4219 Movies

バラキ The Valachi Papers (1972)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

組織の裏切り者と疑われたジョゼフ・ヴァラキが、FBIに協力し、公聴会で”コーサ・ノストラ”についての証言をするまでを描く、製作ディノ・デ・ラウレンティス、監督テレンス・ヤング、主演チャールズ・ブロンソンリノ・ヴァンチュラジル・アイアランドジョセフ・ワイズマン他共演による実録の犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:テレンス・ヤング
製作総指揮:ニーノ・クリスマン
製作:ディノ・デ・ラウレンティス

原作:ピーター・マースThe Valachi Papers
脚本
スティーヴン・ゲラー

マッシモ・デ・リータ
アルドゥイーノ・マイウリ
撮影:アルド・トンティ
編集
ジョニー・ドワイヤー

モニカ・フィンツィ
音楽:リズ・オルトラーニ

出演
ジョゼフ・ヴァラキチャールズ・ブロンソン

ヴィト・ジェノヴェーゼリノ・ヴァンチュラ
マリア・レイナ・ヴァラキ:ジル・アイアランド
サルヴァトーレ・マランツァーノジョセフ・ワイズマン
トニー・ベンダーグイド・レオンティーニ
”ギャップ”ドミニク・ペトリッリ:ワルテル・キアーリ

ガエターノ・レイナアメデオ・ナザーリ
アルバート・アナスタシアファウスト・トッツィ
ラッキー・ルチアーノアンジェロ・インファンティ
ライアン:ジェラルド・S・オローリン
レティジア・レイナ:プペラ・マッジオ
ジョー・マッセリアアレッサンドロ・スペルリ
連邦捜査官:アンソニー・ドーソン

イタリア/フランス 映画
配給
コロンビア・ピクチャーズ(北米)
Cinema International Corporation(世界)
1972年製作 125分
公開
北米:1972年11月3日
日本:1972年12月9日
北米興行収入 $17,106,090


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1962年㋅22日、ジョージア州、アトランタ連邦刑務所
囚人ジョゼフ・ヴァラキ(チャールズ・ブロンソン)は、同じ刑務所内の者達から命を狙われ、ある男を鉄パイプで殴り殺してしまう。

単なる詐欺師を殺してしまったヴァラキは、FBI捜査官のライアン(ジェラルド・S・オローリン)から、ボスであるヴィト・ジェノヴェーゼ(リノ・ヴァンチュラ)が、自分を裏切り者と考えていることを知らされる。

ヴァラキは、ライアンからファミリー内の情報提供を求められるものの、それを拒み監房に戻る。

同じ刑務所にいたジェノヴェーゼに会ったヴァラキは、彼が自分を信じていないことを悟り心を決める。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

1968年に発表された、ピーター・マースの著書”The Valachi Papers”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
1962年。
犯罪組織の一員ジョゼフ・ヴァラキは、同じく刑務所にいたボス、ジェノヴェーゼに裏切りを疑われて命を狙わえれる。
FBI捜査官ライアンと接触していたヴァラキは、家族の安全を保障され、所属していた”コーサ・ノストラ”の情報を提供する。
約30年前、マランツァーノの下で運転手として働き始めたヴァラキは、対話に応じない対抗勢力マッセリアとの抗争で活躍する。
やがて、マッセリアと組むラッキー・ルチアーノジェノヴェーゼは、同胞同士の殺し合いに終止符を打とうとする。
ルチアーノジェノヴェーゼは、その考えの証としてマッセリアを暗殺するが、”コーサ・ノストラ”を支配したマランツァーノも殺害する。
その後ヴァラキは、ジェノヴェーゼの下で賭博やレストラン経営を任され、殺された後見人のレイナの娘マリアと幸せな結婚生活を始めるのだが・・・。
__________

同じ年の3月に公開され、社会現象にまでなった大ヒット作「ゴッドファーザー」(1972)に続き、組織犯罪を描く、イタリアの大プロデューサー、ディノ・デ・ラウレンティス製作の作品。

「夜の訪問者」(1970)と「レッド・サン」(1971)で、主演のチャールズ・ブロンソンと組んでいたテレンス・ヤングの、男臭い彼の魅力を生かすシャープな演出は見応え十分。

ニューヨーク・マフィアの最盛期の内幕を、実録ということでドキュメンタリー・タッチで描き、かなり忠実に描いている。
但し、エンディングで紹介される、主人公ジョゼフ・ヴァラキが、ヴィト・ジェノヴェーゼより半年長く生きたというのは誤りで2年が正しい。

当時ヨーロッパ映画でも活躍していたチャールズ・ブロンソンは、主人公ジョゼフ・ヴァラキの30年にも及ぶ犯罪に関わる人生を、時にユーモアも交えて熱演している。

最高幹部ヴィト・ジェノヴェーゼを貫禄で演ずるリノ・ヴァンチュラ、組織の幹部ガエターノ・レイナ(アメデオ・ナザーリ)の娘役で、主人公の妻となるチャールズ・ブロンソン夫人ジル・アイアランド、その母親プペラ・マッジオ、”ボスの中のボス”であるサルヴァトーレ・マランツァーノ役のジョセフ・ワイズマン、その部下トニー・ベンダーグイド・レオンティーニ、同じくワルテル・キアーリ、幹部アルバート・アナスタシアファウスト・トッツィラッキー・ルチアーノアンジェロ・インファンティ、主人公とほのかな友情が芽生えるFBI捜査官のジェラルド・S・オローリンジョー・マッセリア役のアレッサンドロ・スペルリヒッチコック作品や007シリーズでもお馴染みのアンソニー・ドーソンが、連邦捜査官役で終盤に登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020