラ・アルネゼデール、主人公の父親J・K・シモンズ、エージェント役のロン・リフキン、作家の代理人役ジョン・ハナー、出版社のジェリコ・イヴァネク、主人公に文芸奨励賞を授与するマイケル・マッキーンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020