4239 Movies

バリー・リンドン Barry Lyndon (1975)

  •  
  • 13
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

1844年に発表された、ウィリアム・メイクピース・サッカレーの小説”The Luck of Barry Lyndon”を基に、スタンリー・キューブリックが、製作、監督、脚色した作品。
ごく普通の青年が、数奇な運命をたどりながら、思いもよらぬ地位を得るものの、やがて凋落していく姿を描く、ライアン・オニールマリサ・ベレンスン他共演の壮大なドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:スタンリー・キューブリック

製作総指揮:ヤン・ハーラン
製作:スタンリー・キューブリック
原作:ウィリアム・メイクピース・サッカレー
脚本:スタンリー・キューブリック
撮影:ジョン・オルコット
編集:トニー・ローソン
美術・装置
ケン・アダム

ロイ・ウォーカー
ヴァーノン・ディクソン
衣装デザイン
ウーラ=ブリット・ソーダーランド

ミレーナ・カノネーロ
音楽:レナード・ローゼンマン

出演
レドモンド・バリー/バリー・リンドン:ライアン・オニール

レディー・ホノリア・リンドン:マリサ・ベレンスン
ポツドルフ大尉:ハーディ・クリューガー
ノーラ・ブレディ:ゲイ・ハミルトン
グローガン大尉:ゴッドフリー・クイグリー
シュヴァリエ・ド・バリバリ:パトリック・マギー
サミュエル・ラント牧師:マーレイ・メルヴィン
ラッド卿:スティーヴン・バーコフ
ベル・リンドン:マリー・キーン
チャールズ・レジナルド・リンドン卿:フランク・ミドルマス
ブリンドン卿:レオン・ヴィタリ
ブリンドン卿(少年期):ドミニク・サヴェージ
ハラム卿:アンソニー・シャープ
ジョン・クイン大尉:レナード・ロシター
ウェンドーヴァー卿:アンドレ・モレル

イギリス/アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1975年製作 184分
公開
イギリス:1975年12月18日
北米:1975年12月18日
日本:1976年7月3日
製作費 $11,000,000
北米興行収入 $20,000,000


アカデミー賞 ■
第48回アカデミー賞

・受賞
撮影・美術・衣装デザイン・音楽賞
・ノミネート
作品・監督・脚色賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

● 第1部
”レイモンド・バリーが、どのよういにしてバリー・リンドンの生活、そして称号を我がものとしたか”

1750年代、アイルランド
レドモンド・バリー(ライアン・オニール)の父親は、数頭の馬を仕入れる際の争いで決闘になり命を落とした。

バリーの母ベル(マリー・キーン)は、多くの男達の求婚を断り、息子の成長と夫への想いを胸に生きることを誓った。

やがてバリーは、従姉のノーラ・ブレディ(ゲイ・ハミルトン)に恋心を抱くようになる。

当時、フランスによる侵略に備えるイングランドは、ブレディの町にも、ジョン・クイン大尉(レナード・ロシター)率いる軍を配備した。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1750年代、アイルランド
幼い頃、父親を決闘で亡くしたレドモンド・バリーは、従姉のノーラに恋心を抱く。
しかし、彼女は町に駐留するイングランド軍の大尉クインと親交を持ち結婚することになる。
それに嫉妬したバリーが、クインを侮辱したため二人は決闘することになる。
バリーはクインを倒すものの追われる身となり、彼は20ギニーを持ちダブリンに旅立つ。
途中、追いはぎに遭い、無一文になったバリーは、イングランド軍に志願して戦場に向かう。
親友の死でショックを受け、その場を逃げたくなったバリーは、将校の軍服を奪い同盟国のプロシア軍の陣地を通り故国に帰ろうとする。
しかし、部隊指揮官ポツドルフ大尉に身分がばれてしまい、プロシア軍の兵卒として戦場で戦い、やがて終戦を迎える。
ポツドルフ大尉を救ったことにより、警察機関の仕事を与えられたバリーは、その後、スパイと思われる賭博師シュヴァリエの正体を探る任務を受ける。
バリーは、異国の地で、同胞のシュヴァリエに接して心通わせ、やがて二人は国外に逃亡し、 賭博師として、ヨーロッパ各地の上流社会で歓迎される。
そんな時バリーは、莫大な財産と美貌を合わせ持つ貴婦人、レディー・リンドンに出会い、一目で惹かれてしまう・・・。
__________

完璧なまでにこだわった、18世紀のヨーロッパ文化を映し出す見事な映像美、妥協を許さない、その雰囲気を伝えるセットと衣装、そしてスタンリー・キューブリックの演出、 予備知識からの想像を遥かに超える、その仕上がりに圧倒されるばかりだ。

少ないセリフの中で、その映像だけで伝える緊迫感や官能の世界、そして喜びと悲しみなどの表現の素晴らしさ・・・。

余りにも有名な、ジョン・オルコットの、ろうそくの光だけを使った撮影技術は、何度見ても唸らされる。

レディー・リンドン(マリサ・ベレンスン)の初登場シーンの美しさに驚いた直後、 彼女とバリー(ライアン・オニール)がカードのテーブルで向かい合い、レディー・リンドンが彼に心を奪われていく、数秒ごとの心の変化を捉えたショットなどは圧巻だ。

演出、撮影、脚本、編集、全てが完璧なまでに調和の取れた、これほどまでに完成度の高い作品はなかなかない。

レナード・ローゼンマンの、主人公の波乱の人生を暗示するような、ダイナミックな主題曲とクラシックな楽曲のバランスも素晴らしい。

第48回アカデミー賞では、作品賞以下7部門にノミネートされ、撮影、美術、衣装デザイン、音楽賞を受賞した。
・ノミネート
作品・監督・脚色賞

演技力にやや不安があり、個性に欠けるライアン・オニールに、その彼の特徴を生かした役柄を演じさせ、上記のように、セリフが殆どないマリサ・ベレンスンを、表情だけで演じさせるなど、キューブリックの演出力の見事さで、3時間のドラマは全く長さを感じさせない。

脱走兵の主人公を、友情を示しながら利用してしまうプロシア軍の指揮官ハーディ・クリューガー、主人公の従姉で初恋の相手ゲイ・ハミルトン、主人公と親交を深める、イングランド軍大尉ゴッドフリー・クイグリー、同胞であり、共に賭博師としてヨーロッパ各地を歩くスパイ、パトリック・マギー、リンドン家に仕える牧師マーレイ・メルヴィン、主人公らがカードで金を巻き上げる貴族スティーヴン・バーコフ、主人公の母親マリー・キーン、レディー・リンドン(M・ベレンスン)の前夫フランク・ミドルマス、その息子レオン・ヴィタリと少年期ドミニク・サヴェージ、貴族アンソニー・シャープアンドレ・モレル、主人公と決闘する大尉レナード・ロシターなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020