4256 Movies

ポーラー・エクスプレス The Polar Express (2004)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1985年に発表されたクリス・ヴァン・オールズバーグの児童文学”The Polar Express”を基にフルCGアニメーションで製作された、製作、監督、脚本ロバート・ゼメキス、主演トム・ハンクスジョシュ・ハッチャーソンノーナ・ゲイマイケル・ジェッター他共演のファンタジー。


ファンタジー

トム・ハンクス / Tom Hanks 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ロバート・ゼメキス
製作総指揮
トム・ハンクス

クリス・ヴァン・オールズバーグ
ジャック・ラプケ
製作
ロバート・ゼメキス

スティーブ・スターキー
ウィリアム・テイトラー
ゲイリー・ゴーツマン
原作:クリス・ヴァン・オールズバーグThe Polar Express
脚本
ロバート・ゼメキス

ウィリアム・ブロイルズJr.
撮影
ドン・バージェス

ロバート・プレスリー
編集
ジェレマイア・オドリスコル

R・オーランド・ドゥエイナス
音楽:アラン・シルヴェストリ

出演
少年/ヒーロー・ボーイ/父親/車掌/ホーボーー/サンタクロース:トム・ハンクス

少年/ヒーロー・ボーイ(声)ジョシュ・ハッチャーソン
少女/ヒーロー・ガール:ノーナ・ゲイ
ビリー:ピーター・スコラリ
ビリー(声):ジミー・ベネット
知ったかぶりっ子:エディ・ディーゼン
スモーキー/スチーマー:マイケル・ジェッター
エルフの隊長:チャールズ・フライシャー
ロンリー・ボーイ:ヘイデン・マクファーランド
サラ/母:レスリー・ゼメキス

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2004年製作 100分
公開
北米:2004年11月10日
日本:2004年11月27日
製作費 $165,000,000
北米興行収入 $183,155,890
世界 $307,296,500


アカデミー賞 ■
第77回アカデミー賞
・ノミネート
録音・音響編集・歌曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1950年代、クリスマス・イブ。
ミシガン州、グランドラピッズ、。
サンタクロースのソリの鈴の音が聞こえるかもしれないと、少年/ヒーロー・ボーイ(ジョシュ・ハッチャーソン)は、ベッドの中で耳を澄ましていた。

それが聞こえたような気がした少年だったが、居間を確認してもプレゼントは届けられていなかった。

両親(トム・ハンクス/レスリー・ゼメキス)は、妹サラ(レスリー・ゼメキス)に、眠らなければサンタは来ないと言い聞かせて眠らせる姿を見て、少年は、雑誌や百科事典を広げて、サンタが本当にいるのかを確認してベッドに入る。

暫くすると部屋が揺れ始め、表を確認した少年は、家の前に、機関車”ポーラー・エクスプレス”が姿を現したことに気づく。

車掌(トム・ハンクス)は少年に、北極点行きの汽車に乗るかを尋ね、名簿に名前があることを彼に確認する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
サンタクロースが本当にいるのか疑問を持ちながら、彼が来ることを待つ少年の家に、機関車”ポーラー・エクスプレス”が姿を現を現す。
少年は、北極点に向かうと言う車掌に、乗車するかを問われ、一旦は躊躇するもののそれに飛び乗る。
車両には、自分と同じ年頃の少女らがいたが、次の停車地点で、一度は乗車を拒んだ、元気のないビリーを乗せるために、少年は汽車を止めてしまう。
その後、少年が少女の乗車券を無くしてしまう事件や、いくつかの危機を乗り越え、機関車はついに北極点に到着する。
しかし、少女らがベルの音に導かれるにも拘らず、少年にはそれが聞こえなかった・・・。
__________

公開当時、俳優の動きをモーションキャプチャなどの先端の技術でアニメーション化したことが大いに話題となった作品。

製作費1億6500万ドルの大作で、北米興行収入は1億8300万ドル、全世界では3億ドルを超えるヒットとなった。

第77回アカデミー賞では、録音・音響編集・歌曲賞にノミネートされた。

ユーモアやアクションだけでなく、シリアスなドラマでも、その実力を遺憾なく発揮しているロバート・ゼメキスの繊細な演出も見もので、映像と同じく、その柔らかなタッチが実に心地よい。

技術の進歩が速いために、その後に続く先端アニメーション作品には見劣りしてしまうところは仕方ないが、クリスマスを題材に、どこか古風な心温まる物語は、定番とは言え、あらゆる世代が楽しむことができる。

ややダニー・エルフマン風でもある、アラン・シルヴェストリの音楽も心に残る。

また、エンドロールでも紹介されるが、前年にAIDSで亡くなった名脇役マイケル・ジェッターの遺作でもあり、作品は彼に捧げられている。

車掌をはじめ5役を担当するトム・ハンクス、一夜の体験で、信じることの大切さを知る主人公の少年ジョシュ・ハッチャーソン(声)、彼と親しくなる少女ノーナ・ゲイ、寂しげな少年ピーター・スコラリ/ジミー・ベネット(声)、知ったかぶりっ子エディ・ディーゼン、スモーキーとスチーマーのマイケル・ジェッター、エルフの隊長チャールズ・フライシャー、主人公の妹と母役で、ロバート・ゼメキスの妻レスリー{・ゼメキスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020