4258 Movies

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ The Royal Tenenbaums (2001)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

3人の天才達の父親だったテネンバウム家の家長が家族の絆を取り戻そうとする姿を描く、監督のウェス・アンダーソンが、親友オーウェン・ウィルソンと共に製作、脚本を兼ねた、ジーン・ハックマンアンジェリカ・ヒューストンベン・スティラーグウィネス・パルトローダニー・グローヴァービル・マーレイシーモア・カッセル他共演のシニカル・コメディ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■
監督:ウェス・アンダーソン
製作総指揮
オーウェン・ウィルソン

ラッド・シモンズ
製作
ウェス・アンダーソン

バリー・メンデル
スコット・ルーディン
脚本
ウェス・アンダーソン

オーウェン・ウィルソン
撮影:ロバート・D・イェーマン
編集:ディラン・ティチェナー
音楽
マーク・マザースボウ

エリック・サティ

出演
ロイヤル・テネンバウム:ジーン・ハックマン

エセル・テネンバウム:アンジェリカ・ヒューストン
チャス・テネンバウム:ベン・スティラー
マーゴット・テネンバウム:グウィネス・パルトロー
リッチー・テネンバウム:ルーク・ウィルソン
イーライ・キャッシュ:オーウェン・ウィルソン
ヘンリー・シャーマン:ダニー・グローヴァー
ラレイ・シンクレア:ビル・マーレイ
ダスティ:シーモア・カッセル
パゴダ:クマール・パラーナ
ファーマー神父/テックス・ヘイワード:アンドリュー・ウィルソン
ナレーション:アレック・ボールドウィン

アメリカ 映画
配給 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ

2001年製作 109分
公開
北米:2001年12月14日
日本:2002年9月7日
製作費 $21,000,000
北米興行収入 $52,353,640
世界 $71,441,250


アカデミー賞 ■
第74回アカデミー賞
・ノミネート
脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
35歳で家を購入したロイヤル・テネンバウム(ジーン・ハックマン)は、その後、3人の子供に恵まれるものの妻エセルとは別居する。

ロイヤルは、長男チャス、娘マーゴット、次男リッチーにその件について説明する。

エセルが子供達を育て、チャスは経済を学びビジネスで成功する。

2歳で養女になったマーゴットは劇作家となり、9年生で賞金5万ドルを手にする。

4年後に一人で家を出たマーゴットは、指を一本失う。

リッチーは3年生からテニスのチャンピオンとなり、17歳でプロ・デビュー、国際大会で三連覇した。

リッチーの親友で向かいに住むイーライ・キャッシュは、テネンバウム家に入りびたりだった。

第一章

22年後。
かつては著名な法律家だったが、その後、資格を剥奪されたホテル暮らしのロイヤルは、支払いが滞納して退去させられそうになり、家族とは3年間音信不通だった。

リッチー(ルーク・ウィルソン)は26歳で引退し、船旅をしていた。

イーライ(オーウェン・ウィルソン)は英文学の助教授となり小説も発表する。

マーゴットは、神経学者のラレイ・シンクレア(ビル・マーレイ)と結婚していたが、7年間も戯曲を書いていない。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
テネンバウム家の家長ロイヤルは、妻エセルと別居して、それぞれ秀でた才能持つ子供達とも別れる。
22年後、子供達は平凡な生活をして、法律家の資格も剥奪されていたロイヤルも暮らしていたホテルを追い出される。
考古学者となったエセルが、会計士のヘンリーに求婚されたことを知ったロイヤルは、家族の絆を取り戻すべく、執事バゴダの協力を得てある計画を実行する。
末期がんで余命6週間と偽ったロイヤルは、家族の同情を買い家に戻るのだが・・・。
__________

監督ウェス・アンダーソンと親友オーウェン・ウィルソンによる製作、脚本、豪華スター競演の注目作品。

物語に登場するテネンバウム家の妻エセルは、考古学者であるウェス・アンダーソンの母親がモデル。

風変わりな一家の騒動をユーモラスに描く純粋なコメディなのだが、家族崩壊を描く作品でもあり、全ての登場人物に哀愁が漂っているところがポイントの異色作。

”名門”一家のその存在自体が可笑しいのだが、スタイリッシュな映像や洒落た音楽も印象的。

第74回アカデミー賞では、脚本賞にノミネートされた。

見事ゴールデングローブ賞を受賞した、喜怒哀楽を変幻自在に演ずる家長ジーン・ハックマン、その妻アンジェリカ・ヒューストン、長男のベン・スティラー、養女グウィネス・パルトロー、その夫ビル・マーレイ、次男ルーク・ウィルソン、隣人のオーウェン・ウィルソン、妻に求婚する会計士のダニー・グローヴァー、ホテルのエレベーター係シーモア・カッセル、執事のクマール・パラーナ、神父アンドリュー・ウィルソン、そしてナレーションはアレック・ボールドウィンが担当している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020