4214 Movies

ニューイヤーズ・イブ New Year’s Eve (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1年を締めくくる大イベント、ニューヨークタイムズスクエアの”ボールドロップ”の舞台裏を中心に描き、それに関る様々な人々の群像ドラマであるロマンチック・コメディ。
製作、監督ゲイリー・マーシャル、出演ヒラリー・スワンクキャサリン・ハイグルアシュトン・カッチャーサラ・ジェシカ・パーカーロバート・デ・ニーロ、ミシェル・ファイファーザック・エフロンハル・ベリージェシカ・ビールアビゲイル・ブレスリン


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ゲイリー・マーシャル
製作総指揮:ダイアナ・ポコーニイ
製作
ゲイリー・マーシャル

トビー・エメリッヒ
マイク・カーツ
ウェイン・アラン・ライス
ジョシー・ローゼン
脚本:キャサリン・ファゲイト
撮影:チャールズ・ミンスキー
編集:マイケル・トロニック
音楽:ジョン・デブニー

出演
クレア・モーガン:ヒラリー・スワンク

ブレンダン:クリス”リュダクリス”ブリッジス
コミンスキー:ヘクター・エリゾンド
ビューラートン:マシュー・ブロデリック
イングリッド・ウィザース:ミシェル・ファイファー
ポール:ザック・エフロン
イングリッドの上司:ジョン・リスゴー
ローラ:キャサリン・ハイグル
ダニエル・ジェンセン:ジョン・ボン・ジョヴィ
エヴァ:ソフィア・ベルガラ
スニール:ラッセル・ピータース
スタン・ハリス:ロバート・デ・ニーロ
エイミー:ハル・ベリー
軍人:コモン
ミンディ:アリッサ・ミラノ
スタンの担当医:ケイリー・エルウィス
テス・バーン:ジェシカ・ビール
グリフィン・バーン:セス・マイヤーズ
モリセット医師:カーラ・グギノ
ジェイムズ・シュワブ:ティル・シュヴァイガー
グレイス・シュワブ:サラ・ポールソン
ランディ:アシュトン・カッチャー
エリーズ:リア・ミシェル
ビルの管理人:ジェームズ・ベルーシ
サム・エイハーン:ジョシュ・デュアメル
ロリー:ジョーイ・マッキンタイア
トリッシュ:ジャッキー・セイデン
エドウィン牧師:ショーン・オブライアン
ハーレイ:ラリー・ミラー
モード:イヤードリー・スミス
ジェド:ジャック・マクギー
ローズ・エイハーン:チェリー・ジョーンズ
ハーレー:ラリーミラー
キム・ドイル:サラ・ジェシカ・パーカー
ヘイリー・ドイル:アビゲイル・ブレスリン
セス:ジェイク・T・オースティン
本人:ライアン・シークレスト
本人:マイケル・ブルームバーグ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2011年製作 118分
公開
北米:2011年12月9日
日本:2011年12月23日
製作費 $56,000,000
北米興行収入 $54,540,530
世界 $142,044,640


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューイヤーズ・イブ、ニューヨーク

タイムズスクエア
恒例のイベントの準備に沸く現場に姿を現した責任者クレア・モーガン(ヒラリー・スワンク)は、全世界が注目する”ボールドロップ”などについてのインタビューを受ける。

出産を控えているテス・バーン(ジェシカ・ビール)は、夫グリフィン(セス・マイヤーズ)と共に、マナー学校の経営者ジェイムズ・シュワブ(ティル・シュヴァイガー)とその妻グレイス(サラ・ポールソン)が、新年の最初の子供に2万5000ドルの賞金が出る話をしているのを聞き、それを狙うことを考える。

ニューイヤーズ・イブが嫌いなコミック・ライターのランディ(アシュトン・カッチャー)は、気持を切り替えろと言う、友人で自転車便の配達人のポール(ザック・エフロン)に不満を訴える。

”エイハーン・レコード”のサム・エイハーン(ジョシュ・デュアメル)は、妹トリッシュ(ジャッキー・セイデン)と夫ロリー(ジョーイ・マッキンタイア)の結婚式に立会い、オフィスに戻ろうとする。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューイヤーズ、ニューヨーク
タイムズスクエアの大イベント”ボールドロップ”の準備を進めるクレアだったが、途中で”ボール”が止まってしまうアクシデントが発生して、スタッフと共に現場は混乱してしまう。
”エイハーン・レコード”のサムは、妹の結婚式に立会いマンハッタンに戻ろうとするものの事故に遭い、大事なパーティーを前に焦ってしまう。
同社で働くイングリッドは、新年を迎える前に、今年の目標が何一つ達成できず心沈み、会社を辞めてしまう。
ケータリング会社の経営者ローラは、自分を捨てた人気ミュージシャンのダニエルが、パーティーに出席するために現われたことを知る。
ローラは、寄りを戻そうと謝罪するダニエルを突き放して、仕事を続ける。
出産を控えたテスは、夫グリフィンと共に、新年最初の子に出る賞金を狙う。
ラジオシティ・ミュージックホール”の衣装係キムは、15歳の娘ヘイリーが望む今晩の外出を禁じて彼女の反感を買う。
この日を嫌うコミック・ライターのランディは、エレベーターの故障のお陰で、ダニエルのバックコーラス、エリーズと出会うことが出来る。
様々な人々が、ニューイヤーズ・イブのカウントダウンを前に、喜びや悲しみを体験し、そして愛を求めながら夜を迎える・・・。
__________

監督ゲイリー・マーシャルをはじめ、前年のロマンチック・コメディ「バレンタインデー」(2010)とほぼ同じスタッフで製作された作品であるが、続編ではない。

バレンタインデー」を凌ぐオールスター・キャストであり、とにかく、画面を追う方も忙しくて疲れてしまうほどだ。

カウントダウンは意外にもあっさりと描かれているが、盛り上がるタイムズスクエアの”ボールドロップ”に向けて、スタッフやそれに集う人々のとてつもないパワーが感じられる。

同時に進行していく様々な物語が、クライマックスでつながりを見せる展開も楽しめる。

しかし、批評家の評価は低く、ラジー賞で主要部門にノミネートされてしまった。

興行収入も、北米で製作費の5600万ドルを回収できずに期待外れの結果に終わるが、全世界では約1億4200万ドルの、まずまずのヒットとなった。

多くのスターは、それぞれが個性を生かして無難に役を演じている。

その中で、15歳になってしまったのか・・・という感じの、少女を演ずるアビゲイル・ブレスリンのどぎついメイクには驚いてしまった。
彼女も成長したということなのだろうけど、大人を納得させる演技力を持つ彼女に期待していたのだが・・・。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020