4213 Movies

天使のくれた時間 The Family Man (2000)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

かつて、結婚を約束した恋人を捨てて拝金主義者になったビジネス一筋の男性が別の生き方をたどった世界に送られ、平凡な生活を体験させられるうちに、自分の人生を振り返りながら本当の愛を知る姿を描く、監督ブレット・ラトナー、主演ニコラス・ケイジティア・レオーニドン・チードル他共演の心温まるファンタジー・コメディ。


ファンタジー

ニコラス・ケイジ / Nicolas Cage 作品一覧
ニコラス・ケイジ / Nicolas Cage / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ブレット・ラトナー
製作
マーク・エイブラハム

トニー・ルドウィグ
アラン・リッシュ
ハワード・ローゼンマン
製作総指揮
アーミアン・バーンスタイン

トーマス・A・ブリス
アンドリュー・Z・デイヴィス
脚本
デヴィッド・ダイアモンド

デヴィッド・ウェイスマン
撮影:ダンテ・スピノッティ
編集:マーク・ヘルフリッチ
音楽:ダニー・エルフマン

出演
ニコラス・ケイジ:ジャック・キャンベル
ティア・レオーニ:ケイト・レイノルズ
ドン・チードル:キャッシュ
ジェレミー・ピヴェン:アーニー
ソウル・ルビネック:アラン・ミンツ
ジョセフ・ソマー:ピーター・ラシター
ジェイク・ミルコヴィッチ:ジョッシュ
ライアン・ミルコヴィッチ:ジョッシュ
リサ・ソーンヒル:イヴリン
ハーヴ・プレスネル:ビッグ・エド
メアリー・ベス・ハート:アデル
アンバー・ヴァレッタ:ポーラ
フランシーヌ・ヨーク:ロレイン
マケンジー・ヴェガ:アニー
ルース・ウィリアムソン:パターソン夫人
ジョエル・マッキノン・ミラー:トミー
ケイト・ウォルシュ:ジェニー

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2000年製作 125分
公開
北米:2000年12月22日
日本:2001年4月28日
製作費 $60,000,000
北米興行収入 $75,764,090
世界 $124,745,080


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1987年。
銀行の研修で、ロンドンに向かうジャック・キャンベル(ニコラス・ ケイジ)は、恋人ケイト・レイノルズ(ティア・レオーニ)に引き止められる。

しかしジャックは、ケイトのためにもチャンスを逃すわけにはいかず、予定通り出発する。

13年後。
ニューヨークマンハッタンの大手金融会社の社長となったジャックは、クリスマスを前に浮かれる社員に、合併に向けてビッグ・プロジェクトについて力説する。

そんなジャックは、ケイトから電話があったという知らせを受ける。

100年の恋を語ったケイトとは、あれ以来疎遠になっていたジャックは、今となっては、結婚まで約束していた恋人がいたこと事態が信じられなかった。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1987年。
銀行の研修で、ロンドンに向かおうとしていたジャック・キャンベルは、恋人ケイトに引き止められるのだが、彼はチャンスを求めて予定通り旅立つ。
13年後、マンハッタンの大手金融会社の社長となったジャックは、クリスマスを前にケイトからの電話を受けるが、それを無視しれしまう。
その夜、ある店で強盗まがいの男キャッシュと出会ったジャックは、彼から、”これから起こることは、自分が招いたことだ”と言われる。
翌朝、目覚めたジャックは、13年前にロンドン行きをキャンセルし、ケイトと結婚して家庭を持った自分に気づき困惑してしまう・・・。
__________

大爆笑アクション・コメディ「ラッシュ・アワー」(1998)でブレイクしたブレット・ラトナーが、さらに人情味を加えてメルヘンのようでもある、心地よいドラマに仕上げた、子供から大人まで楽しめる作品。

全世界では1億2000万ドルを超すヒットとなった作品。

製作費 $60,000,000
北米興行収入 $75,764,090
世界 $124,745,080

ダニー・エルフマンの小気味好い音楽も作品を盛り上げる。

愛を捨てたビジネスマンから、一気に庶民に変貌させられるニコラス・ケイジの、コミカルな演技と、やがて、家族思いの夫、そして父になる、彼の魅力でもある優しい表情が非常に印象的だ。

平凡な生活の中に、何よりも家族の幸せを感じている女性を演ずるティア・レオーニの、素朴な美しさも、ドラマのイメージに合っている。

アメリカ映画によく登場する”天使”的な役柄のドン・チードルは、出番が少ないのが残念だが、実力派らしく、その存在感とドラマの中でのインパクトは群を抜いている。

別世界の隣人ジェレミー・ピヴェン、主人公のやや頼りない部下で別世界では社長のソウル・ルビネック、会長のジョセフ・ソマー、主人公の義父ハーヴ・プレスネル等が共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020