4260 Movies

ライフ・オブ・パイ Life of Pi (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

2001年に発表された、ヤン・マーテルの小説”パイの物語”を基に製作された作品。
貨物船沈没で家族を失い、トラと共に漂流することになった少年の運命を描く、製作、監督アン・リー、出演スラージ・シャルマイルファーン・カーンタッブー他によるアドベンチャー・ドラマ。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:アン・リー
製作総指揮:ディーン・ジョーガリス
製作
アン・リー

ギル・ネッター
デヴィッド・ウォマーク
原作:ヤン・マーテルパイの物語
脚本:デヴィッド・マギー

撮影:クラウディオ・ミランダ
編集:ティム・スクワイアズ
美術・装置
デヴィッド・グロプマン

アンナ・ピノック
音楽:マイケル・ダナ

出演
パイ・パテル(16歳):スラージ・シャルマ

パイ・パテル(成人):イルファーン・カーン
サントッシュ・パテル:アディル・フセイン
ジータ・パテル:タッブー
アナンディ:シュラヴァンティ・サイナット
ヤン・マーテルレイフ・スポール
コック:ジェラール・ドパルデュー
船員:王柏傑
神父:アンドレア・ディ・ステファノ

アメリカ/台湾/イギリス 映画
配給 20世紀FOX

2012年製作 127分
公開
北米:2012年11月21日
台湾:2012年11月21日
イギリス:2012年12月20日
日本:2013年1月24日
製作費 $120,000,000
北米興行収入 $124,987,020
世界 $609,016,570


アカデミー賞 ■
第85回アカデミー賞
・受賞
監督・撮影・視覚効果・作曲賞
・ノミネート
作品・脚色・編集・録音・音響編集・美術・歌曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
パイ・パテル(イルファーン・カーン)の父親は、かつてフランス領だったインドポンディシェリで、動物園を経営していた。

カナダ人の作家ヤン・マーテル(レイフ・スポール)は、パイの亡き父サントッシュ(アディル・フセイン)の友人”ママジ”の紹介で彼を訪ねる。

”ピシン”というフランスのプールの名前を学校でからかわれ、名前を円周率の”パイ”に変えたことを彼はマーテルに話す。

有能な実業家の父サントッシュは、ホテル経営から植物園の敷地を動物園に改装し、植物学者であった母ジータ(タッブー)と共に運営した。

大学を卒業し信仰心の厚い母ジータと身分の低い父サントッシュの愛を受け、兄ラヴィと共に育ったパイは、12歳の時に山でキリストに出会った。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
インドポンディシェリ
動物園を経営するパテル一家は、カナダに移住することになる。
一家は動物と共に貨物船で旅立つのだが、嵐で船は沈没し、次男パイだけが生き残る。
何んとか救命ボートに乗れたパイは、シマウマとハイエナ、オランウータンと共に漂流を始める。
ハイエナは、シマウマとオランウータンに襲いかかるが、隠れていた”リチャード・パーカー”と名付けられたベンガルトラ”が姿を現す。
”リチャード・パーカー”はハイエナを食い殺して、筏を作っていたパイはボートから離れる。
ボートには食料や備品があり、パイは恐怖を感じながらも、生きるために”リチャード・パーカー”と共存していくしか方法はなかった・・・。
__________

世界的に権威のあるイギリスブッカー賞を受賞した原作を、名匠アン・リーが製作、監督した話題作。

3D・CGアニメーションによる驚異の映像と、成長過程にある少年の心理を描くアン・リーの繊細な演出は、ヒューマン・ドラマタッチでも展開し、またファンタジックでもあり、各方面で絶賛された。

第85回アカデミー賞では、作品賞をはじめ11部門にノミネートされ、アン・リーが念願の監督賞を、また撮影、視覚効果、作曲賞を受賞した。
・ノミネート
作品・脚色・編集・録音・音響編集・美術・歌曲賞

1億2000万ドルをかけた超大作でもあり、生身の人間の命を懸けた闘いをスリリングに描いたドラマは、機械的なアクション大作を圧倒するほどの映像美で迫る。

北米興行収入は約1億2500万ドル、全世界では、なんと6億ドルを超す大ヒットとなった。

トラとの闘いと共存、過酷な体験をする少年を熱演するスラージ・シャルマ、成人した主人公を演ずるイルファーン・カーン、主人公の父親アディル・フセイン、母親タッブー、親交を深める少女のシュラヴァンティ・サイナット、ヤン・マーテルレイフ・スポール、貨物船のコックで脇役出演のジェラール・ドパルデュー、船員王柏傑、神父アンドレア・ディ・ステファノなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020