4214 Movies

ホリデイ The Holiday (2006)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

恋人に裏切られた二人の女性が、互いの自宅を交換して心の整理をしようとした計画が、ひょんなことから新たな恋を招き入れるきっかけになるという、製作、監督、脚本ナンシー・マイヤーズ、主演キャメロン・ディアスケイト・ウィンスレットジュード・ロウジャック・ブラックイーライ・ウォラックエドワード・バーンズダスティン・ホフマンルーファス・シーウェル他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ナンシー・マイヤーズ
製作総指揮:スザンヌ・マクニール・ファーウェル
製作
ナンシー・マイヤーズ

ブルース・A・ブロック
脚本:ナンシー・マイヤーズ
撮影:ディーン・カンディ
編集:ジョー・ハッシング
音楽:ハンス・ジマー

出演
キャメロン・ディアス:アマンダ・ウッズ
ケイト・ウィンスレット:アイリス・シンプキンス
ジュード・ロウ:グラハム・シンプキンス
ジャック・ブラック:マイルズ・デュモント
イーライ・ウォラック:アーサー・アボット
エドワード・バーンズ:イーサン・エバース
ルーファス・シーウェル:ジャスパー・ブルーム
シャニン・ソサモン:マギー
ミフィ・イングルフィールド:ソフィー・シンプキンス
エマ・プリッチャード:オィヴィア・シンプキンス
ダスティン・ホフマン:本人
リンジー・ローハン:本人
ジェームズ・フランコ:本人

アメリカ 映画
配給 UIP
2006年製作 135分
公開
北米:2006年12月8日
日本:2007年3月24日
製作費 $85,000,000
北米興行収入 $63,224,850
世界 $205,135,320


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロンドン
大手新聞社”デイリー・テレグラフ”に勤める、アイリス・シンプキンス(ケイト・ウィンスレット)は、社内クリスマス・パーティーで、恋人のはずだったジャスパー・ ブルーム(ルーファス・シーウェル)が婚約したことを知りショックを受ける。

ハリウッド
映画の予告編製作会社を経営するアマンダ・ウッズ(キャメロン・ディアス)は、同棲する恋人のイーサン・エバース(エドワード・バーンズ)の浮気に気づき、彼を追い出してしまう。

悔しさのあまり、休暇を取って旅に出ることに決めたアマンダは、”ホーム・エクスチェンジ”(互いの家を交換する)に興味を示し、ロンドン近郊、サリーの田舎町の小さなコテーをインターネットで見つける。

それは、やや状況は違うものの、アマンダと似た境遇のアイリスの家だった。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス在住のリッチなアマンダ・ウッズと、イギリスサリーに住む、新聞社務めのアイリス・シンプキンスは、恋人に裏切られ、気分転換に”ホーム・エクスチェンジ”を利用し、互いの自宅を交換する。
クリスマスだというのに、孤独な時間を選んだ二人だったが、アマンダはアイリスの兄グラハムと親密な関係になり、アイリスは隣人の大脚本家や、アマンダの知人マイルズと親しくなる。
アマンダが、妻を亡くした子連れのグラハムとの複雑な関係に悩む一方、アイリスは、コンタクトを取ってくる元恋人ジャスパーに未練を残しながら、マイルズとの親交を深めていく・・・。
__________

序盤で、キャッキャッと騒ぐキャメロン・ディアス達が、妙にわざとらしいただのミーハー映画かと思いきや、御大イーライ・ウォラックが登場するあたりから、なかなか粋な楽しい展開となっていく。
製作、監督、脚本の、ナンシー・マイヤーズらしい快作に仕上がっていて、この手の作品にしては長めの上映時間(135分)も気にならない。

ハンス・ジマーの、小気味好い音楽も印象的だ。

北米での批評家の評価は以外に低く、興行収入は約6300万ドルに留まったものの、全世界では2億ドルを超すヒットとなった。

太陽が降り注ぐロサンゼルスに対し、一方の舞台が、雪景色の古風なイギリ(サリー)の田舎町という設定もなかなかいい。

自分の家を、他人の家と交換してみるなどということが・・・と思うかもしれないが、これが意外に合理的な方法であり、長期滞在などでは宿泊費の節約になる。
この、日本人には全く馴染みのないシステムも実に興味深い。

相変わらず魅力的なジュード・ロウは、いかにもプレイボーイ風で登場するのだが、実は家庭的なパパだったという役柄も好感が持てる。

わがままで嫌味な感じのキャメロン・ディアスは、そんな彼女のイメージにぴったりなのだが、最後には仕事を捨てて家庭に収まるところはホッとする。

色白で質素な美しさが際立つたケイト・ウィンスレットも、キャリアウーマンのキャメロン・ディアスとは対照的に、悲恋女性を好演してる。

そのケイト・ウィンスレットが立ち直るきっかけとなる存在で、アカデミー賞受賞歴のある著名な脚本家役を演ずる名優イーライ・ウォラックの出演で本作の価値はさらに高まる。

ただの老人俳優と思うなかれ・・・、
アクターズスタジオの初期の幹部である、彼の演技とキャリアは、本作及びハリウッドの宝だ。
荒野の七人」(1960)や「続・夕陽のガンマン」(1966)の悪党役、他の名作など忘れ難い。

90歳とは思えない、矍鑠とした演技と自然な語り口も素晴らしい。
さすがに老いたが、彼の健在ぶりを見れただけでも、ファンとしては嬉しいばかりだ。

ジャック・ブラックも、ケイト・ウィンスレットの失恋の痛手を、優しく癒す若者を好演している。

また、ジャック・ブラックがDVDレンタル店で、「卒業」(1967)を手にしおどけている脇に、ダスティン・ホフマン本人が立っているというオマケもある。

女性からすると許せない男であろう、アイリス(K・ウィンスレット)の元恋人ルーファス・シーウェル、冒頭のみの出演のアマンダ(C・ディアス)の恋人エドワード・バーンズ、マイルズ(J・ブラック)の恋人シャニン・ソサモン、グラハム(ジュード・ロウ)の子供達ミフィ・イングルフィールド、エマ・プリッチャード、映画予告編に登場するリンジー・ローハンジェームズ・フランコなどが共演している。

セリフに出てくるケーリー・グラントではないが、往年のハリウッド作品を見ているような楽しさもある。

作品中イーライ・ウォラックは、ケイト・ウィンスレットサリーから来たということで、ケーリー・グラントの出身地と同じだというセリフがあるが、正しくは、彼の出身地はブリストル

とにかく、浮気男程度で悪者も登場しない、設定もクリスマスということで、心温まる幸せ気分になれる作品。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020