4214 Movies

ビフォア・サンセット Before Sunset (2004)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1995年に公開された、リチャード・リンクレイターキム・クリザン原案による「ビフォア・サンライズ」の続編。
9年前の出会いを本にし作家となった主人公が、再び想い出の女性とパリで再会し帰国までの1時間余りを過ごす二人を描く、製作、原案、監督、脚本リチャード・リンクレイターイーサン・ホークジュリー・デルピー共演のラブ・ロマンス。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■
監督:リチャード・リンクレイター
製作
リチャード・リンクレイター
アニー・ウォーカー=マクベイ
原案
リチャード・リンクレイター
キム・クリザン
脚本
リチャード・リンクレイター
イーサン・ホーク
ジュリー・デルピー
撮影:リー・ダニエル
編集:サンドラ・エイデアー
音楽:ジュリー・デルピー

出演
イーサン・ホーク:ジェシー・ウォレス
ジュリー・デルピー:セリーヌ
ヴァーノン・ドブチェフ:書店店主
ルイーズ・レモワン・トレス:記者
ロドルフ・ポリー:記者

アメリカ 映画
配給 ワーナー・インディペンデント・ピクチャーズ
2004年製作 80分
公開
北米:2004年7月2日
日本:2005年2月5日
製作費 $10,000,000
北米興行収入 $5,792,820
世界 $15,992,620


アカデミー賞 ■
第77回アカデミー賞
・ノミネート
脚色賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
9年前のウィーンでの出来事を綴った小説”This Time”を発表し、作家となっていたジェシー・ウォレス(イーサン・ホーク)は、プロモーションのためにヨーロッパ各地を回っていた。

パリ
ある書店で、ウィーンのことを思い出しながら、記者から質問を受けていたジェシーは、その場で自分を見つめるセリーヌ(ジュリー・デルピー)に気づく。

驚き興奮するジェシーと、彼との再会を喜ぶセリーヌ。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

参考:
・「ビフォア・サンライズ」(1995)
・「ビフォア・サンセット」(2004)
・「ビフォア・ミッドナイト」(2013)

*(簡略ストー リー)
9年前のウィーンでの出来事を綴った小説を発表し、作家になっていたアメリカ人ジェシー・ウォレスは、プロモーションのためにヨーロッパ各地を回っていた。
ジェシーは、フランス人のセリーヌとウィーンで出会い一夜だけを過ごし、半年後の再会を約束するものの、それが果たせぬまま9年が経っていたのだった。
そんなジェシーは、パリでセリーヌと再会する。
しかし、二人が過ごせる時間は、彼のフライトまでのわずかな時間しかなかった・・・。
__________

今回は、主演の二人が脚本にも参加して、第77回アカデミー賞では、惜しくも受賞は逃すものの脚色賞にノミネートされた。

また、ジュリー・デルピーの歌と、彼女がニーナ・シモンの物真似をしながら締めくくる、思わせ振りで粋なラストも素晴らしい演出だ。

前作と同じく、再会した二人の何気ない会話が、出発が迫る気忙しい時間と共に、淡々と進む単純な展開なのだが、さり気なく自然な会話に思わずのめり込んでしまう。

”恋人達の時間”とはこういうものだと、誰もが納得できる、製作、脚色を兼ねたリチャード・リンクレイターのシンプルな演出が際立つ、ラブ・ロマンスの傑作と言える作品でもある。

新鮮だった前作のウィーン・ロケに続き、見慣れてはいるが、一つのアクセントとして見ていると、今回のパリの落ち着いた街並みも、会話のみの作品に、抜群の効果を上げている。

演技には見えないイーサン・ホークジュリー・デルピーの会話は、これが、彼とユマ・サーマンとの離婚のきっかけとなることが頷けるほど息が合っている。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020